ドイツワールドカップでも暴れる!?「フーリガン」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年5月9日 > ドイツワールドカップでも暴れる!?「フーリガン」
メニュー

ドイツワールドカップでも暴れる!?「フーリガン」

2006年5月9日 12:00

女性ながら力強いフィルムに仕上げた レクシー・アレキサンダー監督「フーリガン」

女性ながら力強いフィルムに仕上げた
レクシー・アレキサンダー監督
[拡大画像]

ボクシングをテーマに扱った短編「Johnny Flynton」で、アカデミー賞短編実写映画賞のオスカー候補となった女流監督レクシー・アレキサンダーが、新作「フーリガン」のPRで来日。5月9日、新宿・パークハイアット東京で記者会見を行なった。

イギリスを舞台に、サッカー・プレミアリーグの過激なサポーターたちを描いた「フーリガン」。劇中のストリート・ファイトは、リアルな描写にこだわったというアレキサンダー監督は、「これまで12冊もフーリガンの本を執筆しているドゥギー・ブリムソンに共同脚本で参加してもらい、フーリガンのエキストラには現役のフーリガンと元フーリガンのみを集めた。私は映画監督として、ハリウッド的なやり方でリアル感を失ってしまうのは嫌だったのよ」と語る。

ドイツ・マンハイム出身の監督は、自身も地元チームの熱狂的なサポーターだという。開催まで1カ月を切ったドイツワールドカップについては、「母国開催だから本当はドイツに戻って見たいけど、ちょうど撮影と重なってしまったの。だから、ロサンゼルスのパブで朝6時に試合を見ることになりそう」とコメント。ちなみに、ドイツでもフーリガンは活発に行動していて、今度のワールドカップでも何かしでかすのではと懸念されているらしい。そのため本作はドイツで劇場公開されず、DVDのみの発売となった(発売1週間で記録的な売り上げとなったそう)。

ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのイライジャ・ウッドと、「コールド・マウンテン」で注目された若手イギリス人俳優チャーリー・ハナムが主演する「フーリガン」は、6月17日、シネマライズほかにて公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi