スピルバーグの最新作、ようやくタイトルが決定

2005年8月2日 12:00

オスカー狙いの入魂の一作
オスカー狙いの入魂の一作

タイトル未定のままクランクインしていたスティーブン・スピルバーグ監督のミュンヘン五輪映画のタイトルがようやく発表された。一時は、「復讐」を意味する「ベンジェンス」と噂されていたが、そのものずばり「Munich(ミュンヘン)」に決定した。

72年9月5日、ミュンヘン五輪で起きたイスラエル選手団殺害事件のあと、イスラエルの特殊部隊モサドが、殺害に関与した11名のパレスチナ人ゲリラを追うというストーリー。モサドのリーダー役をエリック・バナが演じる。共演は、ダニエル・クレイグジェフリー・ラッシュマチュー・カソビッツら。脚本は、「エンジェルズ・イン・アメリカ」でピュリッツァー賞を受賞したトニー・クシュナーが担当。全米公開は12月23日、日本公開は06年早春の予定だ。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース