主演女優がバラクーダに噛まれた「オープン・ウォーター」

2005年4月26日 12:00

(左より)クリス・ケンティス、辺見えみり、 ローラ・ラウ
(左より)クリス・ケンティス、辺見えみり、 ローラ・ラウ

昨年のサンダンス映画祭で話題をさらった海洋サスペンス「オープン・ウォーター」の公開を前に、監督のクリス・ケンティスとプロデューサーのローラ・ラウ夫妻がPRのために来日。4月26日、東京・内幸町の帝国ホテルで記者会見を行なった。

監督・脚本・編集の3役を務めたケンティスは本作製作のきっかけについて「始まりは、98年にオーストラリアのグレートバリア・リーフで2人のアメリカ人が行方不明になったことでした。ですが、当時はまだ撮影設備や予算の関係で断念せざるをえませんでした。しかし、00年を過ぎたあたりになると、デジタルビデオの性能が格段に上がり、本作の製作が可能になりました。撮影クルーも私を含めて2~3人という低予算の作品でしたが、低予算であることを利点にして製作しました」とコメント。

一方、妻でプロデューサーのラウは、製作中の苦労話を聞かれると「私達はニューヨークに住んでいるのですが、このような役が欲しいと思っている人は沢山いるわけです。ですからオーディションでも困ったことはありませんでした。ですが、撮影中は主演女優のブランチャード(・ライアン)がバラクーダに噛まれるなどのハプニングがあり、大変でした」と苦笑い。

会見終了間際にはダイビング経験者のタレント、辺見えみりが登壇。映画の感想を聞かれると「経験者にしかわからないリアルさがある」と答え、会見を締めくくった。6月、シネクイントほかにてロードショー。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
オープン・ウォーター (字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ビッグ・バグズ・パニック
  • タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら
  • デッド・シャック 僕たちゾンビ・バスターズ!
  • パニック・マーケット
  • ハードコア
  • ブレア・ウィッチ
  • パラノーマル・アクティビティ
  • ナチス・オブ・ザ・デッド
  • ダイアリー・オブ・ザ・デッド
  • サバイバル・オブ・ザ・デッド
OSOREZONE

Powered by 映画.com