アルモドバル監督、スペインのアカデミーを脱会 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年2月15日 > アルモドバル監督、スペインのアカデミーを脱会
メニュー

アルモドバル監督、スペインのアカデミーを脱会

2005年2月15日 12:00

オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」で知られるペドロ・アルモドバル監督が、7日、母国スペインのアカデミー賞ゴヤ賞の投票制度が不服であるとして、弟でプロデューサーのアグスティン・アルモドバルとともに、昨年12月にスペイン映画芸術科学アカデミーを脱会したと発表した。

アルモドバル監督は、各賞のノミネート作品選定において投票資格に制限が設けられていることや、全体の投票者数が明らかにされないことに反発を表明。改正の動きによって、再びアカデミーに戻る意思があることも明らかにした。

アルモドバル監督が退会したのはゴヤ賞のノミネート作品発表後だが、「いくつ受賞するかが問題ではない。我々はすでにたくさんの賞を受けている」とコメント。昨年のゴヤ賞は、自身の新作「バッド・エデュケーション」が4部門のノミネートで無冠。一方、アレハンドロ・アメナーバル監督の「海を飛ぶ夢」は最多14部門で受賞。「海を飛ぶ夢」は今年の米アカデミー外国語映画賞にもノミネートされている。

ちなみに、アルモドバル監督の次回作はペネロペ・クルス主演の「Volver」。祖母、母、孫娘の3世代の女性を主人公にした物語で、6月に撮影開始予定だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi