ワシントンDCはジム・キャリーが制覇 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年12月21日 > ワシントンDCはジム・キャリーが制覇
メニュー

ワシントンDCはジム・キャリーが制覇

2004年12月21日 12:00

ワシントンDC映画批評家協会賞が発表され、ジム・キャリー主演の「エターナル・サンシャイン」が、作品賞以下、監督賞(ミシェル・ゴンドリー)、オリジナル脚本賞(チャーリー・カウフマン)、アンサンブルキャスト賞(ジム・キャリーケイト・ウィンスレットキルステン・ダンストイライジャ・ウッドマーク・ラファロトム・ウィルキンソン)と4部門を受賞した。アレクサンダー・ペイン監督の「サイドウェイズ」が賞レースのトップを走っているなか、「エターナル・サンシャイン」の作品賞受賞は初めて。ちなみにジェイミー・フォックスが、主演男優賞(「レイ」)、助演男優賞(「コラテラル」)でダブル受賞の快挙を成し遂げている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi