「華氏911」と「パッション」、ゴールデン・グローブ賞対象外に

2004年11月16日 12:00

アカデミー賞にもっとも強い影響を及ぼすと言われるゴールデン・グローブ賞の作品賞に、今年アメリカでもっとも論争を呼んだ「パッション」と「華氏911」の2作品が出品できないことが明らかになった。

ゴールデン・グローブ賞の作品賞にノミネートされるためには、「英語劇」で「フィクション」である必要があるため、アラム語とラテン語会話のみの「パッション」と、ドキュメンタリー映画の「華氏911」は資格がないというのだ。「パッション」は、外国語映画賞や監督賞、脚本賞などの部門賞へのノミネート資格があるものの、「華氏911」に至っては、ゴールデン・グローブ賞にドキュメンタリー部門が存在しないため、ノミネートされる可能性はなさそうだ。

同賞を主催するハリウッド外国人記者協会(HFPA)のなかでは、マイケル・ムーア監督に特別賞を与えようと主張するメンバーがいたものの、ほかのドキュメンタリー作家に対してフェアではないという理由から却下されたようだ。ノミネートの発表は12月13日。授賞式は来年の1月16日だ。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • サスペリア PART2 完全版
  • フェノミナ
  • 世にも怪奇な物語
  • 血の祝祭日
  • 2000人の狂人
  • カラー・ミー・ブラッド・レッド
  • 血の魔術師
  • ブラザーズ・クエイ短編集Ⅰ
  • ブラザーズ・クエイ短編集Ⅱ
  • ブラザーズ・クエイ短編集Ⅲ
OSOREZONE

Powered by 映画.com