筑紫哲也氏、阿川佐和子氏が「映画大使」に就任 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年7月20日 > 筑紫哲也氏、阿川佐和子氏が「映画大使」に就任
メニュー

筑紫哲也氏、阿川佐和子氏が「映画大使」に就任

2004年7月20日 12:00

(左より)筑紫哲也氏、阿川佐和子氏

(左より)筑紫哲也氏、阿川佐和子氏
[拡大画像]

映画業界大手4団体がお互いの利害を超え、映画人口2億人到達を目標に立ち上げた「映画館に行こう!」キャンペーンが今月からスタートしたが、このほど、このキャンペーンのPRを担当する映画大使に、ニュースキャスターの筑紫哲也氏とエッセイストの阿川佐和子氏が決定し、7月20日、帝国ホテル(東京・日比谷)にて任命式が行われた。

両氏は来年の6月まで、映画館で映画を観ることの楽しさを各所でアピールしていくが、大使特権として、全国どこの映画館でもペアで無料鑑賞出来る特別入場証をプレゼントされた。これを受け、大の映画好きとして知られる筑紫氏は、「(デートのための)有効な武器をもらった」と会場を笑わせた一方で、「文化は夜の長さと比例するので、レイトショーの更なる浸透や鑑賞料金の見直し、また、どうやって人生を楽しむかという議論もしていきたい」と意欲を語った。

なお、関係者によると、現在実施中の「夫婦50割引」キャンペーンの効果で、再び劇場に足を運び始めた往年の映画ファンがかなり増加しているそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi