マーロン・ブランド死去。遺産をめぐる壮絶な争いが? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年7月6日 > マーロン・ブランド死去。遺産をめぐる壮絶な争いが?
メニュー

マーロン・ブランド死去。遺産をめぐる壮絶な争いが?

2004年7月6日 12:00

「ゴッドファーザー」 リバイバル中「ゴッドファーザー」

「ゴッドファーザー」
リバイバル中
[拡大画像]

「波止場」(54)「ゴッドファーザー」(72)でアカデミー賞主演男優賞を2度受賞するなど、アメリカ映画史に偉大な足跡を残した名優マーロン・ブランドが、1日夜、ロサンゼルスの病院で死去した。享年80歳だった。ブランドは長い間心臓を患っており、先月30日に大学病院へ入院していた。死因は肺線維症と説明されている。葬儀の日取りは不明だが、遺言に従い静かに営まれるという。

だが、静かに営まれる葬儀とは裏腹に、その遺産相続を巡る争いは白熱しそうだ。ブランドは、タヒチやロサンゼルスなどに多数の不動産を所有しており、遺産の総額は2億2000万ドル(約240億円)にのぼるという。3度の離婚歴があるブランドには、妻たちと儲けた子供や、家政婦との間にできた子供、さらに養子などを加え認知・非認知含め10数名の子供がおり、彼らによる骨肉の争いがすでに始まっているようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi