仏セザール賞は「戦場のピアニスト」が6冠

2003年2月25日 12:00

画像1

アカデミー賞が発表される前日の22日夜、フランスで最も権威のある映画賞、セザール賞の授賞式がパリで行われ、外国人監督であるということ、英語作品であるということからノミネートされた時点で議論を呼んでいた、ロマン・ポランスキー監督の「戦場のピアニスト」が作品賞、監督賞、主演男優賞、音響賞、美術賞、音楽賞の6部門を受賞した。昨年のカンヌ映画祭で大賞のパルム・ドールを受賞している本作は、英アカデミー賞でも作品賞、監督賞を受賞。米アカデミー賞にも作品賞、監督賞、主演男優賞など7部門でノミネートされているため、オスカーの目玉として一躍注目を集めている。「千と千尋の神隠し」がノミネートされていた外国語映画賞はマイケル・ムーア監督の「ボウリング・フォー・コロンバイン」が受賞。最多12部門でノミネートされていたフランソワ・オゾン監督の「8人の女たち」は無冠に終わった。主な受賞作品は以下の通り。

作品賞

戦場のピアニスト

監督賞

ロマン・ポランスキー(「戦場のピアニスト」)

主演男優賞

エイドリアン・ブロディ(「戦場のピアニスト」)

主演女優賞

イザベル・カレ(「Se souvenir des belles choses」)

助演男優賞

ベルナール・ル・コク(「Se douvenir des belles choses」)

助演女優賞

カリン・ビアール(「Embrassez qui vous voudrez」)

脚本賞

コスタ・ガブラス(「Amen」)

外国語映画賞

ボウリング・フォー・コロンバイン

ヨーロッパ映画賞

トーク・トゥ・ハー

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • マッドボンバー
  • ヒッチハイク
  • インサイド
  • シアター・ナイトメア
  • キリング・グラウンド
  • 監禁 レディ・ベンジェンス
  • 招かれざる隣人
  • アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
  • ロンドン・ロード ある殺人に関する証言
  • ロスト・フロア
OSOREZONE

Powered by 映画.com