豪華キャスト! 「竜馬の妻とその夫と愛人」製作発表

2002年3月12日 12:00

(左より)中井貴一、木梨憲武 鈴木京香、江口洋介
(左より)中井貴一、木梨憲武 鈴木京香、江口洋介

三谷幸喜の同名喜劇を彼自身が映画用に脚本化し、市川準監督がメガホンをとる「竜馬の妻とその夫と愛人」の製作発表が3月12日、東宝スタジオ(東京・成城)にて行われ、主演の木梨憲武中井貴一鈴木京香江口洋介、そして市川監督、三谷氏、富山省吾プロデューサーが出席した。

タイトルとは裏腹に坂本竜馬の登場しない本作は、亡き竜馬の妻“おりょう”をめぐって3人の男たちが奔走するコメディ。舞台を見た市川監督が映画化を熱望し、今回のコラボレーションが実現した。主演俳優が4人という豪華なキャスティングについて市川監督は「理想的な4人。渾然一体となってうまい具合に成立している」、また三谷氏も「鈴木京香の悪女ぶりが見所。そして女に翻弄されたら日本で3本の指に入る男が3人揃っているから、この映画は面白くなる」と口々に出演者を絶賛。一方、16年振りの本格的な映画出演となる木梨は、「W杯の代表メンバーに入れたような気持ち。しっかり守ってプレーしたい」と得意のサッカーになぞらえて意気込みを語った。東宝が誇る日本最大級500坪のスタジオに4000万円のセットを組んで撮影が行われている本作は、3月末にクランクアップを迎え、今秋、全国東宝洋画系にて公開予定。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース