「オースティン・パワーズ」にタイトル変更命令が! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年1月29日 > 「オースティン・パワーズ」にタイトル変更命令が!
メニュー

「オースティン・パワーズ」にタイトル変更命令が!

2002年1月29日 12:00

Why baby why?「オースティン・パワーズ」

Why baby why?
[拡大画像]

現在撮影が進められている「オースティン・パワーズ」シリーズ第3作が思わぬトラブルに巻き込まれた。なんと「オースティン・パワーズ・イン・ゴールドメンバー」というタイトルが使えなくなったのである。MGMスタジオとジェームズ・ボンドのライセンスを扱うダンジャックという会社が、「ゴールドメンバー」というタイトルの使用停止命令を取り付けたのだ。「ゴールドメンバー」というのは、もちろん007シリーズの「ゴールドフィンガー」のもじりだが、これが本家の怒りを買ってしまった模様。「オースティン・パワーズ」を製作するニューライン・シネマは、ポスターや予告編などの回収に追われているという。疑問なのは、「オースティン・パワーズ」シリーズ第2作の原題「The Spy Who Shagged Me」も「007 私を愛したスパイ(The Spy Who Loved Me)」のもじりだったのに、おとがめなしだったことだ。パロディ映画に、いちいちめくじらを立てなくてもいいと思うのだが。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi