ジョージ・クルーニーが監督デビュー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年7月10日 > ジョージ・クルーニーが監督デビュー
メニュー

ジョージ・クルーニーが監督デビュー

2001年7月10日 12:00

メルギブ、ケビン・コスナーに倣って オスカーも狙ってみる?「マルコヴィッチの穴」

メルギブ、ケビン・コスナーに倣って
オスカーも狙ってみる?
[拡大画像]

資金繰りのトラブルから製作中止となっていたチャーリー・カウフマン脚本(「マルコヴィッチの穴」)による「Confessions of a Dangerous Mind」で、ジョージ・クルーニーが監督デビューを果たすことになった。クルーニーは「オーシャンズ・イレブン」でプロデューサーを務めているが、監督経験はまだない。クルーニーとスティーブン・ソダーバーグ監督が共同で経営する製作会社セクション・エイトが製作を担当、秋には撮影を開始したいという。クルーニーは出演も兼ねる予定だが、主演はジョニー・デップと交渉を続けている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi