ケイト・ハドソンの新作にトラブル続出 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年2月20日 > ケイト・ハドソンの新作にトラブル続出
メニュー

ケイト・ハドソンの新作にトラブル続出

2001年2月20日 12:00

注目の若手から一躍売れっ子女優に「あの頃ペニー・レインと」

注目の若手から一躍売れっ子女優に
[拡大画像]

あの頃ペニー・レインと」で本年度のアカデミー賞助演女優賞にノミネートされているケイト・ハドソンの新作「Four Feathers」が相次ぐトラブルに見舞われている。この映画は、ハドソン以下、ウェス・ベントレー(「アメリカン・ビューティー」)、ヒース・レジャー(「パトリオット」)と注目の若手が結集し、監督も「エリザベス」のシェカール・カプールという期待の作品なのだが、モロッコでのロケは、暴風、砂嵐、鉄砲水のトラブルに見舞われ製作費オーバー。モロッコでの撮影をようやく終えて、ロンドンでのスタジオ撮影になると、今度は馬のトラブルで7人のスタッフが怪我をするという事件が発生した。「タイタニック」に代表されるように、撮影中のトラブルが多ければ多いほどヒット作になるというジンクスがあるが、さて本作は?

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi