苦い涙

劇場公開日:

苦い涙

解説

フランスの名匠フランソワ・オゾンが、ドイツのライナー・ベルナー・ファスビンダー監督が1972年に手がけた「ペトラ・フォン・カントの苦い涙」を現代風にアレンジし、美青年に恋した映画監督の姿をシニカルかつユーモアたっぷりに描いたドラマ。

恋人と別れたばかりで落ち込んでいた有名映画監督ピーター・フォン・カントのアパルトマンに、親友である大女優シドニーがアミールという青年を連れて訪ねてくる。艶やかな美しさのアミールにすっかり心を奪われたピーターは、彼を自分のアパルトマンに住まわせ、映画界で活躍できるよう手助けするが……。

「ジュリアン」のドゥニ・メノーシェがピーター役で主演を務め、「王妃マルゴ」のイザベル・アジャーニが大女優シドニー、「ペトラ・フォン・カントの苦い涙」にも出演したハンナ・シグラがピーターの母を演じる。2022年・第72回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品作品。

2022年製作/85分/PG12/フランス
原題:Peter von Kant
配給:セテラ・インターナショナル
劇場公開日:2023年6月2日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第72回 ベルリン国際映画祭(2022年)

出品

コンペティション部門 出品作品 フランソワ・オゾン
詳細情報を表示

特集

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2022 FOZ - France 2 CINEMA - PLAYTIME PRODUCTION (C)Carole BETHUEL_Foz

映画レビュー

3.5Unsettling

2023年5月8日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

In La Dolce Vita a director found appreciation with all the beautiful people who surround him. Ozon’s drama, on point with the complexities of reality as always, is the opposite: a director collapses under the weight of being accomplished, and homosexual too. There’s nothing good to feel about; it’s depressing and the character is revealed to be rather unlikeable. Maybe not a first date movie.

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Dan Knighton

5.0とても滑稽でとても切実

2023年9月13日
スマートフォンから投稿

泣ける

笑える

楽しい

愛情も恋情も生きてる限り定まらない。
年上で社会的地位もある方が、優位に立つ出会いから、9ヶ月後、飼い犬になっちゃった!
若い愛人の気まぐれに、全身全霊で振り回される姿に、泣き笑い。
全てをさらけ出した後に、ピシャリと閉められたカーテンは、誰も開けられません。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
アメリカの友人

4.0ファスビンダー版は序盤かなり眠気を誘う展開もあるが(中盤以降のペト...

2023年8月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ファスビンダー版は序盤かなり眠気を誘う展開もあるが(中盤以降のペトラの迫力!)、オゾン版はその弱点を極力カバーしている。ただどちらが真に迫るかというとファスビンダー版。オゾンが悪いわけでなく、ただただペトラが凄まじい。実らぬ愛のやり切れなさがあれ程伝わってくることはない。また男性と女性の違いもある。男性は優しい。だから究極孤独ではない(ように見えてしまう)。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
kazuyuki chatani

2.0鼻から牛乳

2023年7月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

悲しい

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする 1件)
共感した! 5件)
いぱねま
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る