劇場公開日 2022年5月6日

「本と人に関わる切なさと優しさ」マイ・ニューヨーク・ダイアリー Boncompagno da Tacaocaさんの映画レビュー(感想・評価)

3.345
6%
48%
41%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0本と人に関わる切なさと優しさ

2022年5月7日
iPhoneアプリから投稿

私も文学部で学んだので、本と著者、そして出版に関わる人々のストーリーは大好きである。多くの作家志望の人たちの採用されなかった原稿の山、多くの愛読者たちの読まれなかった手紙の山の中で、本は生まれることをこの映画は思い出させてくれる。主人公は詩人志望の出版エージェントの秘書だが、サリンジャーへのファンレター処理係として手紙を読んでいるうちに、本と人の関わりの優しさ、難しさ、切なさのなかで、もう一度、詩人たろうと自分を再構築していく。本と文学、それに関わる人々への愛が詰まった良い映画である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
Boncompagno da Tacaoca
「マイ・ニューヨーク・ダイアリー」のレビューを書く 「マイ・ニューヨーク・ダイアリー」のレビュー一覧へ(全45件)
「マイ・ニューヨーク・ダイアリー」の作品トップへ