最強殺し屋伝説国岡 完全版

劇場公開日:

解説

「ベイビーわるきゅーれ」「黄龍の村」など、バイオレンス、アクション、ホラージャンルの作品で注目を集める阪元裕吾監督が、あるひとりの殺し屋の日常や仕事の様子を描いたフェイクドキュメンタリー。「ベイビーわるきゅーれ」のシナリオ作りに励んでいた阪本監督は、「関西殺し屋協会」なる殺し屋ビジネスネットワークの存在を知り、協会の紹介で京都最強と呼ばれるフリー契約の殺し屋・国岡昌幸と出会う。国岡の密着取材で彼と行動をともにする阪元監督は、友人や恋人と過ごす国岡のプライベートや、仕事として殺人の依頼を受け、淡々と対象人物を殺めていく姿を包み隠さずカメラに捉えていく。そんな阪本監督の熱心な密着取材が続く中で、殺し屋と依頼元との連絡ミスが良からぬ事態へと転じていく一幕があった。そのトラブルはやがて肥大化し、国岡は大殺戮を繰り広げることとなる。

2021年製作/93分/G/日本
配給:キングレコード

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2021「最強殺し屋伝説国岡完全版」製作委員会

映画レビュー

4.5フリーの殺し屋を密着取材するモキュメンタリー形式が生む絶妙なリアリティと可笑しさ

2022年3月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

予告編の時点で面白すぎて、これは絶対見ようと思った作品でした。日本に殺し屋ビジネスネットワークがあるという設定が、フリーの殺し屋・国岡昌幸の日常を密着取材するモキュメンタリー形式で描かれることで、絶妙なリアリティと可笑しさを生んでいます。ちょっとチープな絵面やカメラの手ぶれなども、すべてドキュメンタリー番組の撮影だからという見せ方になって、現代日本の殺し屋はこれぐらいカジュアルなのかもと思ってしまうぐらいです。面白いものを見せたい! という意欲がつまったアクション部分も見ごたえがあって、阪元裕吾監督ならではのオリジナリティが詰まっている1作です。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
五所光太郎(アニメハック編集部)

3.5【”お仕事、お疲れ様っす!”京都に住む見た目はフツーのお兄さんでありながら、最強の殺し屋に密着したフェイク・ドキュメンタリー。この作品が面白いのは、アクションが本物だからである。】

2023年1月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

怖い

興奮

ー この作品の主人公国岡を演じた、伊能昌幸氏を始め、アクションシーンが凄い。前半はそうでもないが、最後半の肉弾接近戦のスピードと”マジ当てしているのではないか”と思ったシーンは見応えがある。-

◆感想<Caution! 内容に触れています。>

・殺し屋に密着し、ドキュメンタリー映画を制作するという、設定から面白い。

・国岡は、殺し屋ではありながら、女性とデートしたり、お笑い番組を見て笑ったり、メンドクサイ”仕事”が入っても、ブツブツ文句を言いながら、キッチリと”お仕事”をこなして行く。
まるで、ブラック企業に勤めるサラリーマンのようである。

・田岡は、岐阜での殺しの依頼があれば、名古屋で一件、”仕事”して、名古屋名物の”矢場とん”(と思われる店)でトンカツを食べ、”世界の山ちゃん”(と思われる店)で手羽先を食べ、岐阜でササっと”仕事”して帰る。
ー 何だか、出張先で美味いモノを食べるサラリーマンのようである。-

・付き合っていると、勝手に思ってたマイチャンの結婚式場での、殺戮戦も何だか、可笑しい。
ー マイちゃん、酷いっす。-

・弾が切れちゃって、”弾屋さん””に居酒屋で法外な値段を吹っ掛けられたり、依頼者の超上から目線のおばちゃんの依頼した殺し相手を、おばちゃんのせいで違う教授を殺しちゃったり・・。で、後始末が大変・・。
ー あの着物着た高飛車おばちゃん、田岡ではないが、ムッチャ苛苛するなあ・・。アンタは殺されて良し!-

<今作が面白いのは、奇抜な発想の映画設定であり、殺し屋達が、何だかんだ言いながら、何となくブラック企業で働くサラリーマン、もしくはバイトのようである事や、何より田岡を演じた伊能昌幸氏を始め、出演俳優さん数名のアクションが本物だからだと思った作品である。>

コメントする (0件)
共感した! 5件)
NOBU

3.5京都最強の殺し屋の日常と殺しを追った笑いと殺戮のドキュメンタリー

2022年11月14日
iPhoneアプリから投稿

モキュメンタリー形式、あたかも当然のように殺し屋が馴染んでいる。
いくつかの伏線もしっかり回収。適度な都合の良さで見やすい作品

コメディ要素も良い意味で特別なことはなく、日常でふっと笑ってしまうような出来事をうまく描いている。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
23

1.5褒めるところが一個もない

2022年9月26日
iPhoneアプリから投稿

褒めるところが一個もない

コメントする (0件)
共感した! 0件)
たく
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「最強殺し屋伝説国岡」シリーズ関連作品