ショック・ドゥ・フューチャー

劇場公開日

ショック・ドゥ・フューチャー
16%
43%
29%
12%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

エレクトロミュージック全盛期を目前にした1970年代後半のフランスを舞台に、男性優位の音楽業界で新しい音楽の可能性を探る若き女性ミュージシャンを描いた青春音楽映画。1978年、パリ。若手ミュージシャンのアナは依頼されたCMの作曲に取り掛かるが、納得のいく仕事ができずにいた。そんなある日、アナは見たこともない日本製の電子楽器に出会い、理想のサウンドへのヒントを得る。主演はアレハンドロ・ホドロフスキー監督の孫で、「アデル、ブルーは熱い色」などに出演したアルマ・ホドロフスキー。音楽プロジェクト「ヌーヴェル・ヴァーグ」の活動でも知られるマーク・コリンが監督・脚本・音楽を手がけた。

2019年製作/78分/PG12/フランス
原題:Le choc du futur
配給:アットエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2019 Nebo Productions - The Perfect Kiss Films - Sogni Vera Films

映画レビュー

4.0新たな時代の夜明け感が全身を貫く

2021年8月28日
PCから投稿

映画にうねるようなドラマ 性を求める人にとって、本作の織りなす形はあまりにミニマルに映るかもしれない。だがある意味、そこが肝だ。狭い室内の壁を覆うのは巨大な電子楽器。柔軟運動をこなしたヒロインが、世に放たれたばかりの未知なる楽器と向き合い、スイッチや調節つまみに触れてはガラリと変わりゆく音色やリズムに心を委ね、時おり恍惚の表情さえ浮かべる。こういった機器と人間のコール・アンド・レスポンスを見ているだけで僕らの体が熱狂するのは、そこに最も純粋な形の「芸術の初期衝動」を感じ取るからなのだろう。かと思えば、ひとたび部屋を離れると、社会に漂うのは旧態依然とした業界のあり方や価値観だ。巨大な電子楽器を操るヒロインの姿は、さながら70年代の荒波にもまれても決してくじけずに未知なる次元を突き進む、宇宙探索船のパイロットのよう。今まさに夜が明けようとしている。そのダイナミズムを一点集中的に味わえる作品だ。

コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
牛津厚信

3.0新しい時代が始まる転換期というのはある。 今何か新しいことが起こっ...

2022年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

新しい時代が始まる転換期というのはある。
今何か新しいことが起こっているぞと。
新しいものは常に否定されがちだが、
そこに気づける人もいる。
僕の年齢だと、
初めて EAST END×YURI の「DA・YO・NE」を
聞いた時は衝撃だった。
あれは一つの時代の転換期だったのではなかろうか。
僕自身は新しい時代の始まりに気づけなかったので、
ただ変な音楽だなと思ってしまったw
テクノ系が好きな人だったら、
テクノ系の進化の瞬間が見れて良い映画だと思う。
テクノ音楽が好きな人のための映画かな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あとぅーし

3.5美人が機材をいじるのを鑑賞する映画

2022年4月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ストーリーとかオチはないですが、
電子音楽と電子楽器に興味がある方は楽しめると思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
do_nothing

4.0アナログシンセの魅力が分かるなら

CINE LADAさん
2021年11月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

知的

萌える

大前提として、電子音楽に興味がある人ための映画。音楽はやっぱり生音じゃないと!とか、ロックンロールが鳴り止まない人にとっては観る必要はないかなと。

でも、そもそも映画ってそういうものじゃないですか。
個人的にハリウッドチューンな映画は得意じゃないので、タイタニックやアルマゲドンを未だに観ていなくても、誰に何も言われたくない。個人の自由な訳です。

YMOや電気グルーヴをルーツにダンスミュージックに30年弱触れてきた身からすると、古い(時代背景的には最新の)モジュラーシンセに囲まれた空間だけで目がハート。主人公のアナがツマミを弄り、ジャックを挿すシーンがもう格好いい。Supernatureをバックに朝から踊る姿なんてもう最高。個人的には、映画史上5本の指に入るタイトルバックです。

パンフで石野卓球氏も言っているように、良質なエレクトロミュージックは歳を取らない。もし知らない曲ならば、今聴いたその時がまるで新作。そんな素晴らしい音楽が鳴り続ける本作。早すぎるエンドロールを目に「もっと観ていたい!」と思えたのは、音楽の良さ(と言うより嗜好の一致)と映像の美しさ、そしてフランス人の内なるエロスが原因なのでしょう。老若男女すべての演者が格好いい。ああ、見た目だけフランス人に生まれ変わりたい。

と、星の数に比例しない感想なのですが、その理由は客観視した時のストーリー。英語を小バカにし、ニュートラルに女性を下に見る1978年のフランス気質を挟みながら、新しい音楽での成功を目指して頑張る女性を描く。それ以上でもそれ以下でもないので仕方がない。

TR-808以前のリズムマシン「CR-78」を体感してはしゃぐアナに価値を感じるなら必見です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
CINE LADA
すべての映画レビューを見る(全26件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る