ラプソディ オブ colors

劇場公開日

  • 予告編を見る
ラプソディ オブ colors
20%
40%
40%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

東京都大田区を拠点に活動するバリアフリー社会人サークル「colors」の500日間を追ったドキュメンタリー。様々な障害のある人、ない人、グレーな人たちが集まるcolorsは、毎月10本ものイベントを開催している。その内容は大学教授による講習や音楽フェス、飲み会など多岐にわたり、年間のべ800人が来場する。自身も障害者でDET(障害平等研修)のトップファシリテーターとして活躍するcolors代表・石川悧々さんと、地域の障害福祉の立役者であるNPO法人理事長・中村和利さんのもとには、個性豊かな人たちが次から次へと集まってくる。そんなある日、colorsが入居する建物の取り壊しが決まり、閉鎖の危機へと追い込まれてしまう。監督は「kapiwとapappo アイヌの姉妹の物語」の佐藤隆之。

2020年製作/108分/G/日本
配給:太秦

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)office + studio T.P.S

映画レビュー

3.0コミュニティの存在を知ることは重要

2021年6月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

障がい者、健常者関係なく集うコミュニティを
描いたドキュメント作品です。

このコミュニティに参加している方々の表情を
見る限り、とてもとても充実されています。
どんなに辛いことがあっても、この場では
何も否定されず、疎まれず、叱られることもなく。
ただ、ただ、楽しむだけ。笑い合うだけ。

そこで晒しているのはその方々の全てでは
ないのでしょうが、社会で生きているときは
身につけているであろう鎧の何枚かを
脱いでいるように見えました。

とても心地よいのでしょうね。
それは障がい有無ではないのだろうなぁと。
健常だろうがなかろうが、種類の違いは
あるでしょうが生きにくいと思うストレスは
あるはず。それらを感じさせない場所、時間
とはとても貴重で愛おしいはずです。

だから人は集まり、去ることが悲しくなる。
でも、人は変わっていきます。
それまた障がいの有無にかかわらず。
だから、コミュニティを去っていく人もいます。
けど、それが普通・・・というか一般的。
「○○だから・・・居る」なんていう足枷は
人が集まるコミュニティには不要なんでしょう。
軽やかに楽しめなくなっちゃうから。

しかし、最後の方で「障がい」という点が
人間関係を変えてしまうということが描かれます。

「あぁ、そういう捉え方もあるのか・・・」

障がいがある方と近くなっていくということは
こういうことか・・・と学びました。

共通した楽しいことがあるから人が集まる。
なかなかあるようで無い。
このコミュニティに集うことができた方々が
羨ましかったです。奇跡的な場所だったのでは?
と思います。

良作でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バリカタ

4.0グレーゾーンはカラフルだった

2021年6月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

地元大田区に存在した異色のバリアフリーの「場」colors。
密着撮影した監督も巻き込まれ、定義不能のドキュメントとなりました。
あなたは健常者ですか?
あなたはマイノリティーですか?
笑って見ていると、いつのまにか固定観念・既成概念がぐにゃぐにゃになっている。
こんな障碍者ドキュ、見たことない!
ハチャメチャで雑多な賑わいが世界を救う。
アナーキーな共生社会には、「やさしさ」より「たのしさ」が必要なのだ。
福祉関係者以外の人にこそ、ぜひ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
たぴおかたぴお
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ラプソディ オブ colors」以外にこんな作品をCheck-inしています。