MANKAI MOVIE「A3!」 SPRING & SUMMER

劇場公開日

MANKAI MOVIE「A3!」 SPRING & SUMMER
0%
29%
57%
14%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イケメン役者育成ゲーム「A3!」シリーズ初の実写映画作品で、同作の舞台版「MANKAI STAGE『A3!』」を映画化する2部作の第1作。東京郊外の街・天鵞絨(ビロード)町には「ビロードウェイ」と呼ばれる通りがあり、演劇の聖地として多くの劇団が活動している。そこに、かつての栄光を失った借金まみれのボロ劇団があった。劇団を潰さないために提示された条件は、年内に春・夏・秋・冬の4ユニット分の劇団員を集めること、そしてその4公演すべてを成功させること。たった1人の劇団員・佐久間咲也は、まずは1カ月後に迫った新生春組の旗揚げ公演を千秋楽までに満席にするべく立ち上がる。キャスト・スタッフには舞台版のメンバーが再結集した。

2021年製作/115分/G/日本
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2021 MANKAI MOVIE「A3!」製作委員会

映画レビュー

2.5誰に見て欲しかった映画なのか…

そらさん
2022年1月4日
iPhoneアプリから投稿

役者育成ゲームA3!の舞台の映画!

私は、A3!の舞台(エーステ)でA3!に出会い、ゲームをプレイし、アニメを見ています。

エーステが映画化?A3!の実写映画化ではなくて?とちょっと不思議に思いつつ、鑑賞しました。

ところで、コレ、誰向けなんでしょうか…?

A3!をプレイしていてエーステを知らない人?
A3!をプレイしていないけどエーステを知ってる人?
A3!もエーステも知ってる人?
A3!もエーステも知らない人?

帯に短し襷に長しというかんじで、A3を知ってる人に向けてなら、冗長すぎるところがあるし、A3を知らない人に向けてなら、説明不足。
脚本の原作ストーリーの要約が下手だなぁと言う印象でした。
『アニメや舞台と同じ切り取り方じゃダメだ』と言う意識が強すぎて、本来説明すべきシーンがない、と言う状態で、原作ゲームをプレイしてない人にはなんのこっちゃ?だったのでは…と思っています。
エーステも、原作ゲームのシナリオをだいぶ切り取っていましたが、説明すべきところはちゃんと入れていたと思います。(エーステを見た時は、A3のことは何も知らず、『なんか役者を育成するらしい』程度のミリしら状態で見に行ったので)

監督ちゃん視点での撮影というのは新しいと思いましたが、監督ちゃん視点・それ以外 が、いつ切り替わっているのかがわかりづらく、いちいち今は監督ちゃん視点か…今はそうじゃないな…と考えてしまい気が散りました。
いっそ、完全に監督ちゃん視点とかでやればよかったのに、中途半端なんですよね。

さっきのストーリーもですが、あれもしたい!これもしたい!がいっぱいありすぎて、映画の尺に収まっていない気がします。
何かをしたいなら、何かを諦めるべきなんじゃないかな、と思いました。

また、舞台とは違ってカメラが役者に寄るので、カラコンを入れた瞳や、普通ありえない髪の毛の色が違和感でしかなかったです。
舞台だと、想像力も働かせたりするので気にならないんですけど。

その中でも目を引いたのは、皆木綴くんでした。
単純に『現実世界に存在しそうな見た目』だからというのもあると思いますが、演技がすごく自然で画面の中に溶け込んでいました。
他の人は、お芝居が舞台っぽくてなんとなく大袈裟だったり、自然じゃないな…と思うことが多かったです。

春には秋組冬組の映画の公開が控えていますが、もう少しマシになっているといいなと思っています。
まぁ、もう撮影は終わってしまっているので、どうしようもないと思いますが…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
そら

3.0ミリは知ってるA3!状態で鑑賞しました

ぱんださん
2021年12月16日
Androidアプリから投稿

映画館で映画をみたくて丁度上映してたので鑑賞しました。
俳優がでてくるという知識だけはあったので、最初に「カントク!」って呼ばれた時はめっちゃビックリ!
(この時監督になってゲームをすることを察知しました)

調べてみたら2.5舞台でも客席に向かって「カントク!」って言うらしくて、再現のすごさに少し感動しました。

キャラが多いからかキャラクター1人1人の思いが簡単にまとめられてるくらいなので、詳しく心情を知りたいと思ったキャラクターの性格がよくわからないまま終わったのが少し残念です...。
ただゲームをしているファンにとっては満足できるものかと思います。

気になるキャラクターもできたので、もうちょっと調べてゲーム初心者にも優しそうならゲームを始めてみようかと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ぱんだ

3.5まあ、有りかな

2021年12月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

私、おっさんです。
ゲームを基に作った映画なので、観ている人がプレーヤーになる感じで、役者さんがスクリーンのこちら側に話しかけてくるんですね。
これ、もし女優さんバージョンだったら、私は絶対に鼻の下のばしてニヤニヤしながら観ちゃいますよ。
そう考えると、こういう映画も有りなんじゃないかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
やきすこぶ

3.0❝THE SHOW MUST GO ON❞ まさにこれ。ムビチケ買っちゃったから観に行かなきゃ。【長文注意】

2021年12月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

えっと…コレなんで観にいくことになったんだっけ…(^_^;
そうです。劇場ロビーの大型モニタで予告編を観て、
琴線に触れるかわいい男の子がふたりいて。
いわゆるキュン死ってやつ?

ちょっと待ってくださいね。
レビュー書いてるのは50をとっくに越えたオッサン・オブ・オッサンですよ…(^_^;
えっとね、迷いました、これ観に行くの、さすがに迷いました。
ところがそんな私の背中を無理矢理に押す事態が発生。
各キャラクター別絵柄のムビチケが発売じゃないですか。
なので、キュン死した野口準さん演ずる向坂椋クン柄のムビチケを買いました。
筆者、重度のショタの気ありなのかな?
劇場へはね…すこし熱気が冷めて、対象層あたりの女子ーズたちの姿がチラホラなになった時期を…と考えていた時期が俺にもありました。
ところが、さらに困ったことにね、コレ無くなり次第終了の入場者特典までありやがるんですよね。
しかも、さらに&さらに事件発生!どんだけ困らせる気やねん!
舞台挨拶中継付き上映というものが地元の劇場でもありまして。
「毒を食らわば皿まで!」の特攻精神で封切り二日目に観に行ってきました。
ビクビクしつつ、ソッコーでゲートをくぐって。とにかく少しでも人目を避けたい訳なんですよ。
やはり来る人来る人、女子・オブ・女子ばかりなの。
おそるおそる館内を見渡すと、女子女子女子女子女子ーズばかり。
約50名くらいは女子ーズたちが席に着いていたかな?そんな中で男子(しかもオッサン)は私ひとりのみ。
幸いなことに、予約していた端席付近には女子の姿なし。(やったね!)←避けられていたのかな?きっとそうだ…
舞台挨拶上映自体はどうってことないの。初見の私でもイベント感覚で楽しく観ていました。
椋クン役の準クンかわいいし。幸クン役の湧クンもかわいかったし。
   ↑
なんかちょっと感覚がマヒしてきてるぞぉ…
したらね、舞台挨拶中継の上映が終わったやいなや、退席する女子ーズが数名いたのね!
前世は、きっとライダースナックをドブに捨ててた子に違いないね!
“映画”に敬意を払え!←なんか無駄に偉そげ…
で、本編。本当に予備知識が全くないままの入場だったんですよ。
なんかね、観客は“お客さん”じゃなくて“カントク”っていう設定らしいんです。←えっ、いきなりなにそれ?
ここからまず、くすぐったかった。
いちいちカメラ目線でイケメン君たちが、じっと目を見て「カントク♡カントク♡」って語りかけてくるのよ(笑)
そんなこんなですよ。
作品は、劇団の春組・夏組それぞれのパートで構成されていました。
で、お目当ての椋クンの出番は後半の夏組。
出番までの肩慣らし(?)で前半パート・春組で作品の世界観に馴染んでみようかと。
ところがやはりそこは、針の筵状態。
周りから妙な視線が飛んできやしないかとビクビクビクビクビクビクビクビクビクしながら観てるわけですよ。
しかも劇場売店以外で販売されている飲食物を持ち込んで(笑)←あかんやつ。

閑話休題
あっ、映画の話ですよね。
めちゃくちゃ厳しいことをぶっちゃけ言ってしまえば、良くも悪くも学芸会の延長線上にあるような感じ。
悪く言えば素人大根。よく言えば可愛くて初々しい。そんな感じ。でも、そんなん言いながら観る映画とちゃうやないか!
うーん…これはやはり予備知識を持って観に行った方がよかったかと。より楽しめたかと。
せめて各イケメン君たちのキャラ設定くらいは予習して行った方が楽しめたかな。
あと、作品のバックボーンだとか。だからカントクって何やねん!△って何やねん!(笑)
これ、やはり…観る人を“私以外”に絞り込んだ作品でした。
とにかくやはり始終くすぐたったいのよ。
でも、女子ーズさんたちへのサプライズ作品としては、たまらん作品であったのではないかな…と思うです。
実際、生まれの不幸を呪いたくなるイケメン揃いの推しメン君たちが、スクリーンからドアップで、それぞれの“カントク”たちにじっと目を見て語りかけてくるわけですから。
お話も、至極単純明快でなーんも考えずにこんなオッサーンズでも、なんとか楽しむことできましたから。
で、恥ずかしいから、とっとと総評行きますね。
椋クンと幸クンちょうううかわいい(〃▽〃)ポッ

語るのはそこだけか?邪念だけか?“映画”に敬意を払え!(伏線回収)
だってムリだよこんなの!元ネタを見たことも聞いたこともないのに、できっこないよ!できるわけないよ!こんなレビューなんて!

ごめんなさい、レビューじゃなくて、単なる日記になってしまって。だって無ry…
ちなみに、入場者特典は天馬クン柄でした。
なんでか、普段はあまりやらないパンフレットの二部買いも。
しかもこのパンフレット、中身が濃いのはいいんだけれど、一部で1500円もするのな!
あと、椋クンと幸クンのブロマイド欲しさに、ランダムという“あこぎな”販売形態の物販で、そこそこのお布施落としてきました。
あ~あ、こうやって信者を増やしていくんだなぁ。
椋クン&幸クン、次回作の『~AUTUMUN&WINTER~』にもご登場なのかな?
なったらなったで、またややこしいことに。(もう慣れたか?)
このオッサン、来年の夏休みくらいには、ミラクルライト振りながら『プリキュア』観てるかもな!

コメントする
共感した! (共感した人 8 件)
野球十兵衛
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「MANKAI MOVIE「A3!」」シリーズ関連作品

他のユーザーは「MANKAI MOVIE「A3!」 SPRING & SUMMER」以外にこんな作品をCheck-inしています。