クローブヒッチ・キラー

劇場公開日:

クローブヒッチ・キラー

解説

「荒野にて」「ゲティ家の身代金」で注目を集めた若手俳優チャーリー・プラマー主演のサスペンススリラー。信仰を重んじる小さな町で貧しくも幸せな家庭に暮らす16歳の少年タイラー。ある日、タイラーはボーイスカウトの団長も務め、町でも信頼の厚い父親ドンの小屋に忍び込み、猟奇的なポルノや不穏なポラロイド写真を見つけてしまう。不審に思ったタイラーが調査を進めていく中で、父親が10年前に起きた未解決事件「巻き結び(クローブヒッチ)連続殺人事件」の犯人ではないかとの疑念を深めていく。タイラーは同じく事件を追う少女カッシに協力を求め、真相を究明しようとするが……。

2018年製作/109分/G/アメリカ
原題:The Clovehitch Killer
配給:ブロードウェイ
劇場公開日:2021年6月11日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21

(C)CLOVEHITCH FILM, LLC 2016 All Rights Reserved

映画レビュー

4.0青年期ならではの心理模様が活きた出色のミステリー

2021年6月13日
PCから投稿

予期せぬ拾い物などと言うと作り手に失礼だろうか。国際的な映画賞だとか興行的ヒットに恵まれているわけでもないのに、本作はしっとり落ち着いた中に抜きんでた視座と語り口を持つ。これが単なる怖がらせ系のホラーならば殺人犯の凶行をそのまま描けば良いわけだが、しかし物語の舞台となるのは、少し目線に変化球を加えた、かつて連続殺人が起こった”10年後”。教会を中心として惨劇の記憶を乗り越えてきた小さな街で、一人の青年が日常のふとした糸口から思いがけない疑心へと陥っていく。いまだ逮捕されぬままの殺人犯をめぐるミステリーでありながら、風変わりな少女とのボーイ・ミーツ・ガール的な側面を持ち、そして何より重要なのは、年頃の主人公が親から精神的に巣立っていく心理模様が寓話的に活かされている点だろう。『コップ・カー』『スパイダーマン・ホームカミング』の脚本家クリストファー・フォードの筆致や役者陣の演技も秀逸な作品だ。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
牛津厚信

3.5心理サスペンスとして観るべきところはある・・・と思います。

2022年7月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

父親が連続殺人犯では?と疑った少年の苦悩を描く物語。

地味ながら良く練られた佳作だと思います。
「疑惑」と「父親を信じたいという気持ち」、「父親の説得力のある言い訳」と「不気味さ」、これらの描き方が秀逸で、鑑賞者の私も主人公と同じ息苦しさを味わうことが出来ました。

父権そして教会の権威が強いアメリカの田舎、その田舎で「変態」扱いされパージされる主人公、そして異端者の少女。これらの設定も物語を引き立てていて抜かりなく感じます。

ただ、極めて地味です。また、良くも悪くも抑揚がなく淡々と進む展開は、映画全体の印象を薄めてしまい、高い評価を難しくしてしまいました。
心理サスペンスとしては良く出来ていると思うので、興味がある方はお試しください。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
よし

3.5鑑賞動機:あらすじ10割

2022年3月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
なお

2.0身内に犯罪者が現れた時

2022年3月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
うにたん♪(人手不足の業種はつらい)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る