へんしんっ!

劇場公開日

  • 予告編を見る
へんしんっ!
30%
60%
10%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第42回ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2020」グランプリに輝いたドキュメンタリー。電動車椅子を使って生活する石田智哉監督は、「しょうがい者の表現活動の可能性」について探るべく、演劇や朗読で活躍する全盲の俳優・美月めぐみさんや、ろう者の通訳の育成に尽力するパフォーマーの佐沢静枝さん、多様な「ちがい」を橋渡ししている人々を取材する。石田監督は撮影スタッフ、録音スタッフの2人と対話を重ねながら、映画制作を進めていく。やがて石田監督は、「しょうがい」を「コンテクストが違う身体」と表現する振付家・ダンサーの砂連尾理さんに誘われ、パフォーマーとして舞台に立つことになる。日本語字幕、音声ガイドありの「オープン上映」で劇場公開。

2020年製作/94分/G/日本
配給:東風

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5表現者

yoccyさん
2021年7月28日
iPhoneアプリから投稿

誰にでも、どんな形でもいいから、自分を表現することは大切で、当然の権利だと思った。
そして、それって、アウトプットしていかなきゃ、ただの自己満足で終わってしまうな……だからきちんと、表現したことを伝える努力をしなきゃなと思わせてくれた映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yoccy

5.0内容も作品の作りも刺激を受ける

SHさん
2021年6月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

くどいくらいの説明や情報が、やかましく思えてしまうけれど、本当にありとあらゆる人が理解する上で、どの情報も欠かすことが出来ないと、身につまされる。しかも、最初は疎ましく思えた仔細な説明が、自分にとってもかなり有益なものだと思えてきたのは、作り手側の手腕なのだろう。
内容は、相当面白い。あんなに説明説明だったものが終いには─。
予想外の感動でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
SH

5.0健常者の存在意味

shironさん
2021年6月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

日本語字幕と音声ガイドをつけてのオープン上映!
去年ぴあフィルムフェスティバル2020で観た『へんしんっ!』が更に『 へんしんっ! 』した!
長引くコロナの影響もあり、配信映画が増える今、劇場で上映することの意味を改めて考えていたけど…
なるほど。上映すること自体も“自分なりの表現”になりえるのか。

▼当時のレビュー
聖書は全盲の人の存在意味を「神のわざがこの人に現れるため」と記している。
じゃあ健常者がいる意味は?
目の見えない人の手助けすること?
もちろんフォローは必要だと思うし、むしろ私で出来ることには積極的に参加したい。
でも「手助けしてあげる」や「手助けさせてもらう」に、どうも一方通行な違和感があって心がしっくりきませんでした。

この映画は、監督自身が殻を破って変身することで、新しい発見や新しい関係が生まれる事を描いていると思いますが
私にとっては、この世に健常者がいる意味を与えてくれた映画でした。

健常者は目の見えない人と耳の聴こえない人を繋ぐ為に存在したのだ!
ラストが圧巻!
パラダイスというものが存在するのなら、紛れもなく一番近い景色を見せてくれたと思います。
--------

実は去年、ぴあフィルムフェスティバル2020のアワード一般審査員として参加出来る幸運に恵まれ、とても貴重な体験が出来ました。
そこで出会った17作品はどれも刺激的で、魅力的。
一緒に審査したお二人との協議もエキサイティングでした。
グランプリの本作のみならず『フィア・オブ・ミッシング・アウト〜Fear of missing out』も7/31〜劇場で公開されますし
私達が選んだ映画ファン(ぴあニスト)賞の『LUGINSKY』も香港国際映画祭に招待作品として正式出品されました!

専門家でもない私なんかの言葉には何の価値も無いと思っていましたが、感動した気持ちを作り手に直接伝えることが何よりの励みになると後押しされて、苦手なSNSでも発信しました。
作り手を支援すると同時に、観客としても育てられた気がします。
今年のPFFも注目です(*゚▽゚*)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 39 件)
shiron
すべての映画レビューを見る(全3件)