MIRRORLIAR FILMS Season1

劇場公開日

  • 予告編を見る
MIRRORLIAR FILMS Season1
10%
24%
28%
24%
14%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2017年に俳優の山田孝之、阿部進之介、映画プロデューサーの伊藤主税(and pictures)らによって発足した、俳優や映画監督など表現者を目指す人々を応援するサービス「mirroRliar(ミラーライアー)」による短編映画制作プロジェクトで、俳優・映画監督・漫画家など総勢36名の監督が「変化」をテーマに制作した短編映画をオムニバス形式で4シーズンに分けて公開する「MIRRORLIAR FILMS(ミラーライアーフィルムズ)」の第1弾(シーズン1)。写真家としても活躍する俳優の安藤政信が山田孝之、森川葵をキャストに迎えてメガホンをとった「さくら、」、「少女邂逅」の枝優花監督による「Petto」、「百円の恋」の武正晴監督が友近と渡辺大知の共演で描く「暴れる、女」、「デビルズライン」などで知られる漫画家の花田陵が監督に挑んだ「INSIDE」、女優・モデルの三吉彩花が初メガホンをとった「inside you」、「苦役列車」の山下敦弘監督による「無事なる三匹プラスワン コロナ死闘篇」、さらに一般クリエイター枠で419の応募作品から選ばれた西遼太郎監督作「充電人」、針生悠伺監督作「B級文化遺産」、藤原知之監督作「無題」の9本で構成。

2021年製作/121分/G/日本
配給:イオンエンターテイメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20

(C)2021 MIRRORLIAR FILMS PROJECT

映画レビュー

2.0何を見せられているのか

2021年10月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

ショートショートの映画は好きです。

散らかった机を見に来たわけではないので、映像美を追求するかハナシをまとめるかしてほしい作品がいくつか。

充電人
B級文化遺産
inside
無題。
おもしろかったです。

それぞれに注文するとすれば、名の知れた俳優さんじゃなくても面白いかなと思いました。

だいたい話の顛末が読めちゃう話がそのまま結末になってしまうか、まったく意味がわからないか。どうした???映画って何?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さいころちゃん

3.0TV番組を超えるか!

Kamaさん
2021年9月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

エンドロールがそれぞれ特徴が有って、それだけ見比べても面白いかも。
前半の作品は残念ながらつまらない。殴る女は何か伝えたい?何を見せたい?
充電人からはやっと面白くなって来たという感じ。
特徴、特色、ガツンというのが、もっとあってよかったのではないでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Kama

3.59人の監督たちによる“映画フェス”

015🎬さん
2021年9月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

萌える

まあびっくりするほど個性の被らない9作品ですね。
全編何か繋がりがあるのかと思いましたが、特になかったみたいです。
音楽フェスの映画版みたいな感じです。とは言っても、大御所監督を後に持ってくるのではなく、
コメディ色の強い作品⇒ビジュアルも重視したシリアス作品というようなタイテの組み方のようです。

ネタバレしない程度にざっくりとした内容。

①『暴れる、女』
武正晴監督(『百円の恋』や『インザヒーロー』)
友近氏が出所後にいろいろとやりたい放題やる話。特にそれ以上でもそれ以下でもない。
多分、任侠ものを彷彿とさせるスタッフロールの絵を撮りたかったんだと思います。映えてます。

②『無事なる三匹プラスワン コロナ死闘編』
⼭下敦弘監督(『天然コケッコー』『苦役列車』)
性欲から卒業したいオッサンとその悪友達とのビフォーアフターを描いた話。卒業できていない。
この監督、こんなライトな話がつくれる人だっけ…と観ながら遠い目になる作品。

③『INSIDE』
花田陵監督。あまり情報がありません。
特にASMR中毒の方にとって必見の作品。野菜をボリボリ噛む音とかミルクを飲む音が耳に心地良いです。
部屋に閉じ込められている少女vs母親。9作品の中で一番五感を刺激される作品でした。推し。

④『Petto』
枝優花監督(『21世紀の女の子』『放課後ソーダ日和』)
横田真悠氏が美人過ぎて度肝を抜かれる。
“エルメス”と綽名を付けられているかつての親友兼同級生に久々にあったら、とんでもない生き物をペットにしていたという話。
「女性は産む機械」に対してのリプライ的作品。これもなかなか面白かった。

⑤『充電人』
⻄遼太郎監督。この方もあまり情報がない。
朝起きたらプラグ人間になっていた青年の話。無論、9作品の中でもかなりの異色。
ガスプラグ老夫婦が可愛い。

…ここからちょっと順番に自信がないです。
⑥『無題』
藤原知之監督作品。帰ってから知ったんですが、トリック劇場版と矢部謙三にも関わられてたんですね。
映画の監督兼脚本家(だと思う)がホームレスの少女に出会ったことを機に、彼女に関しての作品を作り上げる。ところが…という話。
確かに長尺で撮られた風景の写真&超高速で駆け抜けるスタッフロールは堤監督譲りっぽい。

⑦『B級文化遺産』
針⽣悠伺監督(『ホメられたい僕の妄想ごはん』)
2013年の作品のようです。マンホールの蓋やその辺のベンチ等、身近だけど価値のあるものを『B級文化遺産』とし、損ねたら3分間の狙撃タイムが始まる。
見せ方が現代風で面白かったです。洋ゲーやってる人ならテンション上がりそう。あとラスト5秒のオチが笑える。

⑧『さくら、』
安藤政信監督。なお共演は山田孝之氏と森川葵氏です。強い。
男2名と女1名の生活。ある日、男のうち1人が息を引き取る。残された女は生き残った男に対して、“彼が死んだのは貴方のせい”だと言うが…。
びっくりするほどビジュアル映えのする映画でした。なんだろう、蜷川実花氏とタイマン張れるくらいの映像美。
結構激しい役柄をやられている作品を拝見していたので、意外でしたね…。

⑨『inside you』
三吉彩花監督。こちらにもプロデューサーとして山田孝之氏が関わっているようです。
写真家として活動する主人公。行き詰まりを感じるうちに、ある日乗ったバスの車内から河川敷で踊るダンサーを発見する。
思わずバスを降りて彼女の元に駆け寄った彼女は…という話。
モデルさんが日頃見ている瞬間美を映像の形に昇華させたもののように感じました。
9作品の中ではトリを飾られただけあって、一番印象に残りました。

…だいたいこんな感じですかね。
面白かったです。一本の映画料金で九つの作品が観れるなんて、お得感ありますし。
ただ正直な話、もう少し作品を絞っても良かったのでは…という気がします。
あと監督によって短編作品が得手な方、正直苦手かも?という方に分かれた印象がありました。

まあ、でもこのプロジェクトは続いてほしいです。
日頃出会えないような作り手さんや作品と出会える、素晴らしいきっかけとなるので。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
015🎬

4.5【変化】

ワンコさん
2021年9月22日
iPhoneアプリから投稿

この作品は、変化をテーマにした短編のオムニバスだが、作品ごと対立するようなものもある。

なかなか、面白い。

変化したくても変わらないもの

変化なんか必要のないもの

実は変化なんて簡単なもの

こんな変化がもしかしたらあるかもしれないなんて思えるもの

変化しても残そうとするあまり迷惑なもの

変化してないことが実は怖いもの

闘わないと変化しないもの

そして、最大の変化とは

更に、変化するからこそ、はかなく美しいもの

自分の身の回りにある変化したもの、変化しているもの、変化しないもの、形而上学的な変化まで、ふと考えてみるきっかけになったら面白いと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ワンコ
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「MIRRORLIAR FILMS」シリーズ関連作品