アウトポスト

劇場公開日

アウトポスト
24%
50%
24%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2009年アフガニスタンで圧倒的多数の敵兵に囲まれた米軍基地の兵士たちの実話を、スコット・イーストウッド、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、オーランド・ブルームらの共演で映画化したミリタリーアクション。09年10月3日、アフガニスタン北東部の山奥に置かれた米軍のキーティング前哨基地で、300人以上のタリバン戦闘員に対し、約50人の米兵が立ち向かった「カムデシュの戦い」を映画化した。アフガニスタン北東部に位置するキーティング前哨基地は、米軍の補給経路を維持するための重要な拠点とされていたが、四方を険しい山に囲まれた谷底に位置しており、敵に包囲されれば格好の的になってしまうという弱点があった。連日のようにタリバン兵から銃弾が撃ち込まれ、そのたびに誰かが命を落としていくという過酷な環境の中で、同基地に派遣されてきたロメシャ二等軍曹らは、「いつ圧倒的多数の敵に囲まれてしまうか」という不安を抱きながら任務に就いていた。そしてついに、その恐れていた事態が現実のものとなり、タリバン兵の総攻撃が開始される。監督は「ザ・コンテンダー」のロッド・ルーリー。

2019年製作/123分/G/アメリカ
原題:The Outpost
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2020 OUTPOST PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.5絶望的なvsタリバン戦に身を投じるセレブ2世と3世たち

2021年3月15日
PCから投稿

泣ける

怖い

興奮

四方を山に囲まれた谷底にあるアメリカ軍の前哨基地に、300人以上のタリバン軍が総攻撃を仕掛ける。2009年のアフガニスタンであった実話と聞いて、ちょっと耳を疑う。こんな自ら望んで銃弾の標的になるような、誰が見ても勝ち目のない戦いが本当に存在したとは!?しかし、だからこそ映画になったとも言えるわけで、事実を忠実に再現した戦闘シーンは、兵士個人の視点で銃撃戦を描きながら、それを画期的なロングショットで繋ぐなどして、終始気が抜けない戦争の恐怖を観客の鼻先に突きつけてくる。一瞬の判断で次の行動を決断し、それが即生死を分けることになる兵士たち各々に課せられた運命の残酷に、心を奪われる暇もなく。戦闘の過酷さに於いて、第二次大戦のヨーロッパ戦線を戦った米陸軍空挺隊、人呼んで「バンド・オブ・ ブラザース」(TVシリーズにもなった)を上回ると言われる米軍のvsタリバン戦を描いた本作は、描き尽くされたジャンル映画をさらに一歩前進させたのかも知れない。一方で、これはスコット・イーストウッド(クリント・イーストウッドの息子)、ミロ・ギブソン(メル・ギブソンの息子)、ジェームズ・ジャガー(ミック・ジャガーの息子)、そして、ウィル・アッテンボロー(リチャード・アッテンボローの孫)、スコット・アルダ・コフィ(アラン・アルダの孫)と、名優の子孫たちが俳優としての可能性に挑戦した、"セレブ・サバイハル・ムービー"としての愉しみも少しあることを付け加えておこう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
清藤秀人

4.0米兵礼賛の面はあるが、戦闘のダイナミックな撮影で新味

2021年3月9日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

米同時多発テロ後の対テロ戦争の一環であるアフガニスタン紛争は、2001年に始まって以来現在まで収束せず、米史上最長の戦争になっているという。その中で2009年に起きたアフガン北東部山中の前哨基地(outpost)での戦闘を劇映画化したのが本作だ。

派遣された米兵約50名のうち5人ほどの兵士を重点的に描き、敵から散発的に狙撃される不安な日々、恐怖と葛藤、仲間との絆、そして300人超のタリバン戦闘員に囲まれ絶体絶命の危機で奮い起こす勇気を多視点で描く。この手の実話ベースの戦争映画でありがちな、兵士たちの愛国心と英雄的な行動を強調する傾向はどうしても目につく(エンドロールでは誰々が何々勲章を授与されたという紹介も延々と流れる)。

だがそもそも、四方を山に囲まれたすり鉢の底に相当し、敵からの銃撃や砲撃に圧倒的に不利な場所に基地を作った司令部の判断ミスは問われなかったのかとか、さらに言えばアルカイダを討伐するためにアフガンへ出張って紛争地にした米軍に義はあるのかとか、いろいろ批判的な思いも抱いてしまう。

とはいえ、撮影監督のロレンツォ・セナトーレ(アメコミヒーローからSF、軍事ものまで幅広くアクション系を得意とする人のようだ)とロッド・ルーリー監督が生み出した映像は、手持ちカメラとドローンを巧みに使い分け、引き込まれるような長回しから、ローアングルから滑らかに俯瞰へと移動するショットまで、ダイナミックな戦闘場面のシークエンスで新味を出している。「1917 命をかけた伝令」や「ローン・サバイバー」の映像体験と少し近い印象を持ったが、このスタイルはまだまだ発展の余地があるとも感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
高森 郁哉

3.5【ただ「愉しい」と言えないリアリティのある戦争映画】

3104arataさん
2021年11月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

興奮

・2020年公開のアメリカの戦争映画。
・実話(アフガニスタン紛争における2009年10月3日の「カムデシュの戦い」)を基にした戦争映画で、ノンフィクション「The Outpost: An Untold Story of American Valor」を原作としているようです。
・パキスタンとアフガニスタンを結ぶ米軍の補給線維持を担う、キーティング前哨基地(=Outpost。防衛や研究を含むあらゆる目的のために最小限の規模で設置された前線の基地のこと)。そこは3つの険しい山に囲まれているため攻撃の的のような場所にあった。そのため、度々ターリバーンからの襲撃にあい、ぼちぼち基地もたたもうか…という2009年10月3日。約300名ものターリバーンから攻撃を受ける53名の米兵たち。その「カムデシュの戦い」前後が描かれる という大枠ストーリー。

[お薦めのポイント]
・客観的な描き方
・臨場感のある戦場描写
・エンドロールまで無駄にしないこだわり

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
[物語]
・「カムデシュの戦い」を中心としたシンプルなものでした。この映画は、物語というよりは魅せ方(演出)を含めてこそ素晴らしい作品のように思いました。

[演出×映像]
・よくある紛争地域の戦争映画かな、と思っていましたが、鑑賞するとエンタメ要素だけでない力強さを感じた映画でした。
・まずは、群像劇に近く客観的な視点を与えようとしてくれていました。
 - 冒頭から兵士を1ショットで映し名前テロップを丁寧にしているところ=1人の主人公じゃなくて、兵士の1人1人をしっかりと覚えてみてね。
 - 弱虫っぽく映る大尉の行動や考えを嫌うものだけでなく、信じているものもいる=色んな角度でものをみてね。
・などなど、主人公を中心に物語を楽しむというよりは、それぞれの視点での思いや行動を観て、「どれが正しい間違っている」というわけでもない感じ。戦場という混沌とした場所では、いくら規律正しき軍人さんと言えど、それぞれの想いと規律の狭間で仲間と共に生き抜くために悩み苦しみながら判断・行動しているんだよ、という事実が伝わってきました。
・次に、臨場感のある戦場描写。
 - 序盤の橋を渡るシーン。引きの画に変わった瞬間の緊張感が凄すぎました💦画の配置だけで観ている人に緊張感を与えるすごみ。
 - 戦闘中は兵隊さんの真横にカメラが張り付いて、一緒に走りまわっています。まるでドキュメンタリーの戦場映像を観ているかのな臨場感で、あたかも自身が体験しているかのような映像になっています。
・最後に、エンドロールまでしっかりこだわる。
 - 自宅でDVD観ているとエンドロールは大抵見ないで終わります。が、本作では、エンドロール時に当時の兵隊さんの写真やインタビュー映像が流れます。最後まで時間を無駄にせずに、戦争のむなしさを突き付けられた気がします。

[音楽]
・際立って感じたことはありません。

[演技・配役]
・観ているときは知りませんでしたが、実はすごい人ぞろいだったんですね。オーランド・ブルームさん、スコット・イーストウッドさん(クリント・イーストウッドさんの息子さん)、マイロ・ギブソン(メル・ギブソンさんの息子さん)などなど、これからの映画界を担う若手俳優さんがゾロリ。また、当時、その場所にいた兵士の方がそのまま俳優として出演もされていたようです(エンドロールでそう語っていました)。そうそうたるメンバーで固めた群像劇で見ごたえありました。

[全体]
・日本人の私にとって、見慣れないアメリカの方々を名前テロップだけで瞬時に理解して、それぞれの視点で物語を観る、ということが難しかったですが、この映画は群像劇的に見せるところこそがポイントな気がしました。「カムデシュの戦い」で戦った兵士さんみんなが主人公、ということですね。そこまで瞬発的に理解できませんでしたが、最後まで映画を観れば、その意図がくみ取れるようになっていたので映画として楽しむことができました。
・ただ、「愉しんで観た」という表現が正しいのか…と思ってしまうような、社会派的な要素もありました。実話を基にしている事や、経験者本人のインタビュー映像を流すこと、から単純なエンタメだけの役割でないものを感じてなりません。まるでドキュメンタリー映画を観ているような気分です。かといって、じゃあ明日からどう行動すべきなの⁈という大そうな答えも見つかりませんが💦
・劇中、皆が思い思いに大切な人と連絡を取り合っているシーンがあり、それがいかに幸せな事か、つまり、今の私たちの日常生活が紛争地帯のそれと比べて非常に豊かで幸せであること、それをかみしめるだけでもいいのかもしれません。実際に観ていて、そう思いました。そういう小さなことを大切にしようと思わせてくれる、戦場のリアルな恐怖を伝えてくれる、そんな映画でした。ありがとうございました。

#映画 #THE-OUTPOST #アウトポスト #アメリカ #2020年 #戦争 #実話 #カムデシュの戦い #ロッド・ルーリー監督 #スコット・イーストウッド #ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ #オーランド・ブルーム #マイロ・ギブソン #リアル #臨場感 #まるでドキュメンタリー映画
#全体3.5 #物語3.5 #演出3.6 #演技3.5 #配役3.5 #映像3.6 #音楽3.5

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
3104arata

4.0リアリティな描き方が良い

2021年11月19日
Androidアプリから投稿

現場を知らず、地図と映像だけで戦略を立てる上層部と、実際の最前線で、その上層部のミスや失敗と、それを是正しようとしない無責任さの為に命を落とす兵士たちという構図は、過去の戦争でも繰り返され、様々な作品に描かれてきたが、本作品もその部類に入る秀作。
敵の攻撃から身を護る術を次第に失いながら、必死で生き残ろうとする兵士たちの勇敢さや脆さが、戦争の悲惨さや矛盾を突き付けてくる。
有名な俳優の二世などが出演しているが、総じて無名な役者で描いた事で、リアリティを感じさせる手法は「ハンバーガー・ヒル」を彷彿とさせる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
デイビット・ジャガー
すべての映画レビューを見る(全87件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る