アウトポスト

劇場公開日:

アウトポスト

解説

2009年アフガニスタンで圧倒的多数の敵兵に囲まれた米軍基地の兵士たちの実話を、スコット・イーストウッド、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、オーランド・ブルームらの共演で映画化したミリタリーアクション。09年10月3日、アフガニスタン北東部の山奥に置かれた米軍のキーティング前哨基地で、300人以上のタリバン戦闘員に対し、約50人の米兵が立ち向かった「カムデシュの戦い」を映画化した。アフガニスタン北東部に位置するキーティング前哨基地は、米軍の補給経路を維持するための重要な拠点とされていたが、四方を険しい山に囲まれた谷底に位置しており、敵に包囲されれば格好の的になってしまうという弱点があった。連日のようにタリバン兵から銃弾が撃ち込まれ、そのたびに誰かが命を落としていくという過酷な環境の中で、同基地に派遣されてきたロメシャ二等軍曹らは、「いつ圧倒的多数の敵に囲まれてしまうか」という不安を抱きながら任務に就いていた。そしてついに、その恐れていた事態が現実のものとなり、タリバン兵の総攻撃が開始される。監督は「ザ・コンテンダー」のロッド・ルーリー。

2019年製作/123分/G/アメリカ
原題:The Outpost
配給:クロックワークス

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2020 OUTPOST PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.5絶望的なvsタリバン戦に身を投じるセレブ2世と3世たち

2021年3月15日
PCから投稿

泣ける

怖い

興奮

四方を山に囲まれた谷底にあるアメリカ軍の前哨基地に、300人以上のタリバン軍が総攻撃を仕掛ける。2009年のアフガニスタンであった実話と聞いて、ちょっと耳を疑う。こんな自ら望んで銃弾の標的になるような、誰が見ても勝ち目のない戦いが本当に存在したとは!?しかし、だからこそ映画になったとも言えるわけで、事実を忠実に再現した戦闘シーンは、兵士個人の視点で銃撃戦を描きながら、それを画期的なロングショットで繋ぐなどして、終始気が抜けない戦争の恐怖を観客の鼻先に突きつけてくる。一瞬の判断で次の行動を決断し、それが即生死を分けることになる兵士たち各々に課せられた運命の残酷に、心を奪われる暇もなく。戦闘の過酷さに於いて、第二次大戦のヨーロッパ戦線を戦った米陸軍空挺隊、人呼んで「バンド・オブ・ ブラザース」(TVシリーズにもなった)を上回ると言われる米軍のvsタリバン戦を描いた本作は、描き尽くされたジャンル映画をさらに一歩前進させたのかも知れない。一方で、これはスコット・イーストウッド(クリント・イーストウッドの息子)、ミロ・ギブソン(メル・ギブソンの息子)、ジェームズ・ジャガー(ミック・ジャガーの息子)、そして、ウィル・アッテンボロー(リチャード・アッテンボローの孫)、スコット・アルダ・コフィ(アラン・アルダの孫)と、名優の子孫たちが俳優としての可能性に挑戦した、"セレブ・サバイハル・ムービー"としての愉しみも少しあることを付け加えておこう。

コメントする (0件)
共感した! 12件)
清藤秀人

4.0米兵礼賛の面はあるが、戦闘のダイナミックな撮影で新味

2021年3月9日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

米同時多発テロ後の対テロ戦争の一環であるアフガニスタン紛争は、2001年に始まって以来現在まで収束せず、米史上最長の戦争になっているという。その中で2009年に起きたアフガン北東部山中の前哨基地(outpost)での戦闘を劇映画化したのが本作だ。

派遣された米兵約50名のうち5人ほどの兵士を重点的に描き、敵から散発的に狙撃される不安な日々、恐怖と葛藤、仲間との絆、そして300人超のタリバン戦闘員に囲まれ絶体絶命の危機で奮い起こす勇気を多視点で描く。この手の実話ベースの戦争映画でありがちな、兵士たちの愛国心と英雄的な行動を強調する傾向はどうしても目につく(エンドロールでは誰々が何々勲章を授与されたという紹介も延々と流れる)。

だがそもそも、四方を山に囲まれたすり鉢の底に相当し、敵からの銃撃や砲撃に圧倒的に不利な場所に基地を作った司令部の判断ミスは問われなかったのかとか、さらに言えばアルカイダを討伐するためにアフガンへ出張って紛争地にした米軍に義はあるのかとか、いろいろ批判的な思いも抱いてしまう。

とはいえ、撮影監督のロレンツォ・セナトーレ(アメコミヒーローからSF、軍事ものまで幅広くアクション系を得意とする人のようだ)とロッド・ルーリー監督が生み出した映像は、手持ちカメラとドローンを巧みに使い分け、引き込まれるような長回しから、ローアングルから滑らかに俯瞰へと移動するショットまで、ダイナミックな戦闘場面のシークエンスで新味を出している。「1917 命をかけた伝令」や「ローン・サバイバー」の映像体験と少し近い印象を持ったが、このスタイルはまだまだ発展の余地があるとも感じた。

コメントする (0件)
共感した! 10件)
高森 郁哉

3.0本当のゴール

2022年10月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

アメリカ兵の称賛的な映画なのだが、どうしてもそれだけには捉えられない。
米兵も多くの命を失ったが、多くのタリバン兵も命を落としている。命の尊さはどちらも同じはず。対テロの戦いに本当のゴールはあるのだろうか?

コメントする (0件)
共感した! 0件)
上みちる

4.0命の保障がない状況とは?

2022年9月27日
iPhoneアプリから投稿

敵から包囲されているような谷底にあるアメリカ軍基地。

丘の上からゲリラ的に襲われ、その敵を蹴散らした後に、敵が見ていた所から自分たちの基地を見下ろす。

まるでねずみ講のように全てが見える。「上官ならここからどうやって攻めますか?」との質問に、次々と具体的で基地にとって致命的な攻撃箇所を口にする。

それを聞いて、暗くなる隊員たち。自らの命の保障が限りなく小さいことに気付かされる。

タリバンがついに総攻撃してくる。戦闘シーンはまさに圧巻で自分がまるでそこにいるかのような感情になる。まさに生きるか死ぬか数秒後の状況もわからないまま突っ込んでいく。

唯一良かったことを挙げると、戦闘前は言い争っていた仲間でも、死と隣り合わせで協力しあった戦闘後は兄弟のような仲になる。他ではあり得ない特殊な友情関係なのだろう。

この映画で、戦いにおいては兵隊一人一人の力や武器や弾薬の大切さがわかる一方、上空からの爆撃の重要性も認識できる。

どこに基地を置くか、どういった戦術で闘うか、現地住民との関係性をどうするか、戦争は奥が深い。

ただ、こんなことを考えなくていい世の中になることを切に望む。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
hiro
すべての映画レビューを見る(全102件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る