劇場公開日 2021年3月26日

  • 予告編を見る

「眠りの神秘や至福に心を寄せるひととき」SLEEP マックス・リヒターからの招待状 牛津厚信さんの映画レビュー(感想・評価)

3.911
22%
61%
17%
0%
0%
採点

4.0眠りの神秘や至福に心を寄せるひととき

2021年2月27日
PCから投稿

マックス・リヒターといえば、その音の調べで様々な名作映画を彩ってきたことで知られる。そんな彼が「眠り」をテーマに紡ぎ上げた8時間に及ぶ楽曲が「Sleep」。本作はリヒターが世界各地の会場で夜な夜な「sleep」の生演奏に挑む姿を追いかけ、企画の意図やそもそもの人となりに迫っていく。例えば、そこで語られる一つは、眠りに落ちていく瞬間のこと。いま自分が寝ているのか覚めているのか判然としない状態でこみ上げる何とも言えない幸福感ーーー。我々がタルコフスキーの映画で感じる至福はまさにこの典型だろうし、さながらリヒターの一連の試みはその音楽版といったところなのかも。一方、会場に並んだ夥しい数のベッドは実に壮観だし、本公演中は寝ても起きても歩き回ってもよしとする自由さは前代未聞。観客の姿も込みで何もかもが美しい。本作を見ると眠りについての考えが変わる。日々の眠りともっと大事に向き合いたいと感じるはずだ。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
牛津厚信
「SLEEP マックス・リヒターからの招待状」のレビューを書く 「SLEEP マックス・リヒターからの招待状」のレビュー一覧へ(全11件)
「SLEEP マックス・リヒターからの招待状」の作品トップへ