劇場公開日 2021年2月26日

  • 予告編を見る

「それでもユーモラスでチャーミングなトムハがいる」カポネ 清藤秀人さんの映画レビュー(感想・評価)

2.853
3%
29%
40%
24%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5それでもユーモラスでチャーミングなトムハがいる

2021年2月23日
PCから投稿

泣ける

笑える

画面に登場するのは、長い服役を終えた後の、梅毒の末期症状と頻繁に起きる幻覚に悩まされる、年老いて(とはいえまだ40代)心身ともにボロボロになったアル・カポネの姿である。フロリダの大邸宅で最後の命を繋ぐカポネは、医者から禁じられた葉巻の代わりにニンジンを咥えさせられ、幻覚に悩まされ、目は充血し、排泄もままならずオムツのまま邸内をうろついている。邸宅の外では、隠しマイクでカポネの隠し金、1000万ドルの在処をなんとかして聞き出そうとFBIが待機している。彼らはカポネが記憶を無くしたふりをしているのではないかと疑っている。事実はどうなのか?そんな、現実と幻想、現在と過去、正気と狂気を自在に行き来する元ギャングスターを、トム・ハーディが嬉々として演じている。時々意味不明になる脚本も、演技力(腕力と言ってもいい)でねじ伏せていくハーディを見ていると、つくづく彼はアル・カポネを演じたかったのだろうと思う(実際、かつて1度あったチャンスを逃している)。特に、カポネの中で唯一の真実が何だったのかが分かる幕切れのショットは、『アイリッシュマン』のラスト30分や、あの『市民ケーン』を彷彿とさせるほどだ。『インセプション』や『ダンケルク』のハーディ・ファンは顔面蒼白だろうが、熱演と言うのは度を越すとユーモラスでチャーミングに見えてくるという魅惑の体験を、ここでお約束しよう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
清藤秀人
「カポネ」のレビューを書く 「カポネ」のレビュー一覧へ(全53件)
「カポネ」の作品トップへ