ホムンクルス

劇場公開日:

  • 予告編を見る
ホムンクルス

解説

「殺し屋1」などで知られる山本英夫の同名漫画を綾野剛主演、清水崇監督のメガホンにより実写映画化。車上生活を送る名越進の前に、ある日突然現れた医学生の伊藤学。記憶がない名越は、伊藤の勧めにより期限7日間、報酬70万円を条件にある手術を受けることに。第六感が芽生えるという頭蓋骨に穴を開けるトレパネーション手術を受けた名越は、右目をつむって左目で見ると、人間が異様な形に見えるようになる。伊藤はその現象を「他人の深層心理が視覚化されて見えている」と言い、その異形をホムンクルスと名付けた。名越はその能力を用い、心の闇を抱える人たちと交流していく。名越役を綾野、伊藤役を成田凌が演じるほか、内野聖陽、岸井ゆきの、石井杏奈らが脇を固める。

2021年製作/115分/PG12/日本
配給:エイベックス・ピクチャーズ

スタッフ・キャスト

監督
原作
山本英夫
脚本
内藤瑛亮
松久育紀
清水崇
製作統括
勝股英夫
エグゼクティブプロデューサー
寺島ヨシキ
チーフプロデューサー
西山剛史
穀田正仁
プロデュース
古草昌実
企画プロデューサー
宮崎大
プロデューサー
中林千賀子
三宅はるえ
撮影
福本淳
照明
市川徳充
録音
西山徹
美術
寒河江陽子
装飾
中澤正英
衣装
田中亜由美
ヘアメイク
小出みさ
石邑麻由
特殊スタイリスト
百武朋
VFXプロデューサー
平田耕一
VFXディレクター
平田耕一
VFXスーパーバイザー
高橋直太郎
編集
鈴木理
音響効果
赤澤勇二
音楽
ermhoi
江崎文武
メインテーマ
millennium parade
助監督
岸塚祐季
加瀬聡
制作担当
高橋輝光
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26
  • 画像27
  • 画像28
  • 画像29
  • 画像30
  • 画像31
  • 画像32
  • 画像33
  • 画像34
  • 画像35
  • 画像36
  • 画像37

(C)2021 山本英夫・小学館/エイベックス・ピクチャーズ

映画レビュー

3.5俳優・綾野剛の進化が止まらない。今年1月29日に公開されヒットした...

2021年3月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 20件)
和田隆

3.0『のぞき屋』『殺し屋1』の山本英夫によるコミックが原作

2022年11月15日
PCから投稿

まさかの清水崇監督。

メインの綾野剛と成田凌の演技がとにかく上手くて、原作の独特の世界観やストーリーの再現度も高く面白かった。
特にあのキャラのあのシーンはNetflixじゃなければ出来ないよなぁと思ったり。
綾野剛は『日本で一番悪い奴ら』のが好きなんだけどこれも良い!

コメントする (0件)
共感した! 0件)
エス

3.0漫画と比べるとうーん・・・

2022年8月13日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

原作は山本英夫さんの同漫画作品ですね。
主人公の名越進を綾野剛さん、研修医役の伊藤学を成田凌さんが演じています。

頭蓋骨に穴を開ける手術(作中ではトレパネーションといわれています。)で脳圧を下げ、脳機能を引き出す手術をテーマにしていますね。

漫画の方は全巻読んで(もうだいぶ昔のことですが、、)わりかし好きな作品でしたが、映画化するとうーん。。。

奇怪なホムンクルスの姿や、人間の心理描写などいわゆるグロテスクを楽しむ作品でもあるので映像化はそもそも難しいかなと思います。まぁそれにしては再現頑張ってた方ではあると思うが。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ロロノアゾロ

1.0気持ち悪いしほとんど意味わからん

2022年7月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

難しい

寝られる

大筋はわかる。なんとなく。

ただ間延びするシーンが多すぎて暇になる。

グロ要素とかもあって気持ちのいいものでもなければ、じゃあ脚本が面白いのかと言えばそうでもないから、気になる展開もなく、淡々と記憶をたどっていく。

ラストで一応理解はしたものの、間の女子高生が説明不足で意味不明。

退屈。邦画ってこういうどんよりした雰囲気の作品が多いから好きになれん。

特に盛り上がりもなく、感動出来るかと言えばそうでもない。

疲れちゃった。

コメントする (0件)
共感した! 6件)
桜
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る