劇場公開日 2021年2月19日

ある人質 生還までの398日のレビュー・感想・評価

3.855
24%
61%
12%
1%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全55件中、1~20件目を表示

4.0デンマークにも自己責任論はあるのだろうか

2021年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

何者にもなれない自分を抱えて生きるのは苦しい。そういう時に人は、蛮勇を出して大きなことをやってやろうと思ってしまう。本作の主人公の青年は怪我で体操選手の道を断たれた後に、カメラマンとしての道を歩み始めた矢先、シリアの戦場で誘拐される。まだジャーナリストと呼ぶほどの実績もなにもない「ワナビー」のような彼は、そこで地獄の体験をする。身を守る術もない彼のような駆け出しは誘拐犯にとって絶好の獲物だろう。
本作はISに人質にされた過酷な日々を赤裸々に描くと同時に、デンマークに残された家族が身代金を用意するため奔走する姿を描く。
デンマークは日本同様、テロリストに決して身代金を支払わないと決めている国だ。家族は寄付を募り、自力で身代金を用意する。デンマークの世論がその家族に対してどんな反応を示したのかははっきりとは描かれないが、苦悩に満ちた家族の表情が世論の厳しさを想像させる。やはり、デンマークにも自己責任論のようなものがあったのだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
杉本穂高

4.0「平凡な日常」って、そんなに悪いことなのだろうか? 人生の指針を考える意味でも重要な作品。

2021年2月18日
PCから投稿

本作は、2013年から2014年の398日もの間、 過激派組織IS(イスラム国)に拘束され捕虜となった実在のデンマーク人を描いていて、デンマークのアカデミー賞(ロバート賞)で主演男優賞、助演女優賞、 観客賞、脚色賞を受賞しています。
作風は、スウェーデン版「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」(2009)の監督作品なので、分かりやすく出来は良いです。
このIS(イスラム国)関連は、ニュースで頻繁に扱われていたので覚えている人も多いでしょう。ただ、現実には、「どこか遠くの争いだよね」と冷めた感じでいる人も少なくないと思います。
本作では最後の方で「内戦下のシリアでは100人以上の報道関係者が死亡」と出てきます。
この「最終的に死者が40万人を超えた争い」における悲劇を報道しようと、日本からも報道関係者が向かいました。
中でも2014年にISに拘束され、2015年1月30日に殺害映像がインターネット上で公開された後藤健二さんが大きなニュースになったりと、日本も決して他人事ではないのです。
私は、以前、ニュース番組のコメンテーターをしていた時に、後藤さんがディレクターで担当した回があったりと、それなりに面識がありました。紛争地域によく行っているという事は知っていましたが、まさかの出来事でした。このように世の中は思っているより狭いものなのです。

さて、本作は正直、キツいシーンもあります。ただ、その裏で家族らが追い込まれながらも必死に動いている様は、実に映画的です。そして、その厳しい出来事を映画の中で追体験する終盤に、「君は日常に戻る、退屈で平凡な毎日に」といったセリフが出てきます。
通常、このセリフから何か深い意味を見出すことはできないでしょう。ところが、本作を見ると、視界が大きく広がっていて「いかに深い意味をもつのか」が分かり、様々な事を考えさせられるのです。
そして、ラストへの展開は、実話ならではの深さがあり、感情が大きく揺れ動きます。
もちろん史実の追体験という意味でも大切ですが、私は、何気なく卑下してしまいがちな「日常」を考え直す意味で、とても大切な作品だと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 18 件)
細野真宏

3.5A Tragic Story the World Has Yet to Escape

2021年1月19日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

Daniel is the story of a gymnast-cum-journalist who finds himself captured by ISIS in Syria upon a good deed photo shoot in the war zone. He's tortured along with renowned journalist James Foley while is family in Denmark scrambles to find ransom money. In the grand scheme the film's conclusion is as gut-wrenching as the protagonist's experience. A painful reminder of the mess the "West" must fix.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Dan Knighton

3.5ノンフィクションの凄み

kumiko21さん
2021年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

まずは最終的には助かるのだ、という確信を担保に鑑賞できたのは良かった。
彼は単なる無知で無謀な若者だった。そんなあまちゃんの彼が398日間で大きく成長したであろうことは皮肉だ。もちろん高すぎる授業料だ。
どんな状況にあろうとも人質同士わずかなことでも助け合い、名前で呼び合い、慰め合い、冗談を言い(多分こんな極限状況で日本人は冗談を言えない)、強がってみせる欧米の男たち。過酷な人質であっても独房ではないことのありがたさ(高みの見物的感想で申し訳ない
が)を感じた。そのことで人間としての威厳をギリギリ保てたと思う。
デンマーク政府の対応は「自助、共助、公助(実質なし)」で一貫していた。とにかく金がモノを言うんですね。テロリストも金、金、金、、、。人質ビジネス。超絶卑怯だけどビジネスのルールには則っていた。
欲を言えば、主人公がどんな風にPTSDを克服し、経済的にも立ち直って行けたのかも知りたかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kumiko21

5.0実話ゆえの凄惨さ。身につまされる、日々の尊さ。

2021年3月30日
PCから投稿

泣ける

悲しい

怖い

【賛否両論チェック】
賛:凄惨な中で、なんとか日々を生き延びていた主人公の姿や、そんな彼を何としてでも助けようとする家族の姿が、観ていて胸を打つ。毎日を無事に過ごせるありがたさも、身に染みるよう。
否:拷問シーンや殺害シーンが多いので、思わず目を背けたくなってしまいそう。

 何の前触れもなく突然連れ去られ、劣悪な環境下での監禁と拷問という、終わりの見えない恐怖へとさらされる主人公・ダニエル。実話を基にしているからこそ、そのあまりの凄惨さに、思わず目を背けたくなってしまいます。
 また、そんな日々に何度も自暴自棄になりながらも、同じように監禁された人々との交流を通して、なんとか1日1日を生き延びていくダニエルの姿も印象的です。共に監禁されることになるアメリカ人・ジェームズが告げる、
「奴らの憎悪に負けたくないんだ・・・」
という言葉が、すごく心に残りました。
 それと同時に、今自分自身が平穏無事に毎日を過ごせていることが、決して当たり前ではないということも、思わず身につまされるような気がします。
 そしてダニエルを救出するために、まさに奔走していた家族の様子も、観ていて胸を打ちます。政府の協力が得られない中でも、なんとか生還させたいと願う姿に、家族であるからこその愛情を感じました。
 決して軽い気持ちでは観られない内容ですが、命の尊さを痛感させてくれる、そんな作品です。是非ご覧になってみて下さい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
門倉カド(映画コーディネーター)

4.0幸運な人質。そして生き残った者が背負う重責。

2021年3月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

怖い

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
レプリカント

2.0感動的な話にするのはどうか?って思いますよ

2021年3月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

うん、ISひどいですよね、非人道的ですよね。ってことを再認識、再確認した作品でした。
以上・・・です。本当にそれ以外の感想を持てませんでした。残念ながら。
非戦闘員を人質にして身代金を要求。ニュースで流れてましたからね、たくさん。
日本の方も犠牲になってましたし。その事実を知っただけ・・・って感じです。

本作はダニエルさんの経験をベースで、脚色(感動ポイント・・・なのかな?)ありのストーリー。
たしかに、たーしかに、非武装の人をさらって身代金要求、さらには簡単に殺すなんか許されるものじゃないです。決して。

ただですね・・・僕自身どうしても納得できないのが・・・共感できないのが・・・
「危険なところには近寄っちゃだめでしょ?」ってことです。
ずーーーっと、これが頭の中でちらついてしまって、この救出劇全部が
「お前がいかなきゃよかったんだよ!」って目で見てしまうのです。

どんなに準備しても何がどーなるか?はわからないのが危険地域だと思います。
多分、ダニエルさんが渡航したタイミングでもシリアは危険となってたのではないでしょうか?
にもかかわらず、行ったんですから、どんなことが起きたとしてもそれ相応の覚悟があったのではないでしょうか?

僕は背景や動機をもっと濃密に描かないとならないって思いました。
も、デンマークがテロと交渉しないに至った経緯、背景や当時あったであろう渡航制限の事実を伝えてほしいと、描いて欲しいと。

どんな情勢で、もっとジャーナリズムな使命を感じ命懸けで報道した方々がいらっしゃると思います。その方々の存在こそ描かれるべきで、ダニエルさんの気軽な動機と対比させることで、危険地域への安易な渡航を制御できるのではないでしょうか!

おなじく、ダニエルさんなぜはシリアを選んだのか?葛藤やら、意思めいたものなかったのかな?
なんか。流れで選んだ道みたい。風景写真うまいから、、、とか。すごく軽く見える。
本作のメインテーマはなんだったのでしょうか?
救出エンタメ感が強すぎて、僕は楽しめませんでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
バリカタ

5.0平和

U-3153さん
2021年3月11日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
U-3153

4.0チェスと人狼ゲーム

kossyさん
2021年3月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 タイトルがすでに主人公ダニエルが生きて帰れることを示しているので、それほど期待はしていなかった。「テロには屈しない」といった言葉の重みや政府の決断、国によってかなり差があるのだろうけど、デンマークは日本の立場とほぼ同じで、交渉は一切せず身代金は払わないという。そして悲しみに暮れる家族はネットで募金を集めることを思いついたのだが、政府は救出名義の公募も許さない態度。秘密のうちに募金活動を進めなくてはならないのだった。

 拷問や粗末な食事での監禁。挙句の果ては「ロバになれ」という。同じく捕らわれた各国の人質も徐々に帰宅を許され、中には処刑される者もいた。ただ、あまりにも残酷な描写はなく、家族愛がメインとなっていく。

 獄中と本国の家族の映像、そして交渉人アートゥアと居所のわからなかった米国のジェームズ・フォーリーを交互に描き、表には出てこなかったISの監禁模様が伝えられる。ただ、中盤はかなりだれてきて、眠気も感じてしまいました。母親の同級生の夫という人物に資金援助を頼んでいるシーンから徐々にクライマックスへ・・・眠気も吹っ飛ぶほど感動的瞬間が待っていたのです。

 身代金に達したときの喜びや家族との再会。そして記憶力が問われる家族への遺言など、涙ぼろぼろ・・・どうして過激派はそこまでするのかと腹が立ってきた。過激派に資金援助する国もあっただろうし、欧米の攻撃など、他にも悪者がいるんちゃう?

 とにかくアートゥアがかっこいい!ハードボイルドとして彼を中心に描くのもいいかもしれない。そして、眼鏡を渡されたとき、そういやずっと裸眼だったんだよね・・・と思い出した。一瞬、ビートルズが嫌いになりそうにも・・・

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 6 件)
kossy

4.0テロリストに屈したことになるのか・・・・

2021年3月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

イスラム圏で起きている人質ビジネス?
捕らえられた人を開放するために身代金を支払いうのはどう言う事なのか?
助けたいのは当たり前、
しかし、これが彼らを助長させるのは事実
次の被害者を産んでしまう
実話をベースにした映画でこれだけ緊張感に包まれて観たのは初めてだと思う
映画として素晴らしかったが、時間の経過が上手く描かれていないので減点
季節感も無く、398日に関する情報が不足している・・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シネパラ

4.0“交渉”を公にできない苦しみ

Imperatorさん
2021年3月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ノンフィクション系で、「観ての通り」という作品であった。

(このような“武装勢力による拉致”では全然ないのだが、)とあるアフリカの国で、車に乗せられて見知らぬ地に連れて行かれて、金銭を要求された経験のある自分としては、主人公の行動は意外なところがあった。
それは、いったん逃亡に成功した時に、地元の人間を容易に信用してしまったシーンである。
自分は逃げた後、地元の人間を見ても、誰も彼も敵に見えて信用できず、絶望的になったのを思い出す。(たまたまヨーロッパ人が通りかかったので、助かったが。)

また、人質の国籍だけでこんなにも状況が変わってしまうのか、と驚いた。
総じて欧米人は、イスラム原理主義者には憎まれている印象があるが、本作ではデンマーク人とアメリカ人の間の差は、決定的だった。

その他、人質解放エージェントの実態や、“交渉”を公にできない理由と苦しみなど、ニュース報道では分からないことが盛りだくさんで、いろいろと勉強になる作品である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Imperator

3.0テーマはいいのだろうが、、、、、、

ドビーさん
2021年3月2日
PCから投稿

そもそも、やることが見つからない平和な国の若者が紛争地帯の現実を伝えたいから写真を撮りにいくという入り口から怒りを覚える。

誰かがやらないといけないから

覚悟がいるのでは??

覚悟はあったのか??

ああなるであろうことはわかっていたはずだろう。

しかし、見ていくにつれて苦しさの中に、絶対的な惨劇の中に同情とでもいうのか不思議と怒りでは無く助けたいと思えたからよかった。

救出交渉人の「無知な若者」
経営者の「会社としての立場」
苦しみ続けた家族

自己責任論あってもいいだろうと思ってしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ドビー

4.0国が違えど

2021年3月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

日本で被害にあわれた方も、このような状況だったのか?と想像しながら鑑賞。
近眼のダニエル自身が見ていると思わせる描写のシーンは、臨場感がより高まった。私は近眼なので、近眼の方にはよーく伝わったかと。
緊張しっぱなしではなく、バランスがとれているので、集中力が途切れる事が無かった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ちーきー

4.0見てられなかった

H1DE!さん
2021年3月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

ずーっと息がつまる思いでした

「ダニエルは私の弟」って
姉の勇気ある行動に
感度した

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
H1DE!

4.0平和であることに麻痺せぬ様に

lynx09bさん
2021年3月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

素晴らしい。
このての映画は大概好きだし素晴らしかったりするのだけれど、誰でも視られる様なレーティングで作られているのに、胃袋を掴まれる様な息苦しさや、知覚出来る程の痛みを伴っている。見事な教科書的映画とでも言う感じだろうか(安っぽいけども)。
確かに、主人公は若さと青さで無用心だったのかも知れないけれど、コーディネートはキチンとしたのだろうし、多くの報道関係者もそうだったのだろう。そして戦争もなくならない。
哀しいけれどこれが現実なのよね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
lynx09b

3.5テロには屈指ない

Miya-nさん
2021年2月28日
iPhoneアプリから投稿

と言うのは簡単だけど、家族の命を守りたい。

XXクローネとメッセージで心が洗われた。
観てよかった〜^_^

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Miya-n

4.0秀作だと思います

2021年2月28日
スマートフォンから投稿

泣ける

怖い

それだけに、上映する映画館が少ないのが残念です。内容はタイトルが示していますが、予想以上に感銘を挙げる作ではないかと思いますので、ご覧になれる地域にお住まいなら、是非にとおすすめします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
鳩ぽっぽ

3.0一番辛いのは

ちゆうさん
2021年2月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

怖い

捕まった本人が辛い目にあうのは当たり前だが、一番辛いのはその家族じゃないかなと思う。助けたいのにお金がない、お金がないという理由だけで見殺しにしてしまったらこれから先、その家族は一生大きな心の傷を抱えて生きることになる。見殺しにしてしまった自分を責め続けることになるのだ。これはかなり辛いこと・・
本件のようなケースはレアなのだから、報道写真家と呼ばれる方は自助努力を尽くして欲しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちゆう

4.0実話というのが恐ろしい

2021年2月27日
iPhoneアプリから投稿

純粋に、こんなことが同じ世界で起こっているということが恐ろしく感じた。
人間がこんなにも雑に扱われる。それを知りながら、動けない政府。難しいところもあると思うが、色々と奮闘する家族が、すごくたくましい。
平和ボケしている日本人に、見てほしい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
19歳学生

4.0家族の心の叫びが重い

2021年2月24日
PCから投稿

見応えのある作品でした。
若いカメラマンが、ISの人質ビジネス連中によって拉致されてからの拷問と監禁の様子を、リアル寄りに再現。
ノンフィクション「ISの人質 13カ月の拘束、そして生還 」あたりをベースにしているっぽかったです。

一番心が痛かったのは、本人よりも家族の描写。
デンマークは国家として、身代金に関しては交渉すらせず、一切払わない方針。
なので、家族が個人として家を抵当に入れた借金と、募金でどうにか集めようと必死になる様が、胸が掻きむしられるようにつらかった。

日本も以前、後藤さんってジャーナリストがISに拉致されて、当時の日本の首相が自己責任論をベースに「ISは敵だ」と世情を煽ったんで、IS側は侮辱されたと受け取って引き金引いちゃったよなぁ……
イスラム過激派って、ああいう考え方をするんだというあたりについて理解を深める一助にもなりました。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
コージィ日本犬
「ある人質 生還までの398日」の作品トップへ