スカイライン 逆襲

劇場公開日

スカイライン 逆襲

解説

地球人を“収穫”するため襲来した宇宙人との戦いを描いたSFアクション「スカイライン 征服」「スカイライン 奪還」に続くシリーズ3作目。15年前に地球を襲ったエイリアン「ハーベスター(=収穫者)」の目的は、人類を資源として利用することだった。捕らえられた人々は脳を「パイロット」と呼ばれるサイボーグに移植され、奴隷として使われた。ハーベスターの宇宙船が放つ青い光の影響で特殊なDNAを持つことになったローズは、抵抗軍を結成してハーベスターと戦い、彼らを一度は撃退する。しかし、5年後、ハーベスターは反撃の準備を着々と進め、地球に残った30億ものパイロットを再び操ろうとしていた。その計画を阻止するため、ローズは精鋭部隊とともに敵の拠点に向かうが……。主人公ローズ役は人気ドラマ「The 100 ハンドレッド」のリンゼイ・モーガン。「ザ・レイド」シリーズで知られるインドネシアのアクション俳優ヤヤン・ルヒアンも前作から続投。「スカイライン 征服」で製作・脚本、「スカイライン 奪還」では監督・脚本を務めたリアム・オドネルが再びメガホンをとった。

2020年製作/110分/G/イギリス・スペイン・リトアニア合作
原題:Skylin3s
配給:ハピネット、REGENTS

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2020 MPP-Cobalt Limited. All rights reserved.

映画レビュー

3.5監督の本気がズレてる気がすることも含めて愛らしい。

村山章さん
2021年2月28日
PCから投稿

だいたい30分おきに番組が変わるみたいな分裂症的な怪作だった二作目が大好きな者としては、今回はもっとオーソドックスなB級SFになっていて、物足りないという気持ちはある。しかし、一作目meets『ザ・レイド』だった二作目と同じことはせず、もっと大風呂敷を広げたいという野心はしかと伝わってくるので、つい笑顔になって観てしまう。

エイリアンは格闘技で倒せるという「超コワすぎ」シリーズがコックリさんを素手で殴りにいったような痛快さは今回も踏襲されていて、リアリティラインのユルさと、キャラの本気の熱量と、最後はNGシーンで〆るお気楽感が正三角形を成しているこのバランスは、本シリーズならではの得難い特徴になっていると思うので、どうか懲りずにまだまだ続けてほしい。

リアム・オドネル自身は脚本家としても監督としても成長したと胸を張っていたが、それについては賛同はしかねる。むしろ成長しなくていいから、無茶を突き詰めてほしいシリーズだと思っています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
村山章

2.0スカイライン3部作を通しで観ましたが、本作は本当に残念です。2作目...

haraoさん
2022年6月13日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
harao

3.0シリーズ

REpowerさん
2022年6月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

興奮

の中では一番ましかなと思う。

いつも思うけど、このような二流映画は一流映画と同じように、ギャグを盛り込まなくてよい。

ギャグを入れる余裕あるなら、もっと作品のクオリティを上げる方向に持っていって欲しい。

後半からラストにかけて、エイリアン2とバイオハザードが(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
REpower

1.0ふんだんなCGと格闘戦が見せ場なのは半ばお約束

odeonzaさん
2022年6月1日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza
すべての映画レビューを見る(全41件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「スカイライン」シリーズ関連作品