メカニカル・テレパシー

劇場公開日

  • 予告編を見る
メカニカル・テレパシー
メカニカル・テレパシー

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大阪拠点に映像制作者の人材発掘を行っているシネアスト・オーガニゼーション大阪(CO2)の第13回助成作品として制作された作品で、これが長編初監督作となる映画美学校出身の五十嵐皓子監督が手がけた。「もしも心を可視化できたら?」ということに着想し、SF的要素と恋愛感情を掛け合わせて描いた異色の恋愛映画。「心を可視化する機械」の開発が行われていた大学の研究室で、実験中の事故により開発者の三島草一が意識不明になってしまう。共同研究者で妻の碧は開発を続け、眠ったまま目覚めない夫の心の可視化を試みていた。成果の出ない開発を疎ましく思う大学側から、機械の調査という名目で送り込まれた真崎トオルは、可視化された草一の姿を目の当たりにするが、その草一は本当に彼自身の本心なのか、あるいは碧の願望が可視化されたものなのか、確信が持てない。徐々に碧にひかれていく真崎は、やがて本当に重要なことは何かということに気づいていく。

2018年製作/78分/日本
配給:アルミード

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
脚本
五十嵐皓子
撮影
中瀬慧
照明
加藤大輝
録音
川崎彰人
美術
松本真太朗
衣装
蔭木いづみ
ヘアメイク
榎本愛子
VFX
守屋雄介
音響
川口陽一
編集
和泉陽光
五十嵐皓子
音楽
宇波拓
助監督
吉原裕幸
制作担当
清水美和
根本克也
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く

他のユーザーは「メカニカル・テレパシー」以外にこんな作品をCheck-inしています。