劇場公開日 2020年9月26日

「人から人へ。思いが受け継がれていく過程に心震える思いがした」イサドラの子どもたち 牛津厚信さんの映画レビュー(感想・評価)

3.52
17%
49%
17%
17%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0人から人へ。思いが受け継がれていく過程に心震える思いがした

2020年9月27日
PCから投稿

ダンスに全く詳しくない自分ではあるけれど、なぜか「イサドラ」の名が目に止まった。作品資料を紐解くとイサドラ・ダンカンのことだという。それが「ザ・ダンサー」という映画の後半に登場する才気あふれる女性なのだと思い至るまでに、そう時間はかからなかった。とはいえ、本作は伝記物ではない。かつてダンカンが亡き子供たちのことを思って踊った「母」という演目。この100年前のダンスと出会い、向き合う現代の女性たちの姿を描いた物語だ。セリフは少なく、カメラは女性たちの表情や一挙手一投足を穏やかな感度で映し続ける。奏でられる透明感あふれる映像と時間は、いつしか観る者にとっての静かな陶酔へと変わっていく。ダンカンの残した思いを誰かが受け取り、それらを大切に紐解きながらまた誰かに伝えていく「連鎖」のようなものを感じずにいられなかった。日常からダンスは生まれ、そしてまた日常へ帰っていく。その過程に心震える思いがした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
牛津厚信
「イサドラの子どもたち」のレビューを書く 「イサドラの子どもたち」のレビュー一覧へ(全2件)
「イサドラの子どもたち」の作品トップへ