劇場公開日 2020年7月3日

  • 予告編を見る

ザ・クーリエのレビュー・感想・評価

3.04
13%
37%
25%
25%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全4件を表示

4.0全然年とらないオルガ(^-^)

2021年1月8日
スマートフォンから投稿

楽しい

オルガ・キュリレンコを観ている分には問題ありませんが、もうちょっと見せ場が欲しかったかな(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
映画は生き甲斐

1.5キュリレンコ・アクションだけの淡白さ

2020年11月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

寝られる

犯罪組織のボスを有罪にする為、証人が裁判にてネット回線による証言をしようとするが、殺されそうに。
しかし、身元不明の女性に救われて・・・・

上記のあらすじが理解出来る所まで開始約20分。
よく分からない色々な行動を観せられ、事件が始まる。
不親切。

その後はオルガ・キュリレンコが証人を助けるアクションばかり。
展開が変われば良いのだが、大した変わり様無し。
アクションする場所はビルの中、大半が駐車場。
これもキツい。

ラストは馬鹿馬鹿しい終わり方。
ゲイリー・オールドマンもただの飾りでした😓

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
巫女雷男

3.5暇なら見ても損はない

2020年7月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 オルガ・キュリレンコはジェレミー・アイアンズと共演した「ある天文学者の恋文」での演技が最も輝いていたと思う。その後、脇役で出演した「スターリンの葬送狂騒曲」や「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」では、ロングドレスを纏った美しい女性としてスクリーンを飾り、演技としては十分によかったものの、いまひとつ女優としてのポテンシャルが存分に発揮されるまでには至っていないという消化不良の感があったが、本作品はどうだろうか。

 悪の組織と政治の癒着は昔から続いているというのが一般の認識だと思う。特に警察は悪の組織との距離が近い。役所広司主演の「孤狼の血」では、警察官は暴力団組員と顔馴染みだし、情報をやり取りし、ときには金もやり取りする。印象的な台詞は「警察じゃけぇ、何をしてもええんじゃ」である。

日本の警察官の職務倫理規定は次の通りである。
一 誇りと使命感を持って、国家と国民に奉仕すること。
二 人権を尊重し、公正かつ親切に職務を執行すること。
三 規律を厳正に保持し、相互の連帯を強めること。
四 人格を磨き、能力を高め、自己の充実に努めること。
五 清廉にして、堅実な生活態度を保持すること。

 この五箇条をきちんと守っている警察官がいたら頭が下がるが、警察官も人間だからなかなかそうはいかない。それに警察の上部組織は官僚なので、組織防衛が何よりも優先される。検挙率が低いという批判は組織を傷つけるものであるから、兎に角事件が発生したら犯人を検挙する。犯人として条件が揃っていれば誰でもいい。本当に犯人かどうかなんてどうでもいいのだ。検挙率を上げるためだけに冤罪で刑に服した人は数多くいるだろう。女子高生が小銭欲しさにでっちあげる痴漢冤罪も、検挙すれば検挙率が上がるから警察は喜んで女子高生に協力する。女子高生に肩入れして有罪にする裁判所も同じ穴の狢だ。

 悪党と戦うオルガ・キュリレンコを見ながら、ついつい警察と司法の腐敗をどうやったら防止できるのかを考えてしまった。ストーリーはほとんどなくて、アクションを楽しむ映画だから別のことを考えながらでも鑑賞できる。あまり高評価できる作品ではないが、最後の最後にちょっとしたサプライズがあるのがいい。少なくともオルガ・キュリレンコのアクションは十分に堪能できた。暇なら見ても損はないと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
耶馬英彦

3.5次々続々アイテムget!

Bacchusさん
2020年7月4日
Androidアプリから投稿

興奮

犯罪組織の超大物の犯罪を目撃した証人の殺害計画に巻き込まれた「配達人」の話。

元特殊部隊の脱走兵にして裏社会の配達人が、証人殺害の犯人に仕立て上げられそうになり、証人を助けるストーリー。

何も出来ない証人を守りつつ、警察の内通者率いる殺し屋軍団とあの手この手で闘う主人公。

舞台は立体駐車場の中のみだけど、バイクに車にドローンに銃に格闘に、と見所満載。
やっぱりみせるぜキュリレンコ!
結構シリアスな流れなのに、唐突に笑いを突っ込まれた時は、一瞬何が起きたか判らなかったけどねw

最後もコッテコテで判りやすいものの、万一気付かなかったら「何で?」となる流れから、急に爽やかになっちゃって、「えっ!?」とはなったけど、判りやすくて面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
Bacchus
「ザ・クーリエ」の作品トップへ