劇場公開日 2020年9月4日

  • 予告編を見る

海の上のピアニスト イタリア完全版のレビュー・感想・評価

4.227
56%
33%
8%
0%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全27件中、1~20件目を表示

4.5名作曲家への敬愛が重ねられた、表現者として生きることの尊さと業を描く珠玉作

2020年8月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

興奮

幸せ

170分中の45分、実に25%カットの国際版をそうとも知らず観たのは遠い昔。筋の細部も忘れてのイタリア完全版鑑賞となったが、何より1900とジャズ創始者とのピアノ対決の尋常ならざる見応えに心酔した。均衡を欠くほどの長尺をこのシークエンスに割いたのは、物語の山場の一つだからだけでなく、トルナトーレ監督が「ニュー・シネマ・パラダイス」以来組み、本作にも珠玉の音楽を提供したエンニオ・モリコーネへの敬愛を重ねたからだろう。

キリスト生誕を基準とする西暦の節目の年に生まれ、幼少時に一夜にしてピアノを習得、荒波に揺れる船内でピアノと踊る演奏、熱演後のピアノ弦で煙草の火をつけるなど、奇蹟の数々は1900の聖性を象徴する(俗世に降り立たず恋を追わないのも必然だ)。監督はさらに、人の思いや感情を作品に込める表現者の尊さと、求道者ゆえの業をも描き切った。モリコーネが没した夏に日本公開されるのも奇縁だろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
高森 郁哉

4.0海のゆりかごに揺られるように、ゆったりと味わい深い語り口が胸に迫る

2020年8月25日
PCから投稿

かつて主人公の名前「1900」にふさわしく、その年代の終わりの1999年に日本公開を迎えた本作。あれから20年以上も経ったなんて信じられないが、今回、4Kデジタル版とともに満を持して公開されるのは170分に及ぶイタリア完全版だ。なるほど、125分版ではやや駆け足に思えた語り口が、完全版では海のゆりかごに揺られるがごとく、ゆったり味わい深く展開していく。特に演奏シーンはたっぷりと拡充され、本作が音楽劇であったことをより印象付ける形となった。そんな贅沢な仕上がりに身を委ねながら、今回改めて、ティム・ロス演じる主人公のことが、心と体を持って生まれた「1900年代の精霊」のようにも思えた。そう考えると、誰に習わずとも天才的なピアノの才能を有していたこと、ずっとあの船の中に住み続けていたこと、彼を思うとき誰もがノスタルジックな想いを胸に去来させることもなんだか納得いくように思えるのは私だけだろうか。

コメントする
共感した! (共感した人 7 件)
牛津厚信

4.0エンニオ・モリコーネの名曲を劇場で優雅に味わい、心から追悼したい名作。この企画も「運命」?

2020年8月20日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

ジュゼッペ・トルナトーレ監督と作曲家エンニオ・モリコーネのコンビが生み出した有名な作品として1989年にアカデミー外国語映画賞を受賞した「ニュー・シネマ・パラダイス」があります。
きっとあのテーマ曲を一度も聞いたことのない人はいないでしょう。
そんな数々の名曲を生み出した作曲家エンニオ・モリコーネが先月の2020年7月6日に91歳でこの世を去りました。
このコンビが生み出した名作は「ニュー・シネマ・パラダイス」以外にもあって、まさに本作「海の上のピアニスト」もその一本なのです。
日本では1999年に劇場公開されていますが、当時は40分近くカットされたインターナショナル版での公開でした。そんな名作が20年といった期間の技術革新を経て「4Kデジタル修復版」として蘇りました。しかも9月には「イタリア完全版」(HDリマスター版)も劇場で見られるのです!

本作の主人公の“1900”は、類まれなる洞察力を持つなど、作品では「運命」という概念を通常とは違う解釈にしています。その視点に立つと、この日本公開は、作曲家エンニオ・モリコーネの追悼にも相応しく、まさに「運命」を感じる作品です。
一足早く「イタリア完全版」を見ましたが、上映時間は170分と長めですが、「当初のインターナショナル版ではどこを切ったのだろう?」と思えるほど、自然に優雅な時間を味わえました。
通常のメリハリのある作品とは違って大人な作品ですが、「対決」や「少女との出会い」など、見応えのあるシーンも意外とあります。
何より「洞察力という能力が大き過ぎると、人はどうなるのか」という、かなり深い考察をしている点も本作の見どころです。
万人向きの作品とも思いませんが、劇場の音響でゴールデングローブ賞の最優秀作曲賞を受賞した本作の美しい音楽に浸りながら、数々の名曲を生み出した作曲家エンニオ・モリコーネに想いを馳せてほしい作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
細野真宏

4.5美しくピアノの旋律!切ないラスト!

うさぎさん
2021年8月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

船で生まれ、生涯船で過ごした伝説の天才ピアニスト1900(ナインティーンハンドレッド)。彼が紡ぐピアノの演奏は、まさに彼の心の叫びであり、葛藤であった。

特に、彼が恋に落ちた瞬間にできた曲は、とても美しく、彼女のピュアな感じが曲に表現されていた。

とても切ないラスト。でも、マックスの作り話だったんではないのか?本当に実在した人物だったのか?と、想ってしまうのは、私だけだろうか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うさぎ

5.0永久保存版🙆‍♂️

2021年3月7日
iPhoneアプリから投稿

これぞ名作映画。重厚で壮大。観るものをじっくりと引き込んで行く。それ故、長さを感じさせない。これぞ芸術の域、素晴らしい。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
@Jankichi@

2.5印象は変わらず

2021年3月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

公開時、劇場で観て?だったが、今回3時間の完全版を観てやはり?だった。
大きな豪華客船で生まれて捨てられ、親を知らない男の子は船員たちに育てられる。
大きくなって(ティム・ロス)、ピアノの天賦を発揮するが、船を降りようとしない。
ピアノの名手とのピアノ合戦や美しい乗客との恋などを経て・・・。
人生は船の中だけで十分、というのはわからないでもない。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン

4.5【”海の声は、人生は壮大だと言っている・・。”豪華客船ヴァージニアン号の2000人の乗客を、類稀なるピアノで魅了し続けた男の物語】

NOBUさん
2021年3月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

知的

幸せ

■物語は、第二次世界大戦後、マックス(プルイット・テイラー・ヴィンス)が愛用していたトランペットを古楽器商店に売りに来るところから始まる。
 彼は、”トランペットをもう一度だけ吹かせてくれ”と店主に頼み、その曲を聴いた店主が古いLP盤を出してきて”これと、同じ曲じゃないか?”とマックスに話しかける・・。

■印象 <Caution! 内容に触れています>

 1.ヴァージニアン号の一等客船のグランドピアノの上に置かれた籠の中には、男の赤ちゃんが・・。周囲から愛された彼は、”ダニー・ブートマン・T・Dレモン 1900"と名付けられる。
  ー 船の中で働く人々の”1900”に対する温かい接し方。取り分け、育ての親のダニー・ブートマンの姿。-

 2.成長した、2000(ナインティーン・ハンドレッド)(ティム・ロス)が大しけで船酔いしたマックスと、床の上を滑るピアノを平気な顔で、巧みに演奏するシーン。
  - ”海とのダンス”を楽しむ2000の嬉しそうな顔。ー

 3.ジャズの発明者と名乗るジェリーと”ナインティーン・ハンドレッド”とのピアノ合戦のシーン。
  ・一曲目は、”ナインティーン・ハンドレッド”は”きよしこの夜”をゆっくりと弾き
  ・二曲目は、ジェリーの演奏した曲をそのまま弾き(これだけでも凄いのだが、観客からはブーイング)
  ・三曲目は、ジェリーが”ちびるなよ”と、捨て台詞を吐き、早弾き。”
  ナインティーン・ハンドレッド”は”覚悟しやがれ”と言い、火のついていない煙草をピアノに乗せ、更に即興の”4本腕”での早弾きを披露する。
  熱せられたピアノの弦で、煙草に火をつけ、ジェリーに加えさせる”ナインティーン・ハンドレッド”。
  - 特に印象的なシーンの一つである。-

 4.”ナインティーン・ハンドレッド”は、頼まれて初めてレコード録音をしている時に見た美しい女性に惹かれ・・・。
  そして、彼女に会いに初めて陸に下りるシーン。
  タラップを途中まで下りるが、”遠くを見つめ”被っていた帽子を投げ、再び船に戻る・・。
  - ”ナインティーン・ハンドレッド”は、遠くに何を見たのか・・。それはこの映画の再後半に、彼が自ら語る。-

 5.戦時中、”ナインティーン・ハンドレッド”の行方は知れず、豪華客船だったヴァージニアン号も朽ち果て、爆破されることになり・・。

<”ナインティーン・ハンドレッド”は、何故、船に居続けたのだろう。それは、きっと陸よりも船上の方が、彼に取って、全てが分かる安全地帯であったからであろう。
 陸では、第二次世界大戦が起こり(劇中では、直接は描かれない。)、人々が疲弊し、困窮していく中、海の上だけは、ヴァージニアン号の中だけは、彼に取っての安全で、心休まる場所であったからであろう。
 最後の、爆破のシーンは切ないが、”ナインティーン・ハンドレッド”の”遠くに何があるか見えない、分からない処では生きない・・という、彼の生き様”を示していると思う。
 ジュゼッペ・トルナトーレ監督は、そんな事が言いたかったのではないかな・・、と勝手に推測した作品。
 重厚で、見応えある作品である。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
NOBU

4.5観て幸せと感じました

リカさん
2021年3月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

全編に流れるピアノ曲。ジャズピアニストとの対決も圧巻でした。あの廃虚化した病院船にいた1900はどんな風体かと思ったら、パリッとしたピアニストの衣装を纏って直ぐにでも演奏しそうな雰囲気。最期のシーンでは正にエアーピアノ。この船のピアニストとしての誇り故の決断なのでしょうか。ストーリーと語りが待ち遠しく3時間があっという間でした。良い映画を観た幸せ感。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
リカ

4.5船上で世界旅行

2021年1月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
bluecinema

5.0最高の敬意を

2020年12月27日
iPhoneアプリから投稿

ただただ賞賛と拍手を。

彼の人生の素晴らしさも涙もなくては語れない。

素晴らしい作品でした。
名作は時代を超えても名作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
カチャトーレ

4.5人の欲望は海よりも果てしないのか〜

2020年11月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

知的

随分と以前に一度BSとかで観た程度で
あまりしっかり覚えていなかったので
この機会にイタリア完全版を鑑賞。

いや〜映画らしい映画をしっかり観た満足感たっぷり!!

ヨーロッパからアメリカへ向かう豪華客船の進む先、
霧の晴れ間から静かに姿を表す巨大な自由の女神!
甲板に溢れる貧しい移民たちの中で
いち早く自由の女神を見つけた男が叫ぶ!

アメリカだ!!

ああ、なんと映画的なオープニング!

嵐で大揺れの船内、広いダンスホールで揺れに合わせて

大きく弧を描いて廻って行くピアノの椅子に乗って

涼しい顔でピアノを弾き続ける主人公と楽団のラッパ吹き!

いかにも映画らしく
大スクリーンで
観るにふさわしいシーンの数々〜
いいなあ〜大きな映画って!!
それもそのはずで監督は
「ニュー・シネマ・パラダイス」の巨匠
ジュゼッペ・トルナトーレ!

そんなことも知らんと観てたのか〜〜い!と

突っ込まれる程度の中途半端な映画好きなのです(汗)

大きな豪華客船、
物としては大きいけど人が人生をおくるには
狭い空間でしかないのに、
船の中で生まれ、
一度も地上を踏んだことのない主人公には、
どこまでも広がる街の様子が
果てしない欲望の波に
思えてしまったのか〜

こういう深い人間ドラマを大掛かりなロケやセットで

しっかり描いた映画が少なくなりました。

今はCGでなんとでも表現できるけど
やはり、
ロケやセットを駆使した大きな映画って
観ていると背景の一つ一つから
物質としての存在感が
伝わってきて豊かな気持ちになります。

このコロナの影響で映画産業の打撃は大きく
もうこんな本物を使った人間ドラマは
観られないかもしれない。
公開から随分時間が経ってしまったけど

チャンスがあればぜひスクリーンで観てください。

「午前10時の映画祭」が来年復活するから

一週間でも良いのでまたやってくれないかな〜

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
星のナターシャ

4.0船で生まれ一度も下船しなかったピアニスト

りやのさん
2020年10月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

1999年に公開された作品は見た事なく、追加映像を入れたイタリア完全版を鑑賞。
ヨーロッパからアメリカへの豪華客船で1900年に生まれ、ピアノの上に置かれていた赤ちゃんが凄いピアニストになっていく話。
通常版ってどこをカットしたのだろう?って思うほど、無駄な映像が有るようには感じなかった。
主人公のピアニストとかつて一緒に演奏してた元トランペット奏者がトランペットを売りに行った楽器店の店主との会話が経緯を説明してる。
黒人のジャズピアニストと演奏対決するシーンは迫力あった。
なぜ最後まで船を降りなかったのか、本人が説明してるけど、陸に居る人とは違う感覚なんだろう。
ピアニストの腕が素晴らしいだけに、もったいないって思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
りやの

5.0思考実験としての「一人の人間の生涯」

2020年10月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

いやぁ、「イタリア完全版 」なんて言うし。しかも4日間限定?是が非でも見なくては!ってなるやないですか。なんか、やっぱり、芝居ががってるフランス・ファンタジー文学的なイタリア・アメリカ合作。たっぷりと堪能できて大満足です。

ステファノ・ベンニって言うフランスの作家が好きなんです。所謂、ホラ話。実体はファンタジーに近いです。「豪華客船で生まれ、誰に教わったでもないのにピアノの天才で、生涯一歩も陸に降れず、船と共に、その生涯を終えた男の話」。そんな生涯を送った男がいたとしたら。興味は湧かないですか?

もう、俺の中では完全にホラ話。現実離れしてます。現実には起こりえない物語に聞こえます。そのホラを実体・実像化すると、こうなるねんでぇ!的な。

非現実に超人化されてたり、浮世離れしてたり、儚かったり、ストイックだったり。ピアニスト1900は、俺の中では、やっぱりファンタジー的存在。20世紀の一年前と言う名前は遠くて近い「失われた過去の記録」を象徴してるんじゃないかと思うんですよね。今のご時世、「伝説」には立錐の余地も無いくらいに現実主義化してるから。都市伝説に、人が惹かれるのは、人はリアリティや合理化だけを求めて生きてないから、って事かねぇ、なんて事を思いました。

良かった。とっても。

まだ10代だったはずのメラニー・ティエリーの瞳の美しさに、完落ちしました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
bloodtrail

4.5映画っていいなぁ、至福のひととき

2020年10月1日
iPhoneアプリから投稿

タイトルそのまま、映画っていいなぁと思わせてくれる作品。

時代背景や人物群など、どれひとつ自分の人生と重なり合うものはないはずなのに、丁寧に描かれてるからこそノスタルジアを誘う、こういうのに弱いのです。

カズオイシグロの長編に浸ってる感覚に近い。

心に残ったフレーズ
「終わりのある、88鍵という限られた世界に生きたい」

程よく笑わせてくれて、程よくフィクションを楽しませてくれ、そしてジーンとさせてくれる、至福のひとときでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
donmai_honamata

4.0完全版3時間あっという間でした

IZNさん
2020年9月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
IZN

4.5映画の醍醐味

hkr21さん
2020年9月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
hkr21

4.5全シーン美しい。

YKさん
2020年9月20日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
YK

5.0あぁ…映画だ! 至福❤️

2020年9月13日
iPhoneアプリから投稿

初見。40分ブラスの完全版とのこと。だるだるするかな…と心配でしたが、これが初見で幸せでした!

どこがどう増えたのか全然わかりませんが、これ削るところないじゃないですか!? すべてのエピソードがあますところなく簡潔で完成されていて、語りすぎず語らなさ過ぎず、冒頭から最後まで練りに練られたストーリー構成。芝居がかり過ぎ感はままあれど、どこかおとぎ話にしたいという演出なんですよね。1900はまさにおとぎの国の人。

タラップで立ち止まるシーン、何故かトゥルーマンショーの出て行くシーンと重なりました。逆なんですけどねw

幸せになれました。キレイな宝石のような作品…なんて批評の定常文があるけれど、ホントにそういうのあるのねぇと感心しきりです。

ドラマじゃなくて、舞台じゃなくて、映画だからこそのコレである。なんていうか…映画カッコイイ👊👊👊

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ジャム太

4.0感慨深い作品

2020年9月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

 船はどんなに大きくてもその範囲は限られている。陸地での生活に比べると船での生活は狭い世界のように思える。主人公1900は生まれてから死ぬまで一度も船を降りることがなかったという作品紹介の通り、人生のすべての時間を船上で過ごした訳だが、作品の世界観は決して小さくない。船とそこで仕事をする人々、旅をする人々のすべてと世界との関わりまで広がっている。リバティ島を見て「アメリカ!」と叫ぶシーンは、三等客室の苦しい旅をする人々の解放された喜び、目的地に到着した喜びが爆発するようだった。
 船には乗船し合わせた数千の人々が運命共同体として目的地に運ばれる。凪があり嵐がある。事故も起きる。人間関係は単純だが深い。そこには多くの人生が生々しく存在し、主人公はそのすべてを受け止める。
 殆どが船の中のシーンだが、少しも退屈することはない。トランペット奏者の思い出話で語られる形式もいいし、主人公の人生に感動して話を真摯に聞く人たちの態度にも感銘を受けた。
 音楽家は人生を奏でる。奏でられた音楽は聴く人々に響き、その人生を勇気づける。音楽は主人公の人生そのものであった。偶然と必然。人はこのように生命を燃やすものなのかと改めて思わされる感慨深い作品であった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
耶馬英彦

4.0長くは感じない

883HTさん
2020年9月13日
iPhoneアプリから投稿

通常版から40分の長いとはあまり思わなく見れます。私的にはもっと年代的段階で描いて欲しかった。謎の部分は謎のままですが良い作品だと私は思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
883HT
「海の上のピアニスト イタリア完全版」の作品トップへ