劇場公開日 2020年11月20日

  • 予告編を見る

滑走路のレビュー・感想・評価

3.663
29%
46%
18%
3%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全63件中、1~20件目を表示

4.52020年の社会を捉えた素晴らしい作品

2020年11月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

コロナウイルス感染拡大による経済不安の中、自殺者が急増したというニュースが報じられている。社会の貧しさは弱い人の生活を蝕み、そうした人々は声を上げることもないままにいなくなってしまう。萩原慎一郎の残した歌は、そんな声を届けられなかった人たちの声を代弁していた。
非正規雇用者の自殺、無茶な要求につぶされそうになる若手官僚、中学生のいじめ、夫との関係と将来のキャリアに不安を抱える女性。どの物語も現代社会にはあふれている。それらが別々に紡がれ、最終的には一つの物語として集約されていく。現代社会の抱える諸問題は、根っこの部分で深くつながっているのだということを説得力ある構成で描き出している。ひとつの事象の善と悪を見つめるのではなく、背後にある構造的な問題に触れようとしているのが本作の素晴らしさ。2020年に本作が公開されたのは、偶然とは思えないほどに今を捉えている作品だ。
厚労省の若手官僚を演じる浅香航大が素晴らしい。状況と感情に引き裂かれた苦悩を見事に体現していた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
杉本穂高

4.0歌詠みに死を選ばせた理不尽を赦しの映画に仕立てた功罪

2020年11月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

いじめ被害、非正規雇用といった体験を短歌に詠み、初の歌集の出版を前に世を去った萩原慎一郎。その歌集を映画化する企画のコンペで、大庭功睦監督の案が採用され、桑村さや香の脚本でドラマタイズしたのが本作だ。

上司からのパワハラに苦しみながらも、資料で目にした自殺者を調べ始める厚労省の若手官僚。優柔不断な夫に違和感を募らせる切り絵作家。幼馴染を助けたためいじめの標的になった中学生男子。映画は三者のパートを並行して描き、一見群像劇のように進行するが、後半で関係性を明かす構成が鮮やか(ミステリの謎解きのよう)。逆境に苦しみつつ生きる望みを短歌に託した萩原の遺志を継ぐように、希望を伝えるヒューマンドラマに昇華させた。

赦しと癒し、ミステリ味まで添えた娯楽作に仕立てたのは、商業映画として間口を広げる良策ではある。だがいじめ、格差など世の理不尽に真正面から向き合うのを避けるようで、やるせなさも残る。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 5 件)
高森 郁哉

2.5自殺…

ケイさん
2021年12月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 7 件)
ケイ

3.5時間軸の使い方が絶妙

ニョロさん
2021年12月5日
iPhoneアプリから投稿

心に染みるストーリーだった。
3人の一見、別々の登場人物の日常を丁寧に描き、悩みは今の時代に多くの人が抱えていると思われる事。苦しみながら前に進んでいく。
それぞれのストーリーは時間軸を入れ替えて描かれていく中で徐々に重なりあって、見ている側があーそうなんだなぁと知る頃にはなんとも切ない気持ちになっていた。
最後は前を向いて歩き始めるところも救われた。
少ししか出ないが、坂井真紀の演技がこの映画に深みを添えたと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ニョロ

3.0話しが深いのはわかる ただ、俺はバカだから話しを理解できなかった

だやんさん
2021年10月21日
iPhoneアプリから投稿

話しが深いのはわかる

ただ、俺はバカだから話しを理解できなかった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
だやん

4.0前を向く人生

tunaさん
2021年8月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

前を向いて生きる重い人生の物語。夫婦の生活と中学生の生活が繋がった時、作品の想いが刺さりました。
自分を振り返りました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
tuna

4.5 普通、分析の寝椅子は背後に医者がくるものだし、あんなふうに手を合...

えみりさん
2021年8月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

 普通、分析の寝椅子は背後に医者がくるものだし、あんなふうに手を合わせたりしない。泣いてもいいんですよとか言わない。監督の決定的無知。
 カップルの青春と恋は本当に美しくて爽やかで、俳優もいい。特に男の子。
 なんで死んだのか結局わからない。お母さんも良かったのに。
 浅香はうまかった。難しい役だった。
 勇斗とか、夫とか、屈折しすぎてて、あまり興味なかった。あの二人と比べて。
 切り絵の意味は当然、あの事件にあるだろう。
 ちょい役の染谷くんはさすが。
 水川もなかなか良かった。
 厚労省は最低でリアリティあり。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
えみり

0.5こんなにつまらない邦画を観たのは初めてだ

2021年8月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

寝られる

原作未読
萩原朔太郎は知っているが萩原慎一郎は全く知らない

『マチネの終わりに』『ヒキタさん、ご懐妊ですよ』で助監督だった大庭功睦がこの作品の監督を務めた
2作品はそこそこ良かったのだが

桑村さや香脚本作品を観るのはこれが初めて

自殺を自死に言い換えようという言葉狩りのような流れは大嫌いだ
配慮しすぎて人間全体が弱くなる
どうしても配慮するなら俺にも少しは配慮しろ

いかにもミニシアター系
夫婦関係に悩む切り絵画家翠役に水川あさみ
虐められっ子を助けたために虐められる男子中学生役に寄川歌太
非正規雇用の自殺について取り組む厚生労働省の若手官僚役に浅香航大

群像劇は基本的に嫌いだ
時系列が行ったり来たりする作品は苦手だ
ただただ暗い3種類の話が交代交代で淡々と流れていく
笑える要素は微塵もない
それでいてとても不親切だ
お約束として完全にバラバラな話ではなく繋がりが出てくるのだが
自分が好きな映画に求めるものとは全く違う最悪の代物
どのサイトのレビューも全体的に評価は高いが残念ながらそれらのほとんどは共感できない
ドMなのかサヨクなのか僕にはよくわかない
だからこそ自分は自分のために映画comにレビューを書くのだろう
好きな役者たちの芝居ではとてもカバーできないほど退屈な作品だった
人間ならそうあるべきなはずだがどういうわけか涙は出ないし感動すらしなかった

仙台でも上映していたので映画館で観ようと思ったがあっという間に公開時期が終わってしまった
いま思うと1400円も払って観なくて良かった
『滑走路』のレンタルDVDは少なくとも地元のTSUTAYAではおすすめの作品だった

苦痛に耐えつつラストのクライマックスやオチに期待したのだが最後の最後まで自分の好みからかけ離れていた
ストレスを抱えてさらにストレスを抱え込む意味はあるのだろうか

撮影中の地震はたまたまかな
このままいっちゃえいっちゃえって
まさかね

せめて劇中でトランスアジア航空235便みたいに飛行機が墜落すれば良いのになどと不謹慎な思いまで込み上げてきた

くだらないコメディーより何度も欠伸が出る「社会派」が高く評価される世の中は病的で息苦しく甚だ悲しい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄

3.5中学2年から現在まで

2021年8月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

中学2年、友人がいじめにあい、助けるが今度は自分がターゲットに。
厚生官僚が非正規雇用者の自殺を調べる。
切り絵作家として注目され始めた主婦は、美術教師の夫に違和感を覚える。
ラストは賛否両論かな。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5まぁまぁ🙎‍♂️

2021年8月12日
iPhoneアプリから投稿

面白いと思う。安易にアイドルを起用することもなく、丁寧に仕上げられているのが良い。萩原慎一郎の生涯を考えると胸が締め付けられる。過去のイジメにより小山田圭吾がオリンピックの楽曲担当を外れたが、イジメは傷害罪であり、加害者はその罪をずっと背負っていかなければならない。イジメられた被害者だけが、そのトラウマを背負うのは不公平だと思う。イジメのない世界になることを願う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
@Jankichi@

3.0あなたの子供だからおろしたの

shimoさん
2021年7月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
shimo

2.5群像劇の見事な重なり合い。生きる苦悩と、一縷の希望。

2021年1月31日
PCから投稿

悲しい

知的

難しい

【賛否両論チェック】
賛:群像劇の見事なリンクを通して、生きていく大変さや、その中で垣間見えるわずかな希望を感じさせてくれるよう。
否:過激なラブシーンや、暴力によるいじめのシーンがあるので、苦手な人には向かない。

 本作で圧巻なのは、群像劇同士の見事な重なり合いです。あまり言うとネタバレになってしまうので、詳しくは是非実際にご覧になっていただきたいのですが、生きていくことの大変さは勿論、それでも生きていかなければならないことの大変さと、その中で見える一縷の光を感じさせるような、そんな展開になっています。
 そして人間はみんな、人それぞれ決して小さくない傷を抱えながら、それでもその傷と向き合って生きているんだということも、改めて教えられるような気がします。
 ラブシーンや、目を背けたくなるようないじめのシーンがあるので、軽い気持ちでは観られないような内容ではありますが、世知辛い今の世の中を必死で生きる全ての人に、ご覧になっていただきたい作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
門倉カド(映画コーディネーター)

4.0アンビバレントな印象を爽やかに残す

2021年1月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
マガラン

4.0あとほんの少しのところで救われたかもしれないもどかしさ

知徳さん
2021年1月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
知徳

5.0鑑賞する前に萩原さんの歌集を是非一読してみてください

たわしさん
2020年12月30日
Androidアプリから投稿

読んでなくてならないというわけではないですが、物語の殆どに歌集滑走路の歌を元にした風景や場面が出てきます、恐らく全く一緒というわけではないでしょうが萩原さんがどのような風景や場面を思い起こし歌よんだのか
そう考えながら映画を観るとより一層物語に入り込めます

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
たわし

5.0いじめられた方は一生覚えてる、ってさっき般若さん言ってたよ

rinrinさん
2020年12月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

本日選んだ2作品、どちらもイジメが題材になってて
偶然でしたが、なんとも両極端な!!

こちらはそのトラウマが原因で悲しい結末を選んでしまう。

そのイジメがまた複雑に人の心が絡み合っていて、友達だった彼らの壊れてしまった心は·····

そして彼の拠り所になっていた彼女の話も。

優しい旦那さんに見えるけど、中身が無い。
才能溢れる彼女をそれも込みで愛せない旦那さん。
尊敬はしてるけど、愛ではない。のが分かったんだね。

子供に罪はない。

子供が出来たら、彼がより辛くなるから
あんな嘘付いたのかな?

あんなに心が弱い状態で父親にはなって欲しくない。
親になるにはお金より強い心が必要。

彼のお母さんの言葉が沁みてきます。
「あなたは生きて結婚して生まれてきた自分の子供を命懸けで守りなさい」
「忘れていいのよ」なんて言われるより素晴らしい叱咤。
生きる希望、目標が出来てホント救われた。

やはり母は強し!

体力では男性に勝てないけど
心の強さだけは男性に勝ちたいと思ってます。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 11 件)
rinrin

1.5滑走路を上滑り

猪古都さん
2020年12月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

難しい

幸せ

現代軸と過去軸、複数の人物の視点で描かれる。ただそれぞれの話が若干ねじれの位置ぽく分かりずらいし、視聴側の共感所が散漫に。結局何を見せたいのかわからない。

良い点
・作品を作ろうとする努力

悪い点
・壊れたまま放置されていた
・謎をいくつか残したまま終了
・あまり滑走路と関係ない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
猪古都

5.0良作

masaさん
2020年12月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

知的

天才歌人をモチーフに日本社会の闇にスポットを当てた映画だった。久し振りに良いものを見せていただいた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
masa

5.0心に刺さる

LNさん
2020年12月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

久し振りに良いと思える映画に出会えました。きっとこれからも萩原慎一郎さんの短歌が様々な人に影響を与えてゆくのだと思いました。エンドロール最後まで観てください。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
LN

5.0令和に残る逸材

まりあさん
2020年12月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

単純

いまの段階で3回見ました。主役の寄川歌太くんが、相当上手い。新聞記者のように、突然賞をもらう時に話題になるんじゃないかな。次回作も期待しています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
まりあ
「滑走路」の作品トップへ