劇場公開日 2020年11月20日

滑走路のレビュー・感想・評価

3.741
33%
42%
19%
3%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全41件中、1~20件目を表示

4.52020年の社会を捉えた素晴らしい作品

2020年11月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

コロナウイルス感染拡大による経済不安の中、自殺者が急増したというニュースが報じられている。社会の貧しさは弱い人の生活を蝕み、そうした人々は声を上げることもないままにいなくなってしまう。萩原慎一郎の残した歌は、そんな声を届けられなかった人たちの声を代弁していた。
非正規雇用者の自殺、無茶な要求につぶされそうになる若手官僚、中学生のいじめ、夫との関係と将来のキャリアに不安を抱える女性。どの物語も現代社会にはあふれている。それらが別々に紡がれ、最終的には一つの物語として集約されていく。現代社会の抱える諸問題は、根っこの部分で深くつながっているのだということを説得力ある構成で描き出している。ひとつの事象の善と悪を見つめるのではなく、背後にある構造的な問題に触れようとしているのが本作の素晴らしさ。2020年に本作が公開されたのは、偶然とは思えないほどに今を捉えている作品だ。
厚労省の若手官僚を演じる浅香航大が素晴らしい。状況と感情に引き裂かれた苦悩を見事に体現していた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
杉本穂高

4.0歌詠みに死を選ばせた理不尽を赦しの映画に仕立てた功罪

2020年11月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

いじめ被害、非正規雇用といった体験を短歌に詠み、初の歌集の出版を前に世を去った萩原慎一郎。その歌集を映画化する企画のコンペで、大庭功睦監督の案が採用され、桑村さや香の脚本でドラマタイズしたのが本作だ。

上司からのパワハラに苦しみながらも、資料で目にした自殺者を調べ始める厚労省の若手官僚。優柔不断な夫に違和感を募らせる切り絵作家。幼馴染を助けたためいじめの標的になった中学生男子。映画は三者のパートを並行して描き、一見群像劇のように進行するが、後半で関係性を明かす構成が鮮やか(ミステリの謎解きのよう)。逆境に苦しみつつ生きる望みを短歌に託した萩原の遺志を継ぐように、希望を伝えるヒューマンドラマに昇華させた。

赦しと癒し、ミステリ味まで添えた娯楽作に仕立てたのは、商業映画として間口を広げる良策ではある。だがいじめ、格差など世の理不尽に真正面から向き合うのを避けるようで、やるせなさも残る。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
高森 郁哉

4.5終始胸が苦しくなる

2020年12月5日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
dokidoki キムチ鍋

4.0綺麗な映像

2020年12月4日
iPhoneアプリから投稿

主人公の男の子がちょっと山Pに見えたのは私だけかなぁ、これからが楽しみ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミヤミヤミヤ

2.5時系が・・・

2020年12月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

中学生の翠と大人の翠は同一人物?
中学生の裕翔と官僚鷹野も同一人物?
自死したのは委員長?でいいんでしょうか?そこら辺りが解りにくいから「え~とこいつがあいつで・・・」と混乱。
重いテーマでややこしい、観ていて気が滅入ってしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あらじん

4.5若い人が希望の持てる社会になって欲しい

chikuhouさん
2020年12月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

世の中がうつむき加減になっているこの時期、若い人も今苦しんでいる人も、生きていくことのの辛さや、先行きに希望を見いだせなくなっている今、「このままじゃいけない」という思いを歌人の萩原さんは訴えたかったであろうに、その自らも自死される、それぐらい生き続けることはとても苦しいことです  私たちも苦しんでいる人に対して軽々に他人を励ましたり、見守っているような声かけをするけれども、なにかのはずみで弱さの方が大きくなって、展望の持てない人間に変わってしまう  子どものときの体験がその後の人生に大きな影響を残していくこと、こんな経験を誰しもがして、あるいは受けてきて今日の自分がある  最後に3人の話がようやくつながるのだけれど、互いの言葉や気持ちがずっと大人になっても引きずったり、励まされる糧になったり、重いけど若い人だけの話ではなく、私のようなリタイア直前の人間にも深く染入りました 子どもを失うことに対しての親目線というところもあるけれども、今の若い人たちが生き抜いていくこの社会が、希望の持てるものであって欲しいと願います
萩原さんという歌人は知りませんでしたが、「そこのみにて光り輝く」などの佐藤泰志さんも死後高い評価をされた方でありましたし、こうやって亡くなってから生前の思いに多くの方の共鳴を受ける、それもついこの間まで同じ時代を生きていた人の作品はとても尊いものです(12月3日 MOVIX京都 にて鑑賞)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
chikuhou

3.5貧困なる想像力によりつくられた映画?!

2020年12月3日
PCから投稿

原作者の歌人は武蔵中高で陰湿ないじめを受け三十二歳で自死したわけですから、いじめだけでなく後遺症で悩んだことなども、描かれるべき、だったのでしょう。

水川あさみのところは熱演ですが、この物語と関係ない(多分も想像だけのもの)もので、付け足す意味もないでしょう。

厚労省の役人のところは、良い視点だと思うのですが、いかんせん、実態とはほど遠い。

取り上げた視点は良いのですが、とても残念な出来上がりで、映画の品質としては低いのはとても悲しいことです。

でも、こんな内容が全国に配給できるのですから、日本映画もまだまだ捨てたものではない、そう、思いたいものです。
日本人の死の最大の原因はいじめによる自殺だと、思うからです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
アサシンⅡ

0.5絶賛…される程の出来じゃあ無い。

2020年12月2日
Androidアプリから投稿

なんなんでしょうね?
この「お前ら感動して泣け」の押し売り感。
「みんなア○のせい」と声高に叫んでいる人達と同じ臭いがプンプン漂ってます。
どのシーンが感動した?
どのシーンが泣けた?
サイコパスかも知れませんが、アタクシの心の琴線は微動だにしませんでしたよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
拝 大五郎

4.5いじめって‥

pi_tennさん
2020年11月30日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
pi_tenn

3.5最初全然違うところから繋がっていくのは好きな展開で良かったし、役者...

おれさん
2020年11月29日
iPhoneアプリから投稿

最初全然違うところから繋がっていくのは好きな展開で良かったし、役者の方々(中学生役の人も)は非常に良かったと思った。ただ水川さんとの過去から今への展開がもう少し分かりやすい脚本だったら、尚良かったかなと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
おれ

4.0かつて、いじめをしていた人たちへ

ちゆうさん
2020年11月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

難しい

あなた方は今、どういう人生をおくっていますか?

幸せですか?

他人の人生に深い傷を負わせたことを自覚していますか?

何の権利があって、その人の心を壊すのですか?

いじめは犯罪です、いじめた人間に対する制裁はないのか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
ちゆう

3.0あれ❓何で自死したのか?触れて?ないの❓❓❓

2020年11月28日
PCから投稿

繋がりわかるし、皆さん熱演でもあるけど?

何故、浅香と水川を繋ぐキーマンが死んだ経緯に触れないのはかなり不自然!

事実の詩集を歪曲した‼️罪は重いかも❓❓❓かなり

いじめの描写や水川のラブシーン❤️もかなりの違和感‼️‼️

詩集が効いたのは浅香に母親から教科書渡されたシーンくらいか❓

とても残念だが、記憶に残る映画でした🎞🎟🎬

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 19 件)
アサシン5

2.5意欲作だとは思うが、なんか中途半端

hirocorさん
2020年11月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

詩が原作ってどんな感じかちとわからないのだけど、チョイスされてるエピソードがとにかく凡庸。
大概が擦られまくった「現代の歪み」。
イジメも逃げた子も夫婦仲も後悔も、既視感ありあり…
淡々と描くのは良いのだけど、だったらもっと振り切って欲しいのよね。
で、淡々と現実を描いてるようでいて、わかりやすすぎる感動展開で収まり良く終わっちゃってる感じがほんと冷めた。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 20 件)
hirocor

4.0もやもやが残った

Scottさん
2020年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 19 件)
Scott

3.5時代の流れの価値観…

2020年11月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

難しい

人間として生まれてくるのは、そもそも自分の意思ではないけど、どうであれ両親が存在しないとこの世に誕生はしないわけで…
その切り口で観ると、色々な価値観があるなか、どの登場人物からこの映画をみるかで感じ方が変わるのでしょうね。不思議で考えさせられる作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 17 件)
あにゃい

4.0先の読めないマトリクス

Imperatorさん
2020年11月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 19 件)
Imperator

3.5いい作品だと思う

2020年11月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

 世の中にはいじめっ子の精神性が蔓延している。昔からそうだし、これからもそうだ。麻生太郎の悪人面を思い浮かべてみるといい、あれこそがいじめっ子の典型的な顔だ。発言もそうだ。「暴飲暴食で糖尿病になって国から医療費をもらってそれをおれたちが払っている」と言っていた。糖尿病にかかるのは長時間労働にも関わらず収入が低く、糖質主体の安い外食を食生活の中心としている人々が多い。子供の頃の食生活は本人にはどうにもできない。麻生のように金持ちで添加物のない高級食材の美食を習慣としている人たちは糖尿病にも癌にもなりにくい。
 自分の狭い価値観で世の中の弱い人々を断罪する。それがいじめっ子の精神性である。自分が優れていて相手が劣っていると考えるから、いじめることで自分の優位性を確認するのだ。そして満足する。翌日も同じように相手が劣っていることを確認したくなる。かくしていじめは相手が死ぬかいなくなるまで続くのである。セクハラ、パワハラも同じ構図だ。すべてのいじめは理不尽であり、被害者には重い精神的被害を齎す。人間はどうしていじめに遭うのか。
 何かを守ろうとする人間は、何も守らない人間に負ける。いじめられる子はいじめられていること自体を恥ずかしいと思い、誰にも言えない。いじめる人間が優位でいじめられる人間が劣位だと感じているからだ。これは子供だけの話ではなく、声が大きくて怒鳴り散らすしか能がない上司が優位になってしまうのは大人も同じだ。「おれが怒鳴ったらおとなしくなったよ」と自慢する馬鹿がいるが、ほぼ原始人である。友達や同級生、会社の同僚たちとの友好な関係性を守ろうとすれば、差別やいじめを我慢するしかない。自尊心を守ろうとすればいじめを誰にも話せない。社会のルールを守ろうとすればいじめっ子の家に火をつけることもできない。
 いじめが被害者の個人的な問題に帰せられているうちは、いじめは解決できない。少なくとも共同体が共同体としての健全なありようを目指すのであれば、いじめは重大犯罪とされて刑法で重い刑罰を科すのが最低条件だと思う。

 本作品はいじめを題材としているから、重く沈鬱な映画になってしまうのは自然だ。画面のこちら側にいる観客には、もっとああすればよかったのにと勝手な想像をするが、当事者にとっては出口も行き場もない袋小路の状況だ。親も教師も警察も天網ではないから疎にして漏らす。本作品のような酷いいじめはほぼ犯罪だから取り締まることも可能なはずだが、警察はいじめには踏み込んでこない。
 暴力や強奪をともなわない比較的軽いいじめの場合は、いじめる方にいじめている自覚がないことが多い。ただ遊んでいただけだと主張するのだ。その遊びが自分の優越感を満足させるために相手の人格を貶めることであれば、それはいじめに他ならないのだが、人間は自分に都合よく解釈するようにできている。
 人類の歴史はいじめの歴史である。人間が他人よりも優れていることに自分の存在理由を見出す精神構造を捨て去ることがない限り、いじめはなくならない。戦争もなくならない。子供を生むのは不幸を生むことだ。しかし人間は子供を生み続ける。それは不幸を生み続けることに等しいのだが、人間はそもそも不幸が好きなのである。
 本作品はいじめの構造を現実は踏まえて上手に表現している。こういう現実は世界中の至る処で起きているだろう。洋画でも邦画でも、いじめのシーンは数多く上映されているが、本作品のいじめの陰険さはトップクラスだ。被害者が逃げ出せないことを知っていじめるところが狡猾で酷薄だ。そしていじめるのが普通の子供であるところにリアリティがあった。
 いじめた人間はいじめたことを忘れるが、いじめられた側は一生忘れられず、深夜にうなされることもある。観るのに苦しい映画で光も見えてこないが、あとに残るものはあった。いい作品だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 19 件)
耶馬英彦

4.0自分のための滑走路

Sweetさん
2020年11月27日
PCから投稿

2時間近い映画でしたが長さを感じませんでした。
いくつかの時間軸が切り替わりながら進んでいきますが、こんがらがること無く、どこでストーリーが交錯するのだろうと思いながら観てました。

自死した青年が何を思って自死したのか、その思いは本人以外誰にも分かるはずのもなく、それは現実でもそうだろう。彼らは、自分のための滑走路を見つけられなかった、滑走路まで辿り着くが出来なかったってことなのか。それとも翼を持てなかったのか、だとしたら悲しすぎる。

コメントする
共感した! (共感した人 19 件)
Sweet

4.5それでも生きてほしい。

2020年11月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

飛行機が滑走路から飛び立ってゆく。

空に憧れる学級委員長。陰湿ないじめに苦しみながらも耐え忍ぶ日々。
叱責や理不尽、加えての激務に押し潰されそうな不眠症を患う若き官僚。
一見優しい夫。でも大切なことは何も選択してくれない。その関係に悩む切り絵作家の妻。

中学校、職場、家庭。3つの時間軸を利用して物語が進んでゆく。そして中盤。驚きと共にそれは全く違ったストーリーへと変貌する。なんだか余計に辛い。

なんて苦しいのか。なんでこんなに傷付くのか。どうすれば楽になれるのか。周囲からは前向きに見えても突然自ら命を絶つ人がいる。深いところに溜まった痛みはそう簡単に取れるものではないと痛感させられる。

役者陣がみんな良かったです。浅香航大も今までのイメージとは違った感じですごく合ってました。水橋研二にはイライラしたし、いじめっこ達が決して不良ではないってとこが妙にリアルだった。
そして委員長を演じた寄川歌太。なんて真っ直ぐで綺麗な瞳。好演でした!

3人それぞれが迎えるエンディング。誰だって多かれ少なかれ苦しみを抱えている。それがどんなものであっても、それでも生きてほしい。

滑走路を少年が疾走している。宝物を背負って。少女を探して。なんて淡い。そしてなんて清々しい。

めちゃめちゃ良作だと思います。
私は好きです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 19 件)
はるたろう

3.5とてもやりきれない辛い気持ち

puccinoさん
2020年11月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

自分は幸か不幸か今の仕事や生活に満足もしていなければ不満もない。
頭も賢くなければ世間知らずでもない。
理想とか目標とか目指すものやあるべき姿が何も想像できないまま、
ただ今を生きている。これからも生きていく。多分。
何のためにとか何が楽しくてとかそんなことは何も考えられない。

こんな世の中だからとか、生きにくい社会だからとか、努力が足りないとか
安易な言葉で片付けたくはないのだけれど、
現実社会のどこかで日々起きているであろう他人の人生の出来事を
自分の今の現状と過去とを照らし合わせて決して他人事ではない気持ちになって観ていました。

ただ考えてみたら今の自分の職業は、10代の頃に夢見ていた職業に近いところに就いている。
それは自分の努力ではなく、家族の支援や助言をくれた人がいたからであって。
感謝の言葉を言ったことはないけれど。
鑑賞後そんなことを考えさせてはくれました。

最後の橋の上のシーン。
数年後自殺をしたのをわかって観るこのシーンはなんとも言い表せない気持ちになり、とてもやりきれない。
彼女の存在の大きさ、悲しくも素敵な別れを経験したのに。のちにその記憶が自分を苦しめるなんて。
不謹慎かもしれないが、自死を美化しているようにも少なからず感じてしまったのが正直な感想です。

彼の存在は今を生きているふたりの心と母親の心の中でこれからも生き続けていくと思えば
救われるのだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 19 件)
puccino
「滑走路」の作品トップへ