劇場公開日 2020年6月1日

「不思議な映画を観た。『島にて』だ。映画は普通、物語の「入り口」から...」島にて 敏明さんの映画レビュー(感想・評価)

3.83
20%
60%
20%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0不思議な映画を観た。『島にて』だ。映画は普通、物語の「入り口」から...

敏明さん
2020年6月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

不思議な映画を観た。『島にて』だ。映画は普通、物語の「入り口」から入って「出口」に向かう。この構造は、キュメンタリーでもドラマでも共通で、「出口」に向かいながら観客はさまざまな場所を疑似体験し、登場人物と出会いシンパシーを覚えたり嫌悪したりしながら自分と異なる考え方や特異な行動に出会い、驚き、ときに感銘を受け、「出口」に至りながら観客は自らの心の変容を楽しむ。それをカタルシスと呼ぶこともある。
しかし、『島にて』には「入口」も「出口」も存在しない。過疎を嘆くことも、過疎を招いた政策を糾弾することもない。あるのはただ、島にいる人びとに向けられた無垢な眼差しだけだ。終始一貫した寡黙なこの眼差しは、何を意図しているのだろう。映画はなぜ事を起こさない、つまり問題提起をしないのだろう――。
ボクは、わずかな苛立ちを伴いながら「出口」へと向かう。向かいながら映画がすべてを肯定しようと努めていることに気付く。更に気付く。『島にて』は、事を起こさずに、それでも確かに問題提起をしていることに。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
敏明
「島にて」のレビューを書く 「島にて」のレビュー一覧へ(全3件)
「島にて」の作品トップへ