島にて

劇場公開日

島にて
11%
67%
22%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本海の沖合に浮かぶ、山形県の離島・飛島(とびしま)に暮らす人びとを追ったドキュメンタリー。山形県の酒田港からの定期船で75分の場所に位置する山形県唯一の有人離島・飛島。豊かな自然を誇り、島の全域は国定公園に指定されている。かつては日本海側の海の交通の要所として栄え、島民の多くは漁業や農業で生計を立ててきた。しかし、過疎と高齢化が進み、現在は140人ほどが暮らしている。この島に生まれ、漁業を営む老夫婦、高校進学のために島を出て行く中学生、かつて島から出た人や、都会から飛島にやって来た若い人たちなど、平成最期の1年間に記録した飛島の人びとの暮らしを通して、社会を営み、生きていくために本当に必要なものとは何かを問いかけていく。 監督は、介護福祉現場を追ったドキュメンタリー「ただいま それぞれの居場所」の大宮浩一と単身高齢者たちを追ったドキュメンタリー「桜の樹の下」の田中圭。

2019年製作/99分/G/日本
配給:東風

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
企画
大宮浩一
プロデューサー
大宮浩一
木下繁貴
撮影
前田大和
編集
遠山慎二
整音
石垣哲
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5これからどうなるんだろう

りあのさん
2020年9月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

最後の中学3年生が卒業し島を離れ、小中学生ゼロになった離島。
人口200 人を切ったって言ってたし、高齢化はどんどん加速するだろう。
これからどうなっていくのかな?
山の中だけじゃ無く島でも不便なところは人がいなくなっていく。
日本の縮図なのかもしれない。
考えさせられる作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りあの

3.0字幕が欲しかった。

kossyさん
2020年8月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 平成最後の1年間、山形県唯一の離島・飛島に暮らす人たちを追ったドキュメンタリー。全国でもあちこちに過疎化が進み、“限界集落”という言葉まで誕生して久しい。一応、酒田市に属しているから、この呼び名は相応しくないのですが、もう老人ばかりの島になっていた。

 各家庭へのインタビューから始まり、神社の儀式や観光案内をする人たち、診療所には週一でしか医者が来ない。そして島でただ一人の中学生3年生の始業式から卒業式、立派な挨拶をしていたことが印象に残ります。この生徒だけでも一本の映画が出来そうなくらいでした。

 「子どもの頃、島に戻って来るな」と言われた青年、とにかく安定した収入のない漁業従事者にとって、子供には苦労させたくない願いのこもった言葉だ。

 風光明媚な景観もあるし、短期間住むにはいい所だと思うし、近年、移住者が増えてきているそうな。調べてみると、カフェも一軒あるし、そこのイカスミブラックカレーは食べてみたくなった!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.5漁師にだけはなるなよ、って言われるのか…

2020年6月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

漁師にだけはなるなよ、って言われるのか…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Mr. Planty

3.0未来の日本

隣組さん
2020年6月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

過疎化と高齢化が進む人口140人ほどの有人離島「飛島」。少子高齢化の進む未来の日本を映し出しているような光景を目のあたりにしました。
どこでも住めば都。ギスギスした現代社会とはほど遠く、自然と調和しながら活き活きと生活している島民の姿が印象的。定年退職後に移り住んだゴミ掃除の方の姿がすべてを物語っているようです。
2020-94

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
隣組
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る