チィファの手紙

劇場公開日

  • 予告編を見る
チィファの手紙
チィファの手紙
23%
61%
12%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

岩井俊二監督が松たか子、福山雅治らを迎えて手がけた「ラストレター」の前に、同じ自身の小説を原作に中国で製作した、もうひとつの「ラストレター」。岩井監督にとっては初の中国映画で、「ラストレター」同様の過去と現在の2つの世代を通してつむがれるラブストーリーが描れる。亡くなった姉のチーナン宛に同窓会の招待状が届き、妹のチィファは姉の死を知らせるために同窓会に参加するが、姉の同級生たちに姉本人と勘違いされてしまう。さらに、そこで初恋相手の先輩チャンと再会したチィファは、姉ではないことを言い出せないまま、チャンと文通することになる。姉のふりをして始めた文通が、やがて初恋の思い出を浮かび上がらせていき……。出演は中国4大女優に数えられるジョウ・シュン、「空海 KU-KAI 美しき王妃の謎」にも出演したチョウ・シュンら。

2018年製作/113分/G/中国
原題:Last Letter
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2018 BEIJING J.Q. SPRING PICTURES COMPANY LIMITED WE PICTURES LIMITED ROCKWELL EYES INC. ZHEJIANG DONGYANG XIAOYUZHOU MOVIE & MEDIA CO., LTD ALL Rights reserved.

映画レビュー

4.5岩井俊二監督作のテイストが、中国映画のフォーマットに驚くほど馴染む

2020年9月14日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

楽しい

幸せ

自筆の1篇の小説から、2本の映画を撮ることができる幸運な監督などそうはいない。1本目は邦画の「ラストレター」、そして2本目はこの「チィファの手紙」だ(ただし中国での製作・公開が早く、日本での公開順が逆になった)。舞台となる現代と1988年の旅順、特に後者の時代設定を丁寧にローカライズしたおかげで、中学時代の妹チィファと姉チィナンが暮らす町の風情が良い意味で田舎っぽく、郷愁を誘う映像になった。

岩井監督らしい手紙のモチーフ(「ラストレター」が「Love Letter」へのある種のアンサーになっている)に加え、「花とアリス」を思い出させる少女2人の絆(昔は姉妹、現代では従姉妹)など、中国の舞台、中国のキャストにしっとりと馴染んでいて、これは嬉しい驚きだ。それぞれ二役をこなした若き女優、チャン・ツィフォンとダン・アンシーの演技や佇まいも素晴らしく、今後も出演作が日本で観られることを願う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
高森 郁哉

4.0インフルエンザ

kossyさん
2021年2月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 壊したスマホと糸電話、そして手紙。モン・サン=ミシェル、ヴェルサイユ宮殿、ラブレター使いっぱ、代筆、成りすまし。ネタを抽出してみると、後で作られた日本版『ラブレター』と同じだと理解できるのに、トリッキーな部分が無く、いかにもノスタルジック、リリカルなテーマを強調したストレートな作品だった。

 中国の文化や背景はよくわかるし、近代化した上海と田舎町、デジタルとアナログといった対極をも描いていた。そしてチィファ中心の描写も日本版と違った点。

 どちらかというと、日本版が好き。手紙を書いてみたくなったという点でも日本版のほうがアナログの良さを打ち出している気がする。なんといってもカメラアングルの激しさによってめまいを起こしそうになったのも原因か・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
kossy

4.0こちらのほうが好き

2021年2月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

「ラストレター」の中国版で、こちらの方を先に撮ったとのこと。
妹であるチィファの存在感が強く、映画全体を引っ張ってくれる。
時代も中国のほうがノスタルジーを強く感じられた。
同じ作品を2つの国で撮るのは珍しいと思うが、中国版のほうが気に入った。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン

3.5中学時代・初恋

アツコさん
2021年2月14日
PCから投稿

男女とも俳優さんが美しいことと、
古くどこかノスタルジックな中国と
新しく先進的な中国の両方の空気感が楽しめました。

この監督は、中学時代や初恋といったものが
心の中に強く残っているのだなと感じました。
そのどちらにもさして思い入れがないために、
なぜ真剣に向かい合い、付き合っていたころの思い出よりも
中学時代の方が強く思い出されるのかが疑問でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アツコ
すべての映画レビューを見る(全42件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る