精神0

劇場公開日

  • 予告編を見る
精神0
精神0
17%
49%
27%
7%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ドキュメンタリー監督の想田和弘が「こころの病」とともに生きる人々を捉えた「精神」の主人公の1人である精神科医・山本昌知に再びカメラを向け、第70回ベルリン国際映画祭フォーラム部門でエキュメニカル審査員賞を受賞したドキュメンタリー。様々な生きにくさを抱える人々が孤独を感じることなく地域で暮らす方法を長年にわたって模索し続けてきた山本医師が、82歳にして突然、引退することに。これまで彼を慕ってきた患者たちは、戸惑いを隠しきれない。一方、引退した山本を待っていたのは、妻・芳子さんと2人の新しい生活だった。精神医療に捧げた人生のその後を、深い慈しみと尊敬の念をもって描き出す。ナレーションやBGMを用いない、想田監督独自のドキュメンタリー手法でつくられた「観察映画」の第9弾。

2020年製作/128分/G/日本・アメリカ合作
配給:東風

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2020 Laboratory X, Inc

映画レビュー

4.0老いをに向き合う

2020年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

誰にでも老いはやってくる。仕事も辞めなければいけない。精神科医として患者に信頼されていた山本昌知氏の引退は、多くの人にとって心の支えを失うに等しいかもしれない。それぞれの患者との最後の診察は患者の不安と今までの感謝の気持ちが溢れている。本作は精神科医としての最後の日々をおくる山本氏と、妻の芳子さんとの静かな生活をメインに作られている。芳子さんは認知症をわずらっている。山本氏はそんな妻を優しく支え続ける。ただ、来客をもてなすだけ、お弁当を食べるだけのシーンもとても美しく感じられる。長年連れ添った2人の呼吸が美しいのだ。ラストのお墓参りのシーンは不思議と涙が溢れる。
老いとはどういうことか、人生の幕引きをどのように過ごすのか。それはいつか誰もが直面する問題だ。最後の時をこのように穏やかに過ごせる人生はきっと素晴らしいものに違いない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
杉本穂高

3.5老いた認知症の妻を介護しながら医師を続けてた夫

りやのさん
2020年7月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

認知症になった妻を介護しながら医師を続けてだけど、無理になって医師を辞めた夫のドキュメンタリー映画。
車も運転されてたけど、いつまで出来るのだろう。
そんなに遠くない今後のことを考えさせられる作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りやの

4.0生き様を撮影するということ

2020年7月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
邪悪ばうあー

3.0フラットな自分

ちゆうさん
2020年6月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

人として1番難しいこと
それは、あるがままを受け入れることかもしれません。
大概の人は、自身の不遇を嘆き
現実に抗い、追い詰められていく
山本さんは精神科医だから
わたしのような凡人とは違うから
出来るのかもしれませんが
でも、生きているだけで感謝する
あるがままを受け入れることは
大事なんだと思う。
心の有り様で人は変われる・・
そう、実感しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちゆう
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「精神」シリーズ関連作品