劇場公開日 2020年11月27日

  • 予告編を見る

君の誕生日のレビュー・感想・評価

3.621
20%
51%
22%
7%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全21件中、1~20件目を表示

4.0正面から取り上げてはいないけれど

2020年11月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

2014年に韓国の南西沖で起きたセウォル号沈没事故。本作は同事故を初めて正面から取り上げたとの触れ込みだが、「正面から」という表現は語弊がある。事故自体の描写も救助の様子も一切ない。これが長編監督デビュー作となる新鋭イ・ジョンオンは、ボランティア活動を通じて遺族と接した体験を脚本化し、遺族の喪失感や葛藤を描く物語を組み立てた。猟奇殺人事件などを容赦ない描写で実録映画化する韓国映画界のことだから、かの沈没事故をどれほどリアルに描き出すかと期待して観ると、はぐらかされた気になるかも。それほど国民が負った傷は大きく深く、いまだ癒えずということか。

息子スホを失った現実を受け入れられず家族や周囲につらく当たる母と、負い目を感じながらも家族を繋ぎとめようとする父が、支援団体からの提案で実現したスホの誕生日会を通じて悲しみと絶望を超克する姿が感動的。遺族に寄り添う姿勢こそが今求められているのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
高森 郁哉

4.0ていねいに描く

津次郎さん
2021年3月9日
PCから投稿

セヲル号の件ではずさんさを感じた。船長がまっさきに逃げるなんて、どんな国・民なんだろう。と思った。聖水大橋や三豊デパートの崩壊についても、事故そのものより、国や人のずさんさを思った。
だが時間がたち解明されたことを見たりすると、それらが社会の軋轢から起きたことに思えてくる。船長は、アルバイトで代打だった。事故が、運営の体質や、労働環境にも基因しているわけである。

いきなり瓦解する橋や建物、混乱だらけの沈没。
たんに「ひでえ話」なのだが、自省した映画となれば、なるほどと溜飲するところがある。たとえば聖水大橋の崩壊を若年期におきたことの象徴ととらえた映画はちどりがそうだった。
ただそれは、韓国が映画産業に熱心だからでもある。いい映画をつくると、聖水や三豊やセヲルの件が、第三者から見て納得できる歴史のなかの事故事件としておさまる。のである。映画の発展は、その国を理知な国に見せてしまうことができる。と個人的には思う。

そもそも人災はどんな国でもある。わが国でいえば福知山線や雪印食中毒、東海村の臨界事故・・・311の地震、津波。
日本人は頭がいいが、映画産業に力をいれてないために、いい映画で事故・事件を自省することができない。ひじょうにもったいない。

韓国のばあい、エンタメが獲得する外貨と、エンタメが獲得する汎用な信頼性のことを知っている。アイドルや映画を磨けば、外国人が韓国を好きになってくれることを知っている。それは国家間の社交性と呼べるものではないだろうか?政治の破綻ぶりに比べて、エンタメ事業は、信じられないほどに巧くて冷静だと、つくづく思う。

日本でも国をあげて力をいれたほうがいいと思う。
日本で現況、映画を発展させようとしている機関は、たぶん、お金のない閉鎖的な映画サークルのような団体だと思う。そうじゃない。こまっしゃくれた映画はつくらなくていい。映画技術の基本をおしえる映画の学校をつくるのが日本の課題であり、映画を目指してくるひとたちに「おまえの個性なんか20年早いわ」と教えてくれる映画学校が日本映画の急務だと思う。

それはいいとして。
セヲルの遺族のなかの温度差がはげしい。補償金もらってもいいと思うが、なんとなく、決別できない想いがあるのは、映画を見てわかった。我が子のことを思い出し、なおも幻影のなかに生きてしまう母親。その時にいなかったことで罪悪感に苛まれる父親。板ばさみになってしまう妹。毎晩の泣き声に困らされる隣人。隣の娘さんのセリフに「あの泣き声のせいで大学に二度も落ちたのよ」というのがあった。

韓国でもっとも演技派の代表男優はソルギョングであり、代表女優はチョンドヨンである。これは主観はもちろんだが、客観的にもおおむねそうであろう。その二人を揃えて、がっぷりよつで、大騒ぎせず、誰も責めずにセヲルの件を描いており、好感がもてた。感動ポルノな演出じゃないが、話の都合上なみだを免れないところはある。クライマックスで亡き子の誕生会があるが、たいへんだった。役者も見てるほうも。

それで、この落ち着いた演出が初監督作品とのことだった。はちどりを見たときも思ったが、やっぱり産業としての根幹が違う。基本と基本的なことを教えてくれる映画学校の存在を優れた韓国映画を見るたび感じる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

4.0祭儀としての誕生会

taroさん
2020年12月15日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
taro

4.0号泣度は超高め!

イゲさん
2020年12月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

観賞後は涙がボロボロ。

韓国で実際にあった大型旅客船の沈没事故を元に作られたストーリー。

事故で亡くなった息子の両親と娘を軸にして、親戚や犠牲者の親などの周囲の人達の思いや気持ちを表現してリアル感はかなり高め。

事故のシーンは一切無いんだけど、あの時の事を思い出す。
思い起こせばかなり衝撃的な海難事故。

出だしから暗いシーンの連続。
事故から立ち直ろうとする親族や、立ち直れない親族の描写が凄い。

後半の誕生日会のシーンがとにかく凄いリアル感。
出席している人達の涙がリアルで一緒に泣いてしまう展開。
息子の思いを詞にした言葉にも泣ける。

実際の犠牲者の親族の方が観たらどんな気持ちになるのか考えさせられる作品。

号泣シーンは劇場の前後左右からのヒクヒク泣く方が多めなので思う存分泣けます( ´∀`)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
イゲ

3.5誕生会

2020年12月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

最後のクライマックスで泣けます。その前までは少し味の薄い料理を食べている様な感じがありましたが、それもこれも最後の誕生会での涙に結びついています。子供に先立たれる親は辛いですね。同じ様な年頃の男の子を持っているので、身にしみます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ごっとん

4.0ソル・ギョング&チョン・ドヨンの演技力と洗練された構成

shoheiさん
2020年12月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

イ・チャンドン監督の作品ですごい演技力をみせたソル・ギョングとチョン・ドヨンの二人が夫婦を演じて共演した映画。セウォル号事件で息子を失ったショックの悲しみに沈む母親の姿を描いている。全盛期のデ・ニーロとメリル・ストリープが共演したような感じで、さすがに二人とも演技が巧い。二人ともいろいろな役を演じてきたけれど、特に息子を亡くした悲しみにくれるという設定はイ・チャンドン監督の傑作「シークレット・サンシャイン」と同じで、チョン・ドヨンの演技がまさに嵌まっている。この映画、脚本や演出も素晴らしい。外国から帰って来た夫と、彼や周りにつらくあたる悲しみにくれた妻の姿が少しずつ描かれていく。露骨で余分な説明など一切なく、非常に洗練されている。亡くなった長男の誕生日の描き方も自然に描かれていて、涙を誘う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
shohei

3.5癒えない傷

2020年12月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

言葉ではなくて映像表現で、今ある主人公の心情を表すのは脚本時点からして容易なようで案外難しい行為だと思う。しかし、この映画はそれを、いともたやすく行ったことに感嘆せざるを得ないというのが観終っての第一印象であった。単なる何気ない細部な部分までに目が行き届いてると言う点においてもである。
内容としては序盤からの構成は見事。終始見入ってしまった自分が居た。
しかし、残念な点はラストシーン近くの誕生日会が、やや間延びしてしまったことである。それまでの編集が見事な分だけ惜しいシーンではあった。もちろん、そこが、この映画の核となってることは分かった上での、あのような演出であることは重々理解はしてるのだが、もう少しコンパクトにしてもよかったのではないだろうか。
しかしながら、全編を通して非常によくできた映画である。相変わらずの韓国映画の質の高さを再認識させられた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
オクやん

3.5塞がらない傷口

2020年12月9日
iPhoneアプリから投稿

セウォル号沈没事件の遺族が、何年経っても心の傷が癒えない姿を、正面から捉えていた。
(宣伝文句の「初めて正面から題材に取り上げた作品」って表現は微妙)
息子を失くした母が、少し陰があるか怒りっぽくなる程度で、日常では普通に見えても、ちょっとしたきっかけで傷が開き、涙が止まらなくなるという姿は、とにかくリアル。
耐えて耐えて、まだ耐えても出口の見えない哀しみはあるんだと、実に見事に表現していました。
暗すぎて辛すぎる内容だから、日本での興行的には厳しいと思いますが、しんみりいい映画でございました。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
コージィ日本犬

4.0普通に流れてたあの日常を

にしこさん
2020年12月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

胸が詰まります。たまらんです。
前情報なしに視聴。女性客ばかりで気まずいなぁと思いながら観ました。
序盤は登場人物の関係性や状況もふわふわしててどう見ていいのか分からなかった。
セウォル号の遺族と気づいてからは、母の悲しさ苦しさ、父のやるせなさが心に刺さりまくって穴あきました。
部屋の絶妙な生活感とかチョン・ドヨンさんの枯れ演技がすごすぎて、、ラストの誕生日会は声上げて泣きました。シーンひとつひとつが丁寧で無駄がない。
当時、ニュースでたくさん映像が流れていても、どこか他人事だった。。
情報が溢れかえっていて凄惨な事件、事故が流し読まれる今こそ!見て欲しい作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
にしこ

4.0静かに悲しみに寄り添う

2020年12月5日
Androidアプリから投稿

セウォル号で子供を失った親の心に静かに寄り添う。的確な演技で心の機微が丁寧に描かれ秀逸。体が震えるほど共感します。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 12 件)
ごまめ堂

2.5共感できず泣けない

Yojiさん
2020年12月2日
iPhoneアプリから投稿

2014年4月16日のセウォル号沈没事故の被害者遺族一家の想いを丁寧に描いています。
しかし共感できるかと言えば難しい。事故から5年過ぎても癒されない悲しい気持ちを真夜中に大声でまき散らすのは自分勝手な感じがしました。
遺族と関係者に向けた上映会なら泣けるだろうけど、お金を払って一般の人に見せるにはかなり無理がある題材でした。
韓国の中ではかなり衝撃的な事故だったことは理解できます。しかし心の中の解決できない問題を家族や親族、近所の方に辛く当たるのは無理がある気持ちになりました。お勧めはしにくい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 15 件)
Yoji

2.5間延びしてしまった

2020年12月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

相当に感じの悪い母親の事情がわかるまでが長過ぎて、いろいろモヤモヤとスッキリしない、理由がわかった時でさえも涙腺が緩まなかった。
一方で父親のやるせない想いはやられた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 20 件)
パプリカ

4.5悲しむだけではない受け止め方

kenshuchuさん
2020年11月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

セウォル号沈没事故で息子を亡くした夫婦の悲しみと苦悩を描いた家族再生の物語。
息子が亡くなったことの悲しみを乗り越えようとする家族の話だけではなく、補償金がらみの確執、バラつきのある遺族の思い、当事者じゃない周辺の人々の反応も描かれていて、とても深みのある脚本だった。正直、セウォル号である必要があるのかとも思った(事故を思わせる直接的なシーンはない)が、遺族に話を聞いて作った脚本と知って納得。
いろんな確執や葛藤がありつつ迎える誕生日会。あれはもう泣くしかない。耐えられない。久々にボロボロと情けないくらいに泣いてしまった。
メンタル的にもかなりやられてしまっていたお母さんが、誕生日会で見せる笑顔の素敵なこと。夫にも娘にもそして周りにもトゲトゲしい態度をとっていた姿、そして息子のために号泣していた姿とのギャップを感じさせるいい演技だった。あの笑顔だけで救われる。最後も前向きな未来を感じられるいいラストだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 21 件)
kenshuchu

5.0【”セウォル号事故"を"忘却の彼方の事"にせず、骨太な社会的メッセージを発信しつつ、遺族が再生していく過程を丁寧に描いた素晴らしき映画。今作を世に出した、製作陣の気骨と力量に唸らされた作品である。】

NOBUさん
2020年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 26 件)
NOBU

3.5#103 とりあえず泣ける😭

chicaricaさん
2020年11月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

全体的に静かな作りで、チョン・ドヨンとソル・ギョングの演技が光る映画。

亡くなったお兄ちゃんも可哀想だけど、兄を亡くしただけでなく親の愛まで奪われた妹が可哀想だった。

韓国の泣きは見飽きてるけど、いつも泣いてるお母さんよりも最後に大泣きするお父さんのシーンはマジ泣けた。

補償金の額が映画でも出てたけど、セウォル号の場合最高でも3500万円しかもらえない韓国は人の命が安すぎ‼️

コメントする
共感した! (共感した人 25 件)
chicarica

3.0パスポート

Bacchusさん
2020年11月28日
Androidアプリから投稿

悲しい

難しい

幸せ

2014年4月16日のセウォル号沈没事故で高校生の長男をを亡くした家族の話。

事故から2年、母親と小学生の娘が住む家に海外から帰国した父親が久しぶりにやって来て始まって行く。

弁護士費用の為に引っ越したこと、娘が顔を覚えていないこと弁護士費用を払って貯金がなくなったこと等の件から、捕まっていた?ということを匂わせているけれど、居留守から始まり避けられている様な態度ねぇ…。

肝心な時にいなかったのはそうなのだろうけど、面接での事情が示されると、奥さんちょっと厳しくありませんか?と疑問が湧いてくる。まあ、確かに出所後すぐに来ないのは疑問でしかないが…何て思っていたらなるほど絶叫ですか…。

たびたびみられる他の親御さんの寄り合いだったり、墓参りだったりのリアクションは、死生観価値観の違いもあるし、否定するつもりはないけれど、一概には共感出来ず。
集合写真を受け取りに行ったところの電話の件とか正にね。

もし、自分が主人公達と同じ経験をしていたらまた見え方が違うのかも知れないけれど、向き合うこと引きずることは違うと思うのですよね。

今までどこか避けてきた現実と、誕生日会を通じて向き合う様は、痛く悲しく、でも温かくてとても良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
Bacchus

3.5泣かせるねー。

peanutsさん
2020年11月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

セウォルゴウの船舶事故が最近のことすぎてリアル。とにかく泣かされます。誰もが悲しい。亡くなった息子の家族に友達に、周りの人達それぞれの悲しみかあるんだなー、と。いろんな人達がさらっと出てきて最後に全員つなげるのやっぱり確実な韓国映画。とにかく泣かされます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
peanuts

3.5Birthday

たつじさん
2020年11月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 17 件)
たつじ

4.0愛する人を失ったときの哀しみと共感に対する普遍的な解などありえない

h.h.atsuさん
2020年11月27日
iPhoneアプリから投稿

本作は2014年4月のセウォル号沈没事故を題材にしつつも、セウォル号事件はこの作品のクリティカルなテーマではない。
実際、事件に関する背景や事故原因、一方的な解釈、責任の追及等は全く触れられていない。

何の前触れもなく、一瞬のできごとで家族のひとりがこの世からいなくなり、残された家族一人ひとり、家族関係が昨日までとは全く別のものに変わってしまう、そんな関係性の破壊と再生の過程を丁寧な描写で描いている。

天災でも人災でも、「家族の死をどうむかえるか」、受けとめかたは100家族いれば100家族とも違うはず。政府や関係者は補償金を払って、早々に幕引きをしたいと思っていると思うが(それはどこの国でも同じ光景)、時間はかかっても遺族それぞれに寄り添った丁寧なアプローチが必要だ。

長男スホをセウォル号沈没事故で失った、家族3人の思いはそれぞれ微妙に違っている。

Jeon Do-Yeon演じる母スンナムは自責の念と、海外に離れて暮らしていた夫への行き場のない感情、そして娘イエソルとの不自然な親子関係。遺族仲間に想いを打ち明けることもなく、社会との関係性を自ら断ち孤独に苛まれている。

Sul Kyung-Gu演じる父親ジョンイルは、事件当時家族のもとにいてやれなかった(理由は後々明らかにされる)苦悩と、自分を責める妻スンナムに戸惑いつつも、寄り添い力になりたいと家族の再生を願い静かに語りかける。

妹イエソルは母親の苦悩を頭で理解しつつも、自分にきちんと向き合ってくれない母(洋服を兄の分だけしか買ってこなかったシーンはとても切ない)と、兄を突然失ったため、自然な感情を押し殺し、努めて明るくいようとしている。父親が再び現れて、戸惑いながら徐々に感情を取り戻していく。

本作の圧巻は息子スホの誕生会。家族3人の感情のズレやわだかまりが溶け、昔の思い出とともにあらたに息子と向き合っていこうという気持ちが芽生えてくる。
会の参加者それぞれの思い出の語りがとても自然でドキュメンタリーのよう(本事件の多くの遺族とのインタビューや誕生会にも参加してきたとのこと)。
誕生会を頑なに拒否してきた母親スンナムが、息子スホがいかに多くの人に愛され今も彼らのなかに生き続けているかを知り、彼女の表情が徐々に「溶け」て再生していくようだ。

分断や苦悩に満ちた現代。社会や家族のなかでの「共感」の力をふたたび取り戻す。苦しんでいる、身の回りの人にそっと寄り添う。そんな強い力や思いをもらう映画だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 30 件)
h.h.atsu

5.0間違いなく今年1番の映画

エージさん
2020年11月27日
Androidアプリから投稿

泣くって感情は特別なもの。【全米が泣いた】とか【号泣しました】とか、どんだけ涙腺弱いねんって思っていた。私の感情がおかしいだけなのかも知れませんが、、、。でも、この作品はそんな私の感情でさえ爆発させてくれました。涙活したい方にお勧めしたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 27 件)
エージ
「君の誕生日」の作品トップへ