ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男

劇場公開日

ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男
15%
31%
31%
23%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

伝説のナチハンターと謎の生物ビッグフットの死闘を描いたモンスターアクション。独裁者アドルフ・ヒトラーを暗殺した伝説のナチハンター、カルヴィン。現在は愛犬とともに平穏な老後を送る彼のもとにFBI捜査官が現れ、恐ろしい病原菌を持つビッグフットの殲滅を依頼する。心の奥底に眠っていたハンティングへの渇望を呼び覚まされたカルヴィンは、銃を背負いナイフを片手に過酷な任務に身を投じる。「アリー スター誕生」のサム・エリオットが現在のカルヴィン、「ホビット」シリーズのエイダン・ターナーが若かりし頃のカルヴィンをそれぞれ演じる。ヒューマントラストシネマ渋谷&シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2020」上映作品。

2018年製作/98分/アメリカ
原題:The Man Who Killed Hitler and Then The Bigfoot
配給:トランスフォーマー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2018 MAKESHIFT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

2.5題名通り

2022年5月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

影武者も含めてヒトラーは四人いて、その一人を殺した英雄はひっそりとカナダで暮らしていた。
FBIからウィルスを撒き散らすビッグフットを殺してほしいと頼まれる。
題名以下でも以上でもない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5ウイルスには免疫のある者がいる

kossyさん
2022年4月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 免疫あればいいな~などと思いつつ、そのためにビッグフットを殺害しなければならないなんて。ヒトラーを殺した経験のあるカルヴィン・バールはもう人も動物も殺したくないと、余生を静かに過ごしたがっていた。

 どことなくタランティーノやコーエン兄弟にオフビート感を混ぜたような作品。主人公がしみじみと過去の美しい日々を思い出すところが渋い。ヒトラー暗殺だって軍の命令に従っただけだし、ヒーローになりたかったわけでもない。その生き様は間違ってたと自戒するものの、そんな人生もあるんだと感じさせてくれる。

 哀愁を感じさせる渋い作品なのに、hat store 、barber shopと出てきたので“store”と“shop”の違いって何だっけ?などと考えてしまいました。ビッグフットが登場するからと思いっきりB級に振り切った作品だと思っていたのに、いい意味で裏切られた作品。愛犬ラルフも良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
kossy

3.5人を殺した経験のある者のの老後は悲惨。しかし、明日がないわけじゃない。

Haruさん
2021年9月4日
PCから投稿

ヒトラーを殺し、・・・・・そのタイトルだけでこの映画を観始めたんだ。
目に余るほどの老け込みようではなく、背中に切なさがこびり付いてしまった老人が画面に現れ、そしておおよそこの老人の若いころだと思わせる若者がナチの将校の制服を身にまといヒトラーの執務室にまんまと入り込み射殺する。そんな過去と現実とを交差させながら映画は進んでいく。日が昇りそして沈む一日を淡々と生きている男。その後ろ姿には迷いがない。ヒトラーを暗殺して第二次世界大戦を終わらせたの自分だという自負心などでは全くない。それは一人の女性を心の底から愛し続けていることへの自信なのだろう。どこまでも底なしの愛を抱えて生きる老人にFBIからの依頼が来る。「ビッグフットを殺せ」。人類を救うためだと想像もしなかった依頼。僕は、ビッグフットというのは人間の殺人鬼だと思った。しかし、違った。(未確認生物だとは思わなかった。どうやらこの手の映画はマニュアックな人たちがいるのだ)映画も半ばを過ぎたころに本編に突入したようだった。しかし僕には全般のいくつかのシーンが目に焼き付いたままだった。孤独、静寂、夜の底なし闇。歳を重ねれば思い出だけで生きられる。そんなことを想像して生きている自分と重ねていたのかもしれない。老体に鞭打ち死闘を繰り広げビッグフットを仕留めるが・・・・達成感は彼の胸には湧き上がって来ない。でも、生き延びたことの喜びはきっとあるはず。
アメリカの田舎町で生まれ。そして育った若者の純真な心身は、いまでも生き延びているかのようだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Haru

2.5タイトルに偽りなし

2021年6月5日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

アマプラで鑑賞。
タイトルそのまま、“ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男”の物語。
100歩譲ってヒトラーはともかくビックフットってなんだよ!(。・д・)ノ)´Д`)ビシッ
って思ったけど、ビックフットはある意味でヒトラーや主人公のメタファーとして登場するんだよね。
で、ヒトラーもビックフットも、基本物語の本筋ではないっていう。
本作の主軸はあくまで過去に囚われた男が一歩踏み出すまでを描いたある種の成長譚で、その辺の意図は分かるけど面白いかと聞かれれば正直微妙。
冒頭部分、ヒトラー暗殺のためのガジェットや、対ビックフット用の武器を選ぶところとか、見どころはあるんだけど、序盤はかなり退屈だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
青空ぷらす
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る