シェイクスピアの庭

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
シェイクスピアの庭
シェイクスピアの庭
12%
48%
36%
0%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ヘンリー五世」「から騒ぎ」「ハムレット」と、シェイクスピア作品を数多く手がけてきたケネス・ブラナーが、シェイクスピアの人生最後の3年間を描いた監督・主演作。1613年6月、「ヘンリー八世」上演中のグローブ座が大火災により焼失した。断筆したウィリアム・シェイクスピアはロンドンを去り、家族が暮らす故郷のストラットフォード・アポン・エイボンへと戻った。20年以上の間、ほとんど顔を合わせることのなかった主人の帰還に妻と娘たちは戸惑いを隠せなかった。そんな中、シェイクスピアは17年前に幼くしてこの世を去った最愛の息子を悼むために、庭を造ることを思い立つ。シェイクスピア役をブラナーが演じるほか、オスカー女優のジュディ・デンチ、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのイアン・マッケランら豪華なキャストが顔をそろえる。

2018年製作/101分/G/イギリス
原題:All Is True
配給:ハーク

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2018 TKBC Limited. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0フィクションを交えつつ、ありえたかもしれない文豪の「心の内側」を雑味なく描ききった名作

2020年3月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ロンドンのグローヴ座消失後、故郷のストラットフォード・アポン・エイヴォンへと帰ってその後は一本も戯曲を書かなかったシェイクスピアの余生を描いた物語。謎に包まれた彼の人生ゆえ当然ながらフィクションも混ざっているが、他でもない英国を代表するシェイクスピア表現者であるケネス・ブラナーが主演、監督を務めているので、この「フィクション」にもある種の説得力というか、ありえたかもしれない文豪の心の内側をよくぞこれほど雑味なく描いたなという旨さがある。とりわけ興味深いのは、これまでありったけの情熱と創造性を「筆と紙」にぶつけてきた主人公が、故郷では「庭づくり」へと情熱を移行させる様だ。そこには内面世界がこれまでの戯曲とは全く違う形で投影され、表現者を突き動かす原動力の正体を静かに浮かび上がらせていく。静かだが、力強い。従来の人物像から一歩踏み出した人間性を描こうとする作り手の心意気を感じさせられる一本だ。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
牛津厚信

3.0後半からが興味深い

fukui42さん
2021年3月14日
iPhoneアプリから投稿

一言「天才も、家に帰れば夫&父」。

前半は「疫病で死んだ息子」を偲びすぎて、ウツウツしてるし。
華やかなりし作家生活のなりの果てが、侘しくて。
正直「みるのやめようかな」と思ったのですが。

後半息子の死の真相を探り始める箇所から、ちょっと上昇してきました。
その真相から、妻(ジュディ・ディンチ!)や娘達の話が出てきて。
この時代女性は「文字の読み書きを学ぶ機会がなかった」というのが。
文豪の夫・娘たちでも、そうだったというのも少し哀しい。
それをシェークスピアは知らず、いかに家庭を放置していたか。
反省したでしょう。

シェークスピアの作品等を知っている人なら。
作中のいろんな詩や実際の人々(イアン・マッケラン!)の話が興味深かったでしょう。

⭐️今日のマーカーワード⭐️
「我が友よ、分相応の人生だ」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fukui42

4.0タイトルなし

lilyroseさん
2021年3月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

William Shakespeare [1564-1616]
幾多の名作を世に送り出した
偉大な劇作家ウィリアム・シェイクスピア
49歳で執筆活動を引退しロンドンを離れ
故郷で過ごした人生最期の日々が
描かれた作品
ロイヤルシェイクスピアカンパニー出身の
ケネスブラナーが監督·脚本
自らシェイクスピア本人を演じた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lilyrose

3.0ケネス・ブラナーが製作、監督、主演

2021年3月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

シェイクスピア(ケネス・ブラナー)は芝居小屋が焼失し、失意の中で断筆、故郷に帰る。
妻(ジュディ・デンチ)や娘たちとはギクシャク、11歳で亡くなった息子に取り憑かれ、突然、庭を作り始める。
残念なことにシェイクスピアのDNAは残らなかった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る