コントラ KONTORA

劇場公開日

  • 予告編を見る
コントラ KONTORA
29%
37%
19%
10%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

インド出身・日本在住のアンシュル・チョウハン監督が、日本の田舎町を舞台にモノクロ映像で撮りあげたファンタジックな人間ドラマ。女子高生のソラは父と2人で暮らしているが、父子関係は冷え切っていた。ある日、急死した祖父が遺した第2次世界大戦中の日記を見つけた彼女は、その中に宝の存在を示す記述を発見し、密かに宝探しを始める。時を同じくして、ソラの住む町に、無言で後ろ向きに歩くホームレスの男が現れる。ソラの父が男を車で轢いたことをきっかけに、ソラと男の不思議な交流が始まる。主演は「タイトル、拒絶」の円井わん。エストニアのタリン・ブラックナイト映画祭でグランプリと最優秀音楽賞、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭の国内コンペティション長編部門で優秀作品賞を受賞した。

2019年製作/143分/PG12/日本
配給:リアリーライクフィルムズ、Cinemago

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2020 KOWATANDA FILMS. ALL RIGHTS RESERVED

映画レビュー

2.0何がテーマで何を訴えたいのか?

2021年5月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

意図的にモノクロにした訳は?現代の設定なら意味ないし日本語に英語の字幕もウザイだけ結局あの変な男は何だったのか小劇団が舞台でやるようなお話で劇場で映画でやるような物では無い!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆたぼー

4.0予告編とのギャップ

kdさん
2021年5月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

あらすじは、見終わってから見て、
予告編しか見てないと、こんなあらすじとは思わないくらいの内容のイメージ
予告編だと、逆走するヤバい人と、まわりもヤバそうで、白黒と山の描写から、よりホラー系に思える
しかも、2時間半という長めの映画
さらに監督はインド人の日本映画という

見てみると、知ってる俳優出てこないけど、劇団とかの人が多いようで、演技は凄い

主人公の女子高生役の子
美人じゃないし、学校に一人くらいいそうな、何考えてるかわからない系の女子

高校生だけど、友達は出てこず、いとこの子供との関わりがあるくらい

お父さんは、自営業で、二人暮らしだけど、関係は冷えきってる

そんな中で、逆走する人をはねてしまい、家に連れて帰る事になった。
何も喋らず、手でつかみ食いするし、意思の疎通が出来ない

女の子は、その男と生活したり、
祖父の残した日記を元に宝さがしするあたりから、
徐々に狂いだし、混沌さがましてくる
山での穴を掘ってるあたり、狂気じみてる

宝を見つけたら、家族が男を含めて、一体感生まれた時に、逆に女の子の目が冷めてきたから、ラストに何か不穏な事あるなと思ったけど、
予想外だった。

ロケ地岐阜県関市で、白黒のせいもあり、山の田舎感が凄い

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kd

4.5【祖父は第二次世界大戦の深い哀しみを精緻に記した日記を残して、逝った。”あるモノ”を山中に埋めて・・。現代”物質主義社会”と、右傾化が止まらない世界に対する、強烈なアンチテーゼを発信する映画である。】

NOBUさん
2021年5月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

幸せ

ー モノクローム画面で描かれる、”何もない”田舎の風景。
 3人暮らしの高校生ソラ(円井わん)と父(山田太一)と祖父。だが、ある日祖父が急死して、”只管に後ろ向きに歩く”ホームレスのような男が現れた・・。ー

■感想<Caution! 内容に触れています。>

・アンシュル・チョウハン監督がモノクロームの画面で描き出す、凡庸な田舎で暮らすソラ達の姿、沁みだすような寂寥感溢れる世界観に魅入られる。
ソラの粗野な態度の理由も、徐々に分かって来る。
ー 彼女は、母が亡くなり、唯一の”目を見て”話を聞いてくれていた祖父を亡くして、寂しかったのだ・・。何かに苛立っていたのだ・・。ー

・祖父が遺した第二次世界大戦の出来事や、チラシを張り付けた日記。精緻に書かれた兵隊たちの姿。
何故、祖父はこの日記を大切に保管していたのか?
そして、その日記に書かれていた事を読んだソラは、翌日から学校へも行かずに、山中に入り、土を掘り始める・・。
ー 軍用金か何かと思った父の従兄たちの姿が、醜い。金にしか目が無い男たち・・。ー

・一言も話さない、謎の只管に後ろ向きにしか歩かない男。
 ー 少し、状況が推測出来るようになる。
   男は、第二次世界大戦で、深い哀しみや悔悟を抱えたまま死んでいった日本の兵隊を”象徴”しているのではないか・・、と。ー

・男が、日記の余白のページに精緻に描いたソラの笑顔。そして、記した言葉。眠りこけるソラの父の頭を叩いて、家を出て、前を向いて走り出す男。
 ー 男の実態が分かるシークエンス・・。見事な作品構成である。ー

<作品から、発せられる現代”物質主義”社会への痛烈な批判と、強烈な反戦の意志を観る側に投げつけてくる映画。
 ラスト、ソラが大岩の上で大空に向け撃つ銃声が、多大なる警鐘に聞こえた作品。>

<2021年5月9日 刈谷日劇にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

4.5突然の傑作との出会いに震えた

2021年4月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

破格の傑作だった。

1986年にインドで生まれ2011年から日本での活動を開始したというアンシュル・チョウハン監督。彼の存在をまったく知らなかった。

田舎町で暮らす女子高生のソラは、急死した祖父が1945年に記した日記を手にした。

時を同じくして登場した後ろ向きに歩く男。その登場シーンが鮮烈だった。美しかった。泣いているかと思われた表情が、やがて今生まれ落ちたかのような歓喜の表情へと変わった。彼は前を向いて歩かず、言葉を発することはなかった。非現実的で抽象的な彼の存在が今作を特別なものにした。

いったい彼は何者?

祖父の日記は端正なイラストとともに極めて具体的かつ直接的だった。それを読み返すソラも、観る我々も否応なく軍隊の生活を知ることとなる。祖父の1945年を知ることとなる。

自分は少年兵として志願し各務原の飛行場で終戦を迎えた父のことを思った。父は一度も戦闘機に乗ることはなかった。

ソラの生活は閉塞していた。二人だけになった父との生活は冷たかった。父と叔父との関係も悪く、夢破れ東京から帰った従姉妹も父である叔父を嫌悪した。家族も親族もみな歪だった。下世話な描写とともに悲劇しかなかった。

ソラと後ろ向きに歩く男の交錯。男が与えたインパクトは決してプラスではなかったが決定的だったと思う。

ソラの存在、そして時折噴出する彼女の狂気が鮮烈だった。ソラを演じた円井わんさんってホント凄い。

映像と音/音楽も特筆すべきもの。映画のマジックを感じた。男の登場シーンとともに、ソラが自転車で男を探すシーンが秀逸。恍惚となった。真の映画芸術が在った。

過去と現在、そして具象の抽象のつづれおり。そしてそこに生まれる普遍性。黙示録ともいえる今作にタルコフスキーを思った。

今年の日本映画のベストの一本だろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
エロくそチキン
すべての映画レビューを見る(全7件)

他のユーザーは「コントラ KONTORA」以外にこんな作品をCheck-inしています。