マザーレス・ブルックリン

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
マザーレス・ブルックリン
マザーレス・ブルックリン
10%
59%
26%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

エドワード・ノートンが「僕たちのアナ・バナナ」以来となる約19年ぶりの監督業に挑んだ作品で、1950年代のニューヨークを舞台に私立探偵が殺人事件の真相を追うアメリカンノワール。ノートンが監督のほか脚本、製作、主演も務めた。障害を抱えながらも驚異的な記憶力を持つ私立探偵のライオネル・エスログの人生の恩人であり、唯一の友人でもあるボスのフランク・ミナが殺害された。事件の真相を探るべく、エスログがハーレムのジャズクラブ、ブルックリンのスラム街と大都会の闇に迫っていく。わずかな手掛かり、天性の勘、そして行動力を頼りに事件を追うエスログがたどり着いたのは、腐敗した街でもっとも危険と称される黒幕の男だった。共演にはブルース・ウィリス、ググ・バサ=ロー、アレック・ボールドウィン、ウィレム・デフォーらが顔をそろえる。

2019年製作/144分/PG12/アメリカ
原題:Motherless Brooklyn
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • インサイダーズ 内部者たち
  • オールド・ボーイ(2003)
  • 哭声 コクソン
  • V.I.P. 修羅の獣たち
  • ドッグ・イート・ドッグ
  • ブリムストーン
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • ハロウィンII
  • インサイド
  • アンチクライスト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

映画レビュー

3.0All Over the Place, like a Day in New York

2020年11月17日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

Edward Norton as director's first film in two decades reveals he has unpracticed competence up his sleeve. Actors move naturally as if on a stage, maybe like how we saw in Washington's Fences, but everything passes by quick and sleek like a Scorcese film. The film has elements of caper, investigative journalism, forbidden romance, and community politics. Just scrapes through its balancing act.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Dan Knighton

4.0素晴らしいストーリー展開で最後まで引き込まれました。

tunaさん
2021年1月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

素晴らしいストーリー展開で最後まで引き込まれました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

4.0少し長いかな・・・

よしさん
2020年12月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

育ての親ともいうべき探偵を目の前で殺された主人公が、仇をうつべく奔走する物語。

エドワード・ノートンが監督・脚本・主演するサスペンス映画です。
1950年代のブルックリンのセット、それに相応しい登場人物達の魅力、そして輻輳する謎。
意外にハードボイルドタッチのサスペンスが、物語に引き込みます。

やや輻輳させ過ぎで、分かり難さを醸し出すのが残念なところ。ベストセラーが原作のようですが、本なら理解出来るところも映画では難しく感じることもあります。もう少し整理した方が良かったかもしれません。
ラストの謎の部分も、個人的には少し拍子抜けの感じがして・・・微妙に感じました。

ただ、それでも一見の価値があるサスペンス映画だと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

3.0愛こそすべて

2020年12月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

主人公(エドワード・ノートン)は養護施設から、私立探偵(ブルース・ウィリス)に引き取られていた。
大きくなり、義父の仕事を手伝っていたが、目の前で殺されてしまう。
この事件を解明し、義父の仇を取ろうと考えた主人公は、ニューヨーク市の公共事業をめぐる陰謀に巻き込まれる。
ちょっと長いかなぁ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全50件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る