劇場公開日 2019年12月6日

「DAYS OF 16mm FILMS+初期短編集」セオリー・オブ・アチーヴメント 万年 東一さんの映画レビュー(感想・評価)

3.21
0%
50%
50%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0DAYS OF 16mm FILMS+初期短編集

2019年12月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

知的

萌える

ポップなゴダールが如く哲学が入り乱れる、、、、映像のLOOKや音楽など、ハル・ハートリーの映画と頷ける出来栄えと、登場人物が入り乱れ物語の内容を把握出来ない序盤に戸惑うが、我等がハートリー常連のエリナ・レーベンソン登場で一安心。

どのハートリー作品を観ても変わらない髪型でのエリナ・レーベンソンの可愛い存在感。

様々な人間模様を哲学的な会話と、現実的な問題である"仕事"の意味?を主題にするリアルさ!?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一
「セオリー・オブ・アチーヴメント」のレビューを書く 「セオリー・オブ・アチーヴメント」のレビュー一覧へ(全1件)
「セオリー・オブ・アチーヴメント」の作品トップへ