セイビング・レニングラード 奇跡の脱出作戦

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
セイビング・レニングラード 奇跡の脱出作戦
セイビング・レニングラード 奇跡の脱出作戦
0%
25%
75%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第2次世界大戦における独ソ戦のなかでも、広く知られるレニングラード包囲戦の初期に、孤立した市民を救出させるべくソ連軍が決行した作戦を描いた戦争アクション。1941年9月、ソ連第2の都市レニングラードがドイツ軍に包囲され、200万の市民が飢餓の危機に陥る。この事態にソ連軍は、夜の間にラドガ湖を渡って市民を避難させる作戦を立案。老朽化した荷船に人々を乗せ、ドイツ空軍が制圧する水域に出航する。夜明けまでに対岸にたどり着かなければいけないなか、不運にも猛烈な嵐が発生し、船は沈没寸前にまで追い詰められる。さらに空からはドイツの戦闘機が迫り……。ヒューマントラストシネマ渋谷の特集「WCC ワンダーナイト・シネマカーニバル2019」内の「MDGP モースト・デンジャラス・シネマグランプリ2019」(11月22日~)上映作品。

2019年製作/98分/ロシア
原題:Saving Leningrad
配給:[MDGP]上映委員会

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)AVK LLC, 2019

映画レビュー

3.0兵糧攻め

2020年6月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ナチスドイツはレニングラードを兵糧攻め、多くの死者を出した。
ソ連軍は湖から住民を逃がそうとするが、船らしい船は残っていなかった。
かなり無茶な作戦だけど飢餓には勝てなかったのかな。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0タイタニック+戦争映画

kossyさん
2020年6月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 1941年から800日以上、ドイツ軍によってレニングラード包囲戦が始まった。200万人の市民が住むソ連第2の都市。史実として100万人ほどが死亡したと言われてるが、その初期の段階で、ラドガ湖を船で渡って市民を非難させる作戦が立てられた。600人しか乗せられないと言う船長に対して1500人を無理やり詰め込んだオンボロ752号荷船。嵐も近づいているし、ドイツ軍の空襲もあるし、たまったもんじゃない・・・

 映画はコースチャとナースチャの恋愛を絡め、砲兵を中心とした凄惨な陸地戦と沈没しそうな船の二本立て。しかもコースチャは父親が大佐でもあり、前線に立たせないよう配慮して船に乗せ、ナースチャは彼の連れとしてギリギリ乗船できたという設定。しかもナースチャの父サーチャはドイツのスパイとして投獄されていて、さらに恩赦を受けたのにすぐさま前線へと送られるという踏んだり蹴ったり状態。そしてペトルーチカ捜査官が二人を注視するというオマケ付きだ。

 冒頭と最後に年老いたナースチャのインタビュー映像があるのですが、このパターンは『タイタニック』そっくり!さらに船の上ではピアニストやバイオリニストの演奏もタイタニックの話そっくりだった。前線での攻防戦は迫力もあったし、嵐に遭う船の映像もなかなか良かった。しかし、98分の作品にこれだけの内容を詰め込むというのも重量制限に引っ掛かりそうなほどで、せっかくの映画が軽くなってしまった感じです。エンディングでは実際の追悼デモの映像もあるし、やっぱり英雄談として語り継がれてるんだなぁ・・・しみじみ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

2.5奇跡ではなく幸運

2020年6月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

WOWOWにて前情報なく視聴。
テーマは「藁にもすがる」かな…。

映像、戦闘シーンの迫力は思った以上に良く、突然訪れる死が緊迫感持って感じることができる。
機関銃に対してライフルやピストルでは心許ないし、実際にどんどん撃たれていくのは心が痛い。
自分が戦場にいたら…と想像すると本当に怖い。

多くの人間が登場し(実際それほど多くはないが)それぞれのストーリーが同時進行的に進むので時系列が分からなくなるし、一つ一つのエピソードが少し浅く感じた。ぶつ切りになっている感じ。
父:サーシャがあの戦場にいた意味はあったのか?その分アンドリューハや曹長の心境・繋がりなどに時間を割けなかったか?大佐が片道分の燃料で出た意味は…などなど。

また、コースチャは英雄なのか否か…?
最後まで疑問が残りスッキリ観れない。

これは「奇跡の脱出」ではなく「苦肉の策」で運良く生き残った人達の物語。
大佐はこれしかやる道が残されておらず、市民たちもこの船に乗るしかない。砲兵達は言わずもがな、上官の命令に従うしかない。

でも生きるためには必死になるし沈没を避けるためには何でもするし最後までもがく、と希望のメッセージとして受け止められると良いのかも。

とにかく曹長がよかった映画。
5年後くらいにまた観るかも??

印象的なセリフは
「移住は自然の摂理に反する」。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うむぼんず

3.0七光りからの

Bacchusさん
2019年11月23日
Androidアプリから投稿

単純

興奮

幸せ

1941年独ソ先に於いてドイツ軍に包囲されたレニングラードの市民をラドガ湖から荷船に乗せて非難させようとする話。

車イスの老婆が80年前を振り返るという体で物語が始まり、売国奴と呼ばれる男の娘と大佐の息子を軸にストーリーが展開していく。

戦時のストーリーであり、交戦シーンもあるけれど、ナースチャ&コースチャのじゃれ合いだったり、NKVDの男とのやり合いだったりをみせるつくり。

恋愛特化でもないけれど、語りとか船の話とか、ロシアもタイタニック作りたかったのか?

安っぽい溜なんかもあったけどドラマとしては面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Bacchus
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「セイビング・レニングラード 奇跡の脱出作戦」以外にこんな作品をCheck-inしています。