ミセス・ノイズィ

劇場公開日

ミセス・ノイズィ

解説

「フィガロの告白」の天野千尋が監督・脚本を手がけ、隣人同士の些細な対立が大事件へと発展していく様子を描いたサスペンスドラマ。小説家で母親でもある吉岡真紀は、スランプに悩まされていた。ある日、突如として隣の住人・若田美和子による嫌がらせが始まる。それは日を追うごとに激しさを増し、心の平穏を奪われた真紀は家族との関係もギクシャクしていく。真紀は美和子を小説のネタにすることで反撃に出るが、その行動は予想外の事態を巻き起こし、2人の争いはマスコミやネット社会を巻き込む大騒動へと発展していく。主人公の小説家・真紀を「共喰い」の篠原ゆき子、隣人の美和子を「どうしようもない恋の唄」の大高洋子、真紀の娘を「駅までの道をおしえて」の新津ちせがそれぞれ演じる。2019年・第32回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門出品。

2019年製作/106分/G/日本
配給:ヒコーキ・フィルムズインターナショナル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)「ミセス・ノイズィ」製作委員会

映画レビュー

3.5現代社会の常識とは何か・・・。

和田隆さん
2020年12月1日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 12 件)
和田隆

4.0脚本がお見事。ローバジェットな傑作

2020年11月19日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

ローバジェットながら、大変よくできた映画。これは脚本家案件ですね。「カメラを止めるな!」を彷彿とさせる見事な脚本です。そして、女優さん案件でもありますね。天野千尋監督、主演の篠原ゆき子、ノイズィな大高洋子ら、女性の力でぐいぐい映画を引っ張っています。興行でどれだけ成果をあげられるか、大変楽しみです。もしかしたら、日本アカデミー賞のダークホースになるかも知れません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 25 件)
駒井尚文(映画.com編集長)

3.0あの人の

Kさん
2022年7月25日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
K

3.5謝罪と禊

カメさん
2022年7月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:3.7
映画としての仕上がりは並だが、本作が作られた意図とメッセージがとても興味深い。
本作を見て誰もが思い出すあのワイドショーの映像。その真相や後日談を知らない人がほとんどだと思う。本作はそこに目を向けるキッカケにもなり、さらにメディア側の謝罪と禊も込めた作風になっている。
大衆は見たい方の事実だけを見る。それをメディアが予想して提供する。メディアは大衆の奴隷であり、大衆側の時代の民度によって、報道も変化する。本作を通して色んなメッセージを感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カメ
すべての映画レビューを見る(全106件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る