ワンダーウォール 劇場版

劇場公開日

ワンダーウォール 劇場版
33%
41%
12%
2%
12%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2018年にNHK BSプレミアムなどで放送され、単発ドラマながら写真集発売など異例の広がりをみせた「京都発地域ドラマ ワンダーウォール」に未公開カットなどを追加した劇場版。京都の片隅にある学生寮・近衛寮。その寮は一見無秩序のようでありながら、そこに暮らす「変人」たちによる磨きぬかれた秩序が存在する場所だった。100年以上の歴史を持つこの寮に、老朽化による建て替えの議論が巻き起こる。新しく建て替えを希望する大学側と、補修しながら現在の建物を残したい寮側の意見は平行線をたどり、両者の間に壁が立ってしまう。そんな大学と寮を分ける壁の前に、1人の美しい女性が現れる。脚本は「ジョゼと虎と魚たち」やドラマ「その街のこども」「カーネーション」の渡辺あや。監督は学生時代に自主製作映画を手がけ、「京都発地域ドラマ ワンダーウォール」がNHK入局後の初演出作となった前田悠希。

2020年製作/68分/G/日本
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0今の時代に観て欲しい一本

2020年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

近年の分断を題材とした作品で最も優れた作品の一本ではないか。大学の自治寮の存続を巡って学生側と大学が対立、議論を続けてきたものの、ある日学生課に物理的な壁ができて以降、学生と大学のコミュニケーションは成り立たなくなる。経済合理性を追求して廃寮を強引に進める大学をなんとか止めようと学生側も連日学生課に詰めかけるも、話を聞くものはいなくなってしまう。やがて学生側は何と戦えばいいのかわからなくなり、学生側の中にも分断が生まれていく。
民主的な自治で寮を運営してきた学生たちが、全く民主的でない態度の大学側に窮地に追い込まれる。話し合いは時間の無駄で経済的に合理的でない、スピードばかりが重視され、学生の声を無視して計画を進めた方が世の中の競争には勝ちやすいのだ。
学問も何もかも、あらゆるものが合理性に吸収されていく世の中を、一枚の壁をモチーフに見事に描いている。渡辺あやの脚本は本当に素晴らしい。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 5 件)
杉本穂高

3.5学生自治寮と大学側の溝はどうやっても埋まらない。

2021年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キッスィ

2.0京大吉田寮

2021年7月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

御免なさい。
情緒でも論理でも、1ミリも共感出来ない。出来るところがない。
退散です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bloodtrail

4.5正義の底を自ら見つめる、知の武器が今日も音を鳴らすように

2021年7月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

知的

難しい

Netflixのラインアップ落ち前に駆け込みで鑑賞。知の武器を持った彼らの正義を問う様に心が震える傑作。

すごく言語化するのが難しいが、彼らの正義には知が宿っている。論理建てて納得をしてもらえるよう、言論での対立と平和的解決を目指す。それだけに、最初の大学の姿勢に希望を持っていて、その為に挙兵した寮生も多かった。しかし、今は違う。大学は対話を拒み、統治という名の権力で振りかざす。勿論、大学の寮なのだから文句を言われる筋合いなど無いのかもしれない。しかし、聞く耳を持たず実力行使をする様はいつだって制圧の手段にしか写らない。そんな現実をドラマに落とし込みながら照らしてゆく様は圧巻だった。

個々にピントを当てながら、変わっていった近衛寮の行く末を案じる。リーダー格が覇気を失った理由、戦うことを辞めた4年に手段が分からずももがく3年と1年。それぞれ見える景色から意味を照らす。そこが実に知的で奥深い。ワケもなく惹かれたこの寮で、存続したい理由が一体何なのか。青春を刻んだ伝統のため、では片付かない思いをただ馳せることしか出来ないもどかしさ。上手いことフィクションに織り交ぜながら、学生と大学の対立という稀有な問題をジャーナリズムの視点で問い正したNHK京都は本当に凄い。

キャストは意外と知らなかった人が多かったかも。岡山天音に天野はな、若葉竜也は知っていたが、須藤蓮と三村和敬は知らず。あと実際の大学生もいたのかもしれないが、そのドキュメンタリーに似た視点から巡る展開に、問題提起の強い意志を感じる。また、成海璃子による視野の変化、68分の短さながらいかに詰め込みながら主題をブラさないのか。緻密さも魅力的。かなり濃い作品だった。

変えたくないものがあるように、不可侵な領域に寮がある。一方的な制圧によって立場を失いつつある近衛寮の学生たち。しかし、そこには知と個性が無造作に生きている。その壁の向こうから響かせてくれ、彼らの音を。私はそれを応援し続けたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たいよーさん
すべての映画レビューを見る(全18件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る