劇場公開日 2019年11月22日

「もはや独自ジャンルと言っていいほどちゃんとくだらない。」ゾンビランド ダブルタップ バッハ。さんの映画レビュー(感想・評価)

3.7111
24%
51%
20%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5もはや独自ジャンルと言っていいほどちゃんとくだらない。

2019年11月30日
Androidアプリから投稿

80年代的な能天気なアメリカンコメディとゾンビ映画の融合という前作のコンセプトはさらに脱力感を増していて、まだ二作しかないけれど、すでにひとつのジャンルになっているのではないかと思った。出てくるキャラクターがほぼ全員倫理観が歪んでいるのに、それが一切暗さに繋がらないのがすごい。久々に見た気がするルーク・ウィルソンのキャラ、本当に要る?と思ったりもするが、じゃあなにが必要でなにか不必要なのかみたいなことを考えることすらバカバカしく、この奇妙な可笑しさが一番近いのはナンセンスギャグマンガなのではないだろうか。三作目があるならさらに逸脱していくに相違なく、もう現代美術の領域に入りそうな気がして期待せずにいらない。われながらこの作品の評価軸をどこに置いていいか戸惑っているが、個人的には一作目より好きです!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
バッハ。
「ゾンビランド ダブルタップ」のレビューを書く 「ゾンビランド ダブルタップ」のレビュー一覧へ(全111件)
「ゾンビランド ダブルタップ」の作品トップへ