虚空門 GATE

劇場公開日

  • 予告編を見る
虚空門 GATE
0%
66%
20%
7%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

UFOを呼べる男とUFOの存在を信じる人びとの姿を描いたドキュメンタリー。監督はこれまでにさまざまなジャンルの作品を手がけ、本作が一般映画デビュー作となる小路谷秀樹。小路谷は月面異星人遺体動画に触発され、その真偽をUFO研究家にぶつけてみたが、動画はフェイクであるとの意見が多かった。小路谷はそれをきっかけにUFO遭遇体験者への取材をスタートさせる。ある日、庄司哲郎という男が現れた。UFOを呼べると自称する庄司とともにUFOの撮影を試みると、実際にUFOが現れ、庄司はUFOをスマホで写すことに成功するが、小路谷には撮影することができなかった。数カ月後、小路谷は改めてUFO撮影を試みるが、肝心の庄司は現場には現れず、所在不明となってしまう。

2019年製作/123分/日本
配給:ブライドワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0一人称ドキュメンタリーの天才、復活!

NobuNagaさん
2020年3月13日
iPhoneアプリから投稿

天、空、神、宇宙、UFO、心。
全てが虚なまま完結する。

信じる人、信じない人、信じたい人、信じたくない人。
人が心の拠り所にするものは十人十色。

監督 小路谷秀樹の視点は常にクールで、
UFOという神秘に埋没することなく、1組の男女のラブストーリーと二人を取り巻く人々の人生や葛藤を浮き彫りにする良質なドキュメンタリーだった。

インサートされる風景やアイテムの美しさが芸術性を高めていたが、メインは人の心模様を暴くこと。
人間にまとわりつく神秘主義、精神疾患、薬物依存など社会的な歪みへの問答のようにも感じた。

ラストのネタバラシの残酷さが痛快で、この作品のクライマックスと言えるだろう。

35年ほど前に小路谷氏が宇宙企画で手掛けていた女性の性を暴いていくシリーズでの尋問スタイルと声のトーンと虚々実々の混在させ方が相変わらずで、とても懐かしくゾクゾクした。

そして、あれからここまでの小路谷秀樹の軌跡を掘ってみたくなった。

あの頃、憧れた
一人称ドキュメンタリーの天才の今を知りたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NobuNaga

4.0霊感商法と信仰宗教についての本質がここにある気がします

マエダさん
2019年11月19日
iPhoneアプリから投稿

そこに集まるのは、国籍も学歴も職種も関係なく、
純粋に世界の神秘を追い求める者たちの集いである。
彼らの目は真剣そのものである。
その中心には、自分には特殊な能力を持っていると
豪語する人物がいる。
彼は断言する、軽々しく平然と、それはある、と。
自分は特別な経験をした、と。
その言葉は、強靭である。
科学と論理と情報とビジネスが支配する現代社会において、その言葉と態度は、どんな証拠よりも、信じるに値する凶器なのである。
人々はそれにすがりたがる。
集団の中心に坐るカリスマは、人々にそれっぽいなにかを感じさせるような錯覚に陥らせて、至極曖昧な現象を我が物にする。
この手法は、古今東西関わらず、人類が誕生してから現在に至るまで、なんら変化していないのかもしれない。

上記が僕が本作から掴みとった感覚である。
ただ、本作はオカルトを扱った怪作のフリして、中盤からは見応えのある人間ドラマだ。

登場人物について、後半落胆する事実が発覚する訳だが、この人らはもうその道に人生捧げて生きてきたわけだ、死ぬまで現代のリアリスト達と闘い続けるほかないだろう。
肩身は狭そうだが、居心地は悪くなさそうだ。
いやむしろ、淡白な生活と消費活動にあくせくしてしまっている現代人より、よっぽど充実しているように思える。

ドキュメンタリーの本質ここにあり。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
マエダ

3.5笑えるか笑えないか…なるべく笑いたい

SHさん
2019年11月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

未確認飛行物体というものは確実に存在するものだと思っているし、そんなもの信じないという立場でも、熱狂的な信者だという立場でも、すべてを優しく包み込むようなコミュニティーの方がいいかもねーと感じさせてくれた作品で、不思議な魅力があったように思う。
合間合間に挟まれる風景の映像がことごとく美しくて、非常に荘厳なスパイスとなっていたように思う。そのために、UFOというものに真摯に向き合う作家の志みたいなものを何となく感じることができた。
何にせよ、みんな幸せになってほしいものです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SH

3.0現実は超常現象を超える!

たら印さん
2019年11月14日
Androidアプリから投稿

チラシの煽りからフェイクドキュメンタリーかなと身構えて観ましたが、そんな必要は全くありませんでした。

UFO関係者が失踪したら想像するアレ、写真に写るUFOの不思議さを、現実は遥かに超えていきます。
特に中盤から後半にかけて明らかになる事象で、一人の人間と周囲の人々の人間の有り様か描かれていく。
これぞドキュメンタリー!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たら印
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る