劇場公開日 2019年8月10日

マイ・エンジェルのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全10件を表示

4.0「存在のない子供たち」「ワイルドライフ」との共時性

AuVisさん
2019年8月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

またも身勝手な親にネグレクトされた子の視点で描く、胸の痛む映画。本作はフランス映画、「存在のない子供たち」はレバノン、「ワイルドライフ」は米国と、それぞれ自国での公開時期は若干差があるだろうが、日本で7月上旬~8月上旬の1カ月間に立て続けに封切られたのも感慨深い。是枝裕和監督のパルムドール受賞作「万引き家族」も育児放棄や虐待の延長にある話だったが、カンヌ初受賞となった「誰も知らない」(2004)はずばりネグレクトがテーマ。彼の映像作家としての問題意識が世界で共有されてきた、というのは考えすぎか。

監督・脚本のバネッサ・フィロはこれが長編デビューだが、毒親役を引き受けたオスカー女優マリオン・コティヤールのチャレンジ精神に感服。若い女性監督にチャンスを、との思いもあったはず。娘役エイリーヌ・アクソイ=エテックスも素晴らしく、「存在のない~」の主人公の少年と同様に観客の心を射抜く目力がある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
AuVis

4.0悲しい人魚

2019年9月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
マリエル

4.0家族のことが好きってこういうことか

フロムさん
2019年8月29日
Androidアプリから投稿

散々、子どもをほったらかしにして、子どもを返せと怒鳴り込む親を不思議だと思っていたけれど、こういうことかもしれない。
子どもに必要なのは安定した愛(アガペー)、一方で恋愛などで燃え上がる愛はエロス。
3日も家にいなかったら子どもは不安で不安で仕方ない。「一人にしないで」と叫びたくなる。
親になれないまま子どもに自分の親の役割を押し付け、こどもにアガペーを求めるのは酷な話だ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フロム

4.0う~ん💦

2019年8月22日
スマートフォンから投稿

悲しい

怖い

難しい

愚親感をあまり感じなかったのは
M・コティヤール元来の美貌と品の良さのせいかと・・やや、無理感がありました(すいません💧💧)

そのコティヤールを霞ませる程
「こいつガキのくせにスゲェ」心痛ませる神演技をみせてくれたエイリーヌちゃんに★を上乗せ

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
nemoちゃん

2.5わかってるから

ひでさん
2019年8月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

115本目。
演じてる人キツイだろうね。
映画ってわかってるから我慢出来るけどテレビで流れてたら、罵りチャンネル変えるだろうな。
愛し方が分からない母親とか愛を築くとか言われても、それで正当化されるのが何かね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひで

3.5毒親の話

2019年8月15日
Androidアプリから投稿

真面目なレビューはみなさんにおまかせして、ネグレクトの周りってこういうことなんだろうなぁというような映画
親も、友達も、子供同士も、だめなやつにはゴミ扱いするか、触れないようにするって。
制度がわからないけど、酒臭い小2がいたら、周りがなんとかすると思うんだけど、どうなんでしょね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
nakawankuma

3.0人魚姫

Bacchusさん
2019年8月13日
Androidアプリから投稿

悲しい

自分大好き男大好き育児放棄な母親を持った母子家庭の8歳の娘の話。

結婚式から話が始まり、自身の結婚式だというのにいきなりやらかすバカ女。
仕事もせず男漁りに酒浸り、娘を愛しているとは言うけれど口だけな母親。

それでも母親を大好きだし頼らざるを得ない父親を知らない娘。

親子の話としてみたら何の進展も成長もなくて何が言いたいのかわからないけれど、いじらしい娘の強さと脆さが響き、怒り、悲しみ、胸糞悪さとやるせなさ全開だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
Bacchus

3.0色々な意味で哀しく、切ない映画

NOBUさん
2019年8月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

 序盤、マリオン・コティヤール扮するマルレーヌの安っぽいタトゥが哀しい。「フロリダプロジェクト 真夏の魔法」の母親を想起させるからである。(あの母親のタトゥは本物であり、一回見たら忘れない位インパクトがあるので、メッセージ性も含めて迫力が段違いなのである。)

 後半は子役のエイリーヌ演じるエリーの母を見つめる眼差しの変化と表情が哀しい。口をきりっと結び、何かを決意したようなエリーの健気な姿。
 彼女の小さな体から発せられる叫びは心に刺さる。

 ラストも”ああっ!”と思って手に汗を握るが、印象深いシーンである。

 この映画はこの子役のエイリーヌの演技に依るところが大きいと思う。

 マリオン・コティヤールは出演する映画を吟味するそうだが、今作品は彼女の華麗なキャリアの中で、どういう位置づけになるのだろうか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
NOBU

1.5ひどい母親

かんさん
2019年8月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

エリーがかわいそう!

監督は何が伝えたかったのだろう。
とにかく残念な作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
かん

2.5理解するのを諦めました

琥珀さん
2019年8月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

『たかが世界の終わり』と同様のスッキリしない映画でした。

分かる人には何か重要なメッセージが浮かぶのかも知れませんが、分からない人(私です)には、ただの児童虐待(ネグレクト)と毒親のことしか印象に残りませんでした。

ラスト5分の意味合いを、突き詰めて考えれば違う印象も持ち得るのかも、とは思うのですが、思考の体力が持ちそうにないので諦めました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
琥珀
「マイ・エンジェル」の作品トップへ