劇場公開日 2019年9月27日

  • 予告編を見る

WEEKEND ウィークエンドのレビュー・感想・評価

3.914
30%
49%
18%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全14件を表示

5.02日間

2021年1月27日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なーーすび

4.0【ゲイである事を人前でも隠さずに振舞える様になる若き男性の気持ちの変容を素直に描き出した、ボーイズラブストーリー。】

NOBUさん
2019年12月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 今秋、「荒野にて」で、少年が独り立ちしていく姿を鮮やかに描いたアンドリュー・ヘイ監督の2011年発表作。

 日本では今秋、上記作品とともに劇場公開された作品。

 全く知らなかったが、今作は”ゲイ映画の流れを変えたと言われる作品”だそうである。

 確かに、「アナザー・カントリー」のように美少年同士の密やかな恋をロマンティックに描いているのだが、(今作では、”髭を生やした美青年”)性描写がかなり生々しく映し出されている。

 社会的に”カムアウト”(今作では、”カミングアウト”ではなくこの言葉が二人の口から語られる)出来ないラッセルと、高校時代に「眺めの良い部屋」を観て自慰行為に耽る様を友人に見られて以来、隠すことなくゲイとして生きて来たグレンとが、ある週末出会い、たった二日間だが濃密な時間を過ごす様を描いたこの作品の魅力は、

 ・二人の会話する姿や会話の内容
 ・二人が見つめ合う姿や触れ合う姿(自転車で二人乗りをするシーン)
 ・ラッセルと愛し合ったグレンが帰る後ろ姿を14階の部屋から映し出す3度のシーン

 など、同性愛を特別視するすることなく、愛し合う二人の二日間の姿を丁寧に描いている事であろう。

 特に両親がいないラッセルに対し、”俺が父親だと思って話せ”というグレンのラッセルに”父親”として語る言葉は素晴らしい。

<劇中、度々二人に浴びせられる”ゲイ”という言葉に、徐々に臆することのない姿勢に変わっていくラッセルの姿が印象的な作品>

<2019年12月6日 刈谷日劇にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

4.0とても良い映画

stoneageさん
2019年10月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

余韻の素敵な作品でした…。

2人の心情をきめ細かく捉えたカメラワークが秀逸でした。

あと…2人の対話をつくるそれぞれのセリフがさり気なくて良かったです。

*ただ、男2人の裸は、やっぱり駄目…(笑)

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
stoneage

4.5たった2日間されど2日間

ソルトさん
2019年10月14日
Androidアプリから投稿

ラッセルとグレン二人の愛の軌跡の物語だが、心に響くのは孤独な魂がつかの間触れ合い、それが人格の変容を導くそのダイナミックさで、私の心も打ちのめした。
もうこれ以上は書けないと思えるのだが、カムアウトや偏見についても痛い状況をついており、安易な妥協は命取りにもなりかねないことをよく描いていた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ソルト

4.5あぁ~切ない

2019年10月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

萌える

一夜限りの付き合いのつもりが、何となく別れがたくてづるづる始まる恋、あるよね~

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
レイ零号機

5.0感動しました

sakさん
2019年10月11日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
sak

3.0申し訳ないくらい、心に響かない

2019年10月8日
iPhoneアプリから投稿

すこぶる評判が良かったので見たけれど、申し訳ないくらい心に響かなかった。

切なさを感じるほど強い思いがあるようには見えなかったし、狂おしいほどの恋に落ちたふうにも見えなかったし、相手を強引に引き止めたり、自分を投げ打ってまで何とかしようとする訳でもなく、日常に起きたちょっとした恋愛にしか見えなかった。

別に作品をケナすつもりはないんだけど、自分にはこの映画の良さが判らない。

もしかしたら自分は不感症なのかもしれない、、、

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ただの映画好き

4.5静かな景色、控え目なセリフ、内に秘めた想い。 あーやっぱりこの監督...

2019年10月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

静かな景色、控え目なセリフ、内に秘めた想い。
あーやっぱりこの監督の作品には、たまらない心情が湧いてくる、2本目にしてそう思った。

何の変哲も無い日々、楽しいも楽しくないも関係なく続く生活。心を開くが踏み込まない、そんな2人の関係がもどかしいく愛おしい。
淡々としているのに最後の最後、気がつかない間に泣いていた。

長い人生の一瞬、宝物の様なその想いが心にしみて来たのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
パプリカ

3.5男女の恋愛と何が違うというのか。

2019年10月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

多分そんなに変わらない。
唯…生産性が無いというだけでしょう。だけども男女の恋愛や結婚であっても子をなさないことも多いし、多種多様であり、周りの理解やら、差別やらで大っぴらにイチャイチャ出来なかったりが心苦しいのです。
これだけLGBT🏳️‍🌈やら言われている昨今でも、海外でも変わらないのかな~。
切ない話でしたが、お互いに理解しようと時間を共に過ごし、会話を重ねていく様は男女なそれと変わらないよと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
motohayako

4.5良質な会話劇とシンプルなラブストーリーと

2019年10月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
天秤座ルネッサンス

5.0せつない、、、、♡

2019年9月30日
Androidアプリから投稿

せつない。
ただ、ただ、せつない。

「荒野にて」で泣かされたアンドリュー·ヘイ、
今回も胸にずっしりせつない、、、、

大好き。こういう映画。。。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ゆかぴよこ

3.0男性同時のラブストーリー

かんさん
2019年9月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

予習してなかったので、スタートしてビックリしました。
女性同士は、楽しめますが、男性同時は、ちょっとね…

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かん

2.0Transgender ≠Mental illness. ➡ Transgender = Gender incongruence

2019年9月25日
PCから投稿

悲しい

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Naaki

5.0愛は人間を変える(ネタバレ極力なし)

2019年9月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ビデオで観たが、すごい映画。感激。2011年のUKの映画で、97分。近日日本公開されるらしいが、絶対ノーカットで公開してほしい。ネタバレがあまりないように感想を書くので私の感想が理解できなかったらコメントを書いてください。

愛の形は、男女の愛もあれば、ゲイ、トランスジェンダーたちの愛もある。愛の表現の仕方、特に肉体的では少しは違いが出ると思うが、人をこころから愛していく(愛する)気持ちにはまったく変わりがない。

この映画には何も大きなイベント(盛り上がり)があるわけではなく、話は淡々に進行していくが、惹かれあって愛しあっていく二人の気持ちの変化、人間の気持ちに盛り上がりがあり、人を愛することにより、こんなに自分自身そのままを出して付き合えて、それによって自分の存在に自信を持てていけるのが素晴らしく、そして、それが私の心に突き刺さった。
特に主役の一人のRさんは恥ずかしがり屋で、自信がなく、人から褒められたことがないと。それに、内向的で表現力が乏しいし(私も彼のいっていることがよくわからなかった)、人の目を気にしているから人と手をつなくごとすら冒険になってしまう。それに、自分が人を愛する気持ちを人にあかしたり見られたくない。もう一人の主役Gさんは全く対照的で、大胆、攻撃的、敵を作りやすいタイプ。それに、タイプA であり、ADDかもしれない?自分が何をしたいかを知っていて、自分に自信を持っている(彼の口から出る言葉もストレートで、その意味が深い)からそれに向かって動ける人。最初、Gさんにとって、Rさんは歯がゆかったと思う。それとは逆に、RさんはGさんの大胆な態度に恥ずかしくなっていたと思う。でも、最後の、駅でのシーンで、はっきり二人が変わっていったのがよくわかる。Rさんはもっと積極的に自分を表現することができるようになっていった。Gさんはそこで泣いた。愛は人を変える。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
Socialjustice
「WEEKEND ウィークエンド」の作品トップへ